「月刊アナログゲーム情報誌「Role & Roll」Vol.97掲載「『エクリプス・フェイズ』エントリー・ミッション02 バルスーム激震」

文:朱鷺田祐介 協力:『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム



 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(TRPG)やボードゲームの記事を中心に扱ったアナログゲーム(電源を使わないゲーム)の月刊情報誌です。
 毎号さまざまなタイトルが紹介&サポートされていますが、今回紹介する「Role & Roll」Vol.97には『エクリプス・フェイズ』の「エントリー・ミッション」第2回『バルスーム激震』が掲載されています。

 「エントリー・ミッション」とは、『エクリプス・フェイズ』世界の入門、あるいはゲーム・ファンへ向けてのSF入門を目指して、有名なSF小説やSF映画を題材に取った、すぐに遊べる『エクリプス・フェイズ』の短篇シナリオを掲載していくというものです。
 また、特別付録として、ルールブックやサプリメント(追加設定資料集)から、サンプル・キャラクターを抜粋して翻訳・紹介しています。

 『エクリプス・フェイズ』世界では、西部開拓時代を模した火星が主要な舞台となりますが、今回の「エントリー・ミッション」で紹介するシナリオは、スペース・オペラの古典で、『ジョン・カーター』として映画化されたばかりの『火星のプリンセス』(エドガー・ライズ・バロウズ)のオマージュという体裁をとっています。もともと「エントリー・ミッション」は、ゲームから入った人へのSF入門も兼ねていますから、『火星のプリンセス』を扱った今作は、まさしく王道と言っていいでしょう。

 火星の南部地域に、氷でできた小惑星を衝突させようとする計画と、その裏に蠢く陰謀を扱ったこのシナリオ。『エクリプス・フェイズ』世界では、火星はテラフォーミングの対象となっていますが、一方で開発が進んでいない地域も数多く存在します。火星の荒野の大砂塵、火星独立派バルスーム派に肩入れするジャーナリスト……魅力的なガジェットが冒険を彩ります。なにせ、執筆者の朱鷺田祐介氏は『火星のプリンセス』の熱狂的ファンとして有名でしたから、愛が違います。

 また、今回は『エクリプス・フェイズ』のサプリメント『Sunward』から、サンプル・キャラクターの「火星のレンジャー」を紹介しています。ヒロイックな役割を果たすことのできる主人公格のキャラクターです。どうぞ、お楽しみください。

 この『バルスーム激震』は、「Role & Roll Vol.92」の「特集:『エクリプス・フェイズ』体験版 ヘリオンズ・エッグ」の体験版ルールを使用していますので、ゲーム・プレイには「Role & Roll Vol.92」が必要です。あらかじめご了承ください。追加データはVol.93、94、95に掲載されています。併せてご参照いただけましたら、幸いです。Vol.96の追加キャラクター「アルティメットの傭兵」を使用することもできます。

 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう。きっと、あなたのクリエイティヴィティは、さらに刺激されること請け合いです。


※本シナリオにおいては、ロールプレイングゲームそのものの基本的な考え方については説明がなされていません。お手数ですが各種入門書やWebサイト等をご覧のうえ、ご参照いただけましたら幸いです。
 いきなり入門書を読むのは大変という方は、アナログゲーム専門店「Role & Roll Station」で『エクリプス・フェイズ』体験会が開催されております。まったくの初心者の方でも丁寧に対応いたしますので、参加をご検討ください。参加費は無料です。




岡和田晃プロフィール