「月刊アナログゲーム情報誌「Role & Roll」Vol.101掲載「『エクリプス・フェイズ』エントリー・ミッション06 太陽クジラ」

文:朱鷺田祐介 協力:『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム



 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(TRPG)やボードゲームの記事を中心に扱ったアナログゲーム(電源を使わないゲーム)の月刊情報誌です。毎号さまざまなタイトルが紹介&サポートされていますが、今回紹介する「Role & Roll」Vol.101には『エクリプス・フェイズ』の「エントリー・ミッション」第6回、『太陽クジラ』が掲載されています。

 「エントリー・ミッション」とは、『エクリプス・フェイズ』世界の入門、あるいはゲーム・ファンへ向けたSF入門を目指した記事です。有名なSF小説やSF映画を題材に取った、すぐに遊べる『エクリプス・フェイズ』の短篇シナリオを掲載していきます。加えまして、特別付録として、ルールブックやサプリメント(追加設定資料集)から、サンプル・キャラクターを抜粋して翻訳・紹介しています。

 今回の「エントリー・ミッション」は、デヴィッド・ブリンのSF小説『サンダイバー』および、ロバート・F・ヤングのSF小説『ジョナサンと宇宙クジラ』を下敷きにしています。『サンダイバー』に始まるブリンの知性化シリーズは、「知性化種」の設定をはじめ、『エクリプス・フェイズ』宇宙に多大な影響を及ぼしていますが、なかでも『ジョナサンと宇宙クジラ』で描かれたような宇宙クジラは――『ヨナ・キット』、『神鯨』、『フェイダーリンクの鯨』など――たくさんの傑作SFの題材になってきました。今回の「エントリー・ミッション」は、その宇宙クジラに焦点を当てたアドベンチャーです。

 「愛おしきかな、太陽。我らの海を照らす黄金の林檎」
 レイ・ブラッドベリの『太陽の金色の林檎』で憧憬とともに朗詠される歌ですが、これを歌うのは、ほかならぬ太陽極近傍宙域を泳ぐ太陽クジラ。そう、太陽コロナの熱に堪えられる、スーリヤという特殊なクジラ型義体に身を包んだAIであるサンプル・キャラクター「ソラリアンの研究者」が重要な役目を果たすのです。 人類を絶滅リスクから救うために活動する超党派組織ファイアウォールの依頼を受けたエージェントたちは、太陽コロナの中から奇妙な通信ノイズ、つまり謎の「声」を聴きとったクジラの一団「クベーラ」を探して、コロナ圏をさまよう一行が見たものは……。

 この「太陽鯨」は、「Role & Roll Vol.92」の「特集:『エクリプス・フェイズ』体験版 ヘリオンズ・エッグ」の体験版ルールを使用していますので、ゲーム・プレイには「Role & Roll Vol.92」が必要です。あらかじめご了承ください。追加データはVol.93、94、95に掲載されています。併せてご参照いただけましたら、幸いです。可能ならば、Vol.96の追加キャラクター「アルティメットの傭兵」を使用することが奨励されています。Vol.97の「火星のレンジャー」やVol.98の「木星共和国のスパイ」、Vol.99の「辺境民のジーン・ハッカー」、Vol.100の「エクストロピアの密輸人」を使っても、もちろん遊ぶことは可能です。

 このVol.101では、太陽圏を旅するための新たな義体「スーリヤ」(クジラ型)、「サラマンダー」(人型)、「サンダイバー」(宇宙船型)のデータも紹介。あなたの冒険がぐっと拡がります。

 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう。きっと、あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること請け合いです。


※本シナリオにおいては、ロールプレイングゲームそのものの基本的な考え方については説明がなされていません。お手数ですが各種入門書やWebサイト等をご覧のうえ、ご参照いただけましたら幸いです。
 「Role&Roll Station」では『エクリプス・フェイズ』体験会が開催されています。参加費用は無料、SF初心者の方もゲーム初心者の方も、イチから丁寧にレクチャーいたしますので、ぜひご参加ください。




岡和田晃プロフィール