「ディヴァイン・コンクェスト ―小惑星帯のヒロイン―」山口優



書名:
 「ディヴァイン・コンクェスト ―小惑星帯のヒロイン―」

作者名:
 山口優

出版社:
 講談社

出版日:
 2014年8月2日

ISBNコード:
 ISBN-10: 406283877X
 ISBN-13: 978-4062838771

値段:
 1404円


・キャッチコピー
 「暗黒の宇宙で義手の少女パイロットは戦う」


・作品の「舞台」についての概略/簡単なあらすじ
 西暦2034年、人類は太陽系に進出していた。小惑星帯では、良質な鉱物資源を含む小惑星や微小惑星を獲得する資源探索業が盛んだった。しかし、広大な小惑星帯全体を警備することは不可能に近く、他人が見つけ出した資源小惑星を強奪する者=海賊が相次いだ。特にインドと欧州連合の管理圏の境界宙域では、両者が偶発的な衝突を恐れてパトロールの頻度を下げたために、海賊事件が頻発していた。そんなとき、この宙域の海賊事件現場に颯爽と現れ介入する、圧倒的な強さを誇る一機の戦闘機『ヴァルナ』が登場した。インド神話で『正義の神』を意味する『ヴァルナ』の正体とは。


・作品の「登場人物たち」についての概略
《ジェフリー・スペンサー・ゴッドフォード》
 オックスフォード大学で計算機科学を専攻する学生。
 量子計算機能を備えた疑似神経細胞型ナノマシンによる人工知能を手がける新興ベンチャー企業『ニューロクォンタ』のチーフ・テクノロジー・オフィサー。自社の技術が小惑星帯における戦闘に悪用されているとの指摘を受け、調査のために小惑星帯に向かう。

《アレリー・リウェリンズ》
 オックスフォード大学、経営学専攻。『ニューロクォンタ』のチーフ・エグゼクティヴ・オフィサー。学生ながら経営の手腕は本物。ジェフリーの上司で、彼を小惑星帯に派遣する。

《アディ・ヴィラール大佐》
 インド宇宙軍大佐。インド―欧州連合の境界宙域の軌道都市『オイノス』に治安本部の責任者として派遣されている。調査に訪れたジェフリーに、海賊事件、そして『ヴァルナ』について語る。

《ルフィア・ヴィラール》
 アディ・ヴィラール大佐の義理の娘。小惑星帯にてジェフリーを出迎える。何か秘密を持っている様子だが……。


・セールスポイント
 これは、正義のヒーロー(女の子だからヒロイン)の物語です。ヒーローには苦悩がつきものですが、その中で最もポピュラーなのは『本当に自分は正義なのか』という問いではないでしょうか。この物語のヒロインは、その問いに、おそらくかつてあり得なかったような方法で答えようとします。彼女の戦いを、是非見守ってください。



山口優プロフィール


山口優既刊
『ディヴァイン・コンクェスト
―小惑星帯のヒロイン―』