「つくもの厄介5 目目の夢」青木和

江戸の酒問屋に現れる賊は、どうやら妖怪らしい。南町奉行・大岡越前守に呼び出された妖(あやかし)担当同心・蒔田は。

酒問屋・楢屋に出没する賊は、どうやら物の怪らしい。震え上がる同心たちに困り果てた江戸町奉行・大岡越前守は深夜、蒔田を呼び出すが・・・。前「九十九神曼荼羅シリーズ」から続く、化け物専門の同心・蒔田要人が活躍する時代劇シリーズ「つくもの厄介」第5話は「目目の夢」。

「小学館eBooks」のページは こちら