「つくもの厄介6 此岸無宿」青木和

豊志郎は釣り上げた水死体の幽霊に付き纏われる。幽霊の訴えが悲劇の母娘を救う大岡裁きに発展。

絵筆を折って悶々とする豊志郎が水死体を釣り上げた。その様子を見ていたお忍びの大岡越前守。この出来事が、幽霊をも巻き込んで悲劇の母娘を救わんとする大岡裁きに発展する。時代劇シリーズ・つくもの厄介の第6話「此岸無宿」。

「小学館eBooks」のページは こちら