「つくもの厄介7 すぐはの鰯」青木和

大岡越前守の警告も空しく塵塚の王こと同心・蒔田要人が襲われ深手を負った。現場には錆びた直刃(すぐは)の刀が残されていた。

南町奉行・大岡越前守から命を狙う者がおると警告された矢先に、人化け取締りの同心・蒔田要人が襲われた。塵塚の王と呼ばれる彼に深手を負わせた襲撃者の正体は? 時代劇シリーズ・つくもの厄介第7話は「すぐはの鰯」。

「小学館eBooks」のページは こちら