「百夜・百鬼夜行帖33 潮の魔縁」平谷美樹

 紅柄党の頭目・宮口大学の周囲に漂う異様な磯の匂い。盲目の美少女修法師・百夜が心眼で見た怪異とは?

 博徒の親分・助次郎の賭場に現れた紅柄党の頭目・宮口大学の体から異様な磯の匂いが漂っている。
 盲目の美少女修法師・百夜と博徒・清五郎の前に現れた怪異には獣臭がした。

「小学館eBooks」のページは こちら