「つくもの厄介8 白粉婆」青木和

 日暮れた江戸の町に出没する通称“白粉婆”。人化け専門の同心・蒔田は南町奉行・大岡越前守の命で探索に。

 江戸の町に出没する“白粉婆”の妖怪。死者まで出たと噂が広がり、大岡越前守は人化け専門の南町同心・蒔田に探索を命じる。絵魂を作る絵師の豊志郎や付喪たちが活躍する江戸異界捕り物帳シリーズの第8回。

「小学館eBooks」のページは こちら