「百夜・百鬼夜行帖39 雁ケ音長屋」平谷美樹

 吉原の外れにある安遊女屋で、女郎部屋から海水が噴き出す怪異が続いた。常盤楼の楼主・亀女に頼まれた盲目の美少女修法師・百夜が部屋に入ると、どこからともなく「持っていけ~」という声が聞こえた。これは、亡魂の仕業か?

「小学館eBooks」のページは こちら