「〈物語る脳〉の世界 ドゥルーズ/ガタリのスキゾ分析から荒巻義雄を読む」藤元登四郎



藤元登四郎(著)
岡和田晃(解説)
寿郎社(web siteFacebook
ISBN:978-4-902269-80-2 C0095
刊行日:2015年10月15日
2500円

藤元登四郎氏による内容紹介:
 フランスの哲学者ドゥルーズと精神分析学者ガタリは、共著『アンチ・オイディプス 資本主義と分裂症』で、スキゾ分析(分裂分析)を提唱し、エディプス概念に支配されている資本主義を脱領土化しようと試みた。スキゾ分析は、エディプスに抑圧された欲望を解放して、人間本来の自由を取り戻すための実践である。なおスキゾ分析でいう欲望とは欠如に由来するのではなく、接続によって生産されるものである。
 スキゾ分析の方法は、作品の執筆された時代、すなわち地層の中におけるその位置を検討するとともに、作品そのものの中に既成概念を転覆する箇所や接続した欲望を見出し、スキゾ世界(分裂した世界)を生産する。
 本書でスキゾ分析をした作品はすべて、巽孝之・三浦裕嗣(編集委員)『定本荒巻義雄メタSF全集』(彩流社)に掲載されている。荒巻義雄の初期作品は、現実的なものも幻想的なものも過去も未来も同一平面上で接続して、欲望の流れを形成している。その流れは根茎(リゾーム)状に分岐して辺縁へ向かって逃走する。本書によって、これまで謎に満ちていた荒巻文学がより身近で新鮮なものになるだろう。
 解説は、現在注目を浴びている新進評論家、岡和田晃の『SF・文学・現代思想を横断し「脱領土化」する平滑的な比較精神史』であるが、本書を背景から照らしだし眩しい輝きで包んでいる。



藤元登四郎プロフィール


藤元登四郎既刊
『〈物語る脳〉の世界
ドゥルーズ/ガタリのスキゾ分析から荒巻義雄を読む』