「つくもの厄介9 走る唐櫃」青木和

 真夜中に唐櫃が走り出す。死んだ猫がとり憑いたのか? 八丁堀同心・蒔田と絵師・豊志郎の探索が始まる。

 質屋に居ついたるいから、唐櫃が夜中に走り出す怪異の相談が絵師・豊志郎少年のもとに。人化けが起こす怪事件担当の南町奉行所同心・蒔田も乗り出しての探索が始まった。江戸の異界が起こす難事件を解決するユニークな捕り物帳シリーズ、ますます快調。

「小学館eBooks」のページは こちら