「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.140 特集「1から始める『エクリプス・フェイズ』」

文:朱鷺田祐介 協力:『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム



 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年創刊)。毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事は、継続的に紹介して参りました。

 そして、2016年5月19日頃に発売予定のVol.140では、「1から始める『エクリプス・フェイズ』」という特集が組まれています。発売が間近に迫った『エクリプス・フェイズ』基本ルールブック日本語版に連動した特集ですね。

 ・『エクリプス・フェイズ』の概要、トランスヒューマンの時代について、シンプルな%ロールからなるゲームシステム、SF映画『エイリアン』を彷彿させるオーソドックスなプレイスタイル、といった基礎的な内容の紹介。

 ・基本ルールブックのサンプル・キャラクターを傾向別に分類し、スタイルに沿ったキャラクター選定のアドバイス記事。

 ・日本語版オリジナル・サンプルキャラクターの「ネオ・パロットの交易商」、「ネオ・オルカのスカベンジャー」の紹介。

 ・特別な素養がなくともSFっぽい冒険をデザインできるシナリオパターン・ガイド。

 ・過去、「Role&Roll」に掲載されたサポート記事や、「SF Prologue Wave」での『エクリプス・フェイズ』。

 大きく紙幅を割いてこのような内容が掲載されます。
 さらには、ロールプレイングゲームやボードゲームを実際に遊んでいる光景を楽しくレポートする緑一色氏のコミック「スピタのコピタの!」でも、『エクリプス・フェイズ』のセッションが紹介されています。
 こちらには日本語版監修者の朱鷺田祐介氏、翻訳チームから岡和田晃がプレイヤー参加しています。

 『エクリプス・フェイズ』に興味のある方は、手にとって損はありません。
 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 きっと、あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール