「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.141掲載「『エクリプス・フェイズ』シナリオ スクラッチ・インベントリー:明日の私に」

文:朱鷺田祐介 協力:『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム



 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年創刊)。毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事を継続的に紹介して参りました。

 そして、2016年6月13日頃に発売予定のVol.141では「『エクリプス・フェイズ』シナリオ スクラッチ・インベントリー:明日の私に」という記事が掲載されています。前号(Vol.140の『エクリプス・フェイズ』特集に続くサポート記事で、内容は『エクリプス・フェイズ』用の入門シナリオを兼ねたアイデア・ソース集です。

 「スクラッチ・インベントリー」とは、サプリメント『Firewall』(未訳)に掲載された同名のランダム・イベント・チャートを翻訳したもののことです。基本コンセプトは、ファイアウォールのエージェントが諸般の都合で隠した謎のアイテムを紹介するというものです。

 10面体ダイスを2回振ると、01~100までの100通りの乱数を生成することができ、この乱数は%と同じことから、俗にパーセンテージ・ロールと呼ばれます。このパーセンテージ・ロールを3回行って、その結果を「スクラッチ・インベントリー」の表に当てはめれば、誰でも簡単にシナリオのプロットを生み出せてしまう、という便利ツールです。
 ロールプレイングゲームやボードゲームを実際に遊んでいる光景を楽しくレポートする緑一色氏のコミック「スピタのコピタの!」でも、『エクリプス・フェイズ』のセッションが紹介されたのですが、そこでも「スクラッチ・インベントリー」が用いられました。ぜひコミックを確認してみてください。
 基本ルールブックの発売も6月28日(予定)と告知され、いよいよ『エクリプス・フェイズ』が盛り上がりを見せています。
 各種オンライン書店はもとより、体験会が開催されてきたRole&Roll Stationでも予約を受け付けているとのことです。



 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 きっと、あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。


『エクリプス・フェイズ (日本語版)』




岡和田晃プロフィール