「樹環惑星 ――ダイビング・オパリア―― 」伊野隆之



●「樹環惑星 ――ダイビング・オパリア―― 」
 伊野隆之 徳間文庫
(第11回日本SF新人賞受賞作・応募当時のタイトルは「森の言葉/森への飛翔」)
 2010/11/05発売 定価800円(税込み)
http://www.tokuma.jp/bunko/tokuma-bunko/6a3974b060d1661f

著者コメント:
「樹環惑星-ダイビング・オパリア-」で、念願の作家デビューを果たした伊野隆之です。
 この作品は、選考委員の皆さまのアドバイスや、先輩の新人賞作家の皆さまのご支援を受け、無事、書店に並ぶ事が出来ました。山田正紀先生の解説や表紙の奥瀬サキさんのイラストもあり、幸運な船出ができたものと思っています。
「樹環惑星-ダイビング・オパリア-」では、SFの醍醐味の一つである異世界の創造にこだわり、熱病を巡るエコロジカルな謎解きを軸に、星系外に広がる薬物汚染や、成層圏に近い高度からのスカイダイビング、自治政府内外の政治的な軋轢等々を盛り込んだ、ある意味で今できる事をすべて盛り込んだ小説です。この異世界を、是非、一緒に旅をしていただけることを期待しております。
 ところで、オパリアを含む星間評議会の統治領域には、多様な世界があります。「樹環惑星」の中でも、アリアス、レノ、ファジーといった惑星が登場したように、数多くの惑星の物語があるでしょう。これらの世界で、あるいは全く別の世界で、また旅ができることを楽しみにしています。

「Anima Solaris」に伊野さんのインタビューが掲載されています。(インタビューアーは高槻真樹さん)
http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/101101.shtml



伊野隆之プロフィール


伊野隆之既刊
『樹環惑星
――ダイビング・オパリア――』