『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.144「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ スカイ・アーク・クライシス」』

執筆:朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)、協力:岡和田晃、待兼音二郎(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)


 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年 Vol.1発売)。
 毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。
 「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事は、継続的に紹介して参りました。

 今回ご紹介する「Role&Roll」Vol.144では、『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ「スカイ・アーク・クライシス」が掲載されています。
 「Role&Roll」にはこれまで、Vol.92からの体験版や、「エントリー・ミッション」という有名SF作品へのオマージュを含んだシナリオが掲載されてきました。
 その流れを汲み、Vol.143掲載の「スパイダー・ローズの孤独」はブルース・スターリングの『蝉の女王』をイメージしたものですが、今回の「スカイ・アーク・クライシス」は、マイクル・クライトン原作の映画『ジュラシック・パーク』のオマージュです。

 今回の記事はゲームのシナリオだけではなく、未訳サプリメント『Gatecrashing』から舞台となる惑星スカイ・アークの設定が、同じく未訳サプリメントの『X-Risks』からは、「輝く聖者の教会」の背景が訳出されています(いずれも抄訳)。

 惑星スカイ・アークは地球型。太陽系外にあるので、パンドラ・ゲートを抜けて向かうことになります。この惑星が面白いのは、地球由来の生物を保護し、あるいは絶滅した動物を復活させたりするところです。もちろん、環境保護主義者らは反対していますので、そうした対立構造はシナリオのネタにピッタリだと思います。

 輝く聖者の教会は、キリスト教系の終末論カルト。『エクリプス・フェイズ』の重要な設定である“大破壊(ザ・フォール)”や、ティターンズの設定とも絡んできますし、木星共和国など既存の勢力と同居させれば、シナリオにいっそうの奥行きが生まれます。噂では、新たなエクスサージェント・ウイルスもあるとか!?

 シナリオそのものは、わかりやすい3部構成。豊富なアクションと場面転換で飽きさせない内容になっています。ラスボスは強敵、あなたのセンティネルは無事に生還できるでしょうか?
 JGC(ジャパンゲームコンベンション)2016のR-CONの『エクリプス・フェイズ』卓では、好評をいただいた次第です。

 そうそう、「スカイ・アーク・クライシス」は、「SF Prologue Wave」に掲載された小説「スカイ・アーク・マーダーズ」ともリンクした内容になっています。あわせて読めば、楽しさは何倍にもなるでしょう。 

 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール