「百夜・百鬼夜行帖56 大筆小筆」平谷美樹

 百夜、左吉、倉田屋徳兵衛の一行は小田原宿の手前、酒匂川にさしかかった。この世のモノとは見えぬ赤い着物を着た若い女二人。すれ違いざまに「みよしや」と百夜の耳元で囁いた。後には獣臭い匂いが残った。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第56話。

「小学館eBooks」のページは こちら