「『エクリプス・フェイズ』体験版「ヘリオンズ・エッグ」が、公式サイトから無料ダウンロード可能に!」

執筆:朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)、待兼音二郎(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)


 岡和田晃

 「SF Prologue Wave」を読んで『エクリプス・フェイズ』を遊んでみたいが大判のルールブックをいきなり買うのは気が引ける……という皆さんに、ビッグニュースです。
 「Role&Roll」Vol.92に掲載された『エクリプス・フェイズ』体験版「ヘリオンズ・エッグ」が、『エクリプス・フェイズ』公式サイトでダウンロード可能になりました。

「ヘリオンズ・エッグ」ダウンロード(PDFファイル)

「ヘリオンズ・エッグ」用サンプル・キャラクター(PDFファイル)

 見開き2ページ×2セット(合計4ページ)で、『エクリプス・フェイズ』の世界観とルール・サマリーが簡潔にまとめられています。
 残り6ページはシナリオです。これはゲームマスターをやる人以外、読んではいけません。展開を割ってしまうからです。どうしても読みたい、あるいは既に読んでしまった人は……。観念してゲームマスターをやりましょう(笑)。
 サンプル・キャラクターは「ヘリオンズ・エッグ」用に最低限の記述で簡略化されたもの。ルールブック掲載のものとは微妙に異なりますが、体験ゲーム・セッションはこれで充分かと思います。

 ちなみに、すぐに一緒に卓を囲む仲間が見つからなくとも、「ヘリオンズ・エッグ」があれば、Role&Roll Vol.145の「女博士エヴァ・イオネスコの受難」でソロ・アドベンチャーを楽しむことが可能です。このソロアドベンチャーでは武器データも本文中に盛り込まれているので、体験版「ヘリオンズ・エッグ」PDFのルール・サマリーと組み合わせれば、「ヘリオンズ・エッグ」の4人以外でも遊ぶことができます。「ヘリオンズ・エッグ」に出てくる4人のほか、どんな連中がいるのか眺めてみるのも面白いと思います。

 なお、こちらは原書そのもののエラッタ(誤記)なのですが、「タイタンの探検家」のキャラクターシートには〈刀剣〉技能の記載がありません。これはゲームマスターが30~60%のあいだで設定するのがベターでしょう。また、アサルト・ライフルとあるのは、オートマチック・ライフルの間違いですが、これも原書のエラッタです。しかし、単発で遊ぶだけならば、そのままでも大きな問題はないでしょう。

『エクリプス・フェイズ』ユーザーサポート

『エクリプス・フェイズ』関連ダウンロード・コーナー




 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール