『幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌「ナイトランド・クォータリー」Vol.9「悪夢と幻影」掲載「ポストヒューマニズム、紀貫之、ロールプレイングゲーム――ケン・リュウと『エクリプス・フェイズ』を語る」』

執筆:岡和田晃(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)


 岡和田晃

 「ナイトランド・クォータリー」(アトリエサード/書苑新社)は、幻視者のためのホラー&ダークファンタジー専門誌と銘打っており、前身たる「ナイトランド誌」(トライデントハウス)のコンセプトを引き継ぎ、海外の優れた幻想文学やSFを精力的に日本へ翻訳・紹介しています。
 「SFセミナー2017」でも例年通り「ナイトランドの部屋」が催されるなど、SF系イベントの露出も多い媒体です。

 さて、この「ナイトランド・クォータリー」Vol.6には、ケン・リュウによる『エクリプス・フェイズ』小説「しろたえの袖(スリーヴ)――拝啓、紀貫之どの」(翻訳:待兼音二郎、監修&解説:岡和田晃)が掲載されました。(http://prologuewave.com/archives/5852

 2017年4月22日~23日に横浜市開港記念会館で開催されたSFコンベンション「はるこん2017」では、「はるこんで新世紀のポストヒューマンRPG『エクリプス・フェイズ』を体験しよう!」という企画が実現になりました。
 ここではゲームの体験のほか、22日にはケン・リュウ氏とのトークイベントも実現しました。その模様を具体的に紹介している次第です。『エクリプス・フェイズ』の世界観解釈に役立つのみならず、広くSF論、文学論としても興味深い内容かと思います。
 また、『エクリプス・フェイズ』に限らず、はるこんにおけるケン・リュウの出演パネル等の全体像については、立原透耶氏による「はるこん2017でケン・リュウに会ったのだ」と題したレポートに詳述されています。
 その他、「ナイトランド・クォータリー」Vol.09では、遠藤裕子氏によるE・L・ホワイト「アーミナ」の翻訳、安田均氏、岡和田晃がそれぞれE・L・ホワイト論を寄せるなどしており、充実した内容になっています。ぜひお読み下さい!












 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール