「百夜・百鬼夜行帖63 駆ける童」平谷美樹

 深夜、青白い光を放つ5、6歳ほどの子供が町中を走る。亡魂か妖怪か? 目撃した者たちは祟りを恐れて震え上がった。

 谷中、根津、千駄木、湯島。深夜に青白い光を放って走る童子の姿に、目撃者たちは祟りを恐れて震え上がった。亡魂か妖怪か? 盲目の美少女修法師・百夜の推理の先にあった意外な結末。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第63話。

「小学館eBooks」のページは こちら