「百夜・百鬼夜行帖67 犬張子の夜」平谷美樹

 暗闇に閉ざされた田んぼ道。提灯の灯かりを先頭に奇妙な集団の行列が続く。それが想像を絶する凶事の始まりだった。

 暗闇の中、葬列の楽の音が響き、提灯の灯かりを先頭に黒装束の集団が田の中の道を行く。皆奇妙な踊りを踊っている。神隠しにあった農家の子を探す盲目の美少女修法師・百夜が感じるおびただしい穢れの気配。百鬼夜行帖の中で最も禍々しい事件が始まろうとしている。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第67話。

「小学館eBooks」のページは こちら