『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.167「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ&運用ガイド ヴァイキング・マーダーズ または、火星八つ墓村」』

文:朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)、監修:岡和田晃、待兼音二郎(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)


 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年創刊)。
 毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事を、継続的に紹介して参りました。

 「Role&Roll」にはこれまで、『エクリプス・フェイズ』のルールブックを購入したはいいが、どう遊べばよいかわからない方のために入門用のシナリオが掲載されてきました。
 いずれも3時間程度の比較的短い時間で遊べる親切設計となっています。Vol.143~166掲載のシナリオも、すでにSF Prologue Waveで紹介済みですので、ご確認ください。

 今回ご紹介するのは、Vol.167掲載の「ヴァイキング・マーダーズ または、火星八つ墓村」です。ハイパーエリートの秘密のクラブに潜入したPCたちを待っていたのは、デス・ゲームの入り口だった。人生に飽いた不死者たちは、悪夢を楽しむ……。というストーリーです。
 火星のアショーカ郊外にあるヴァイキング歴史公園に集まったセレブたち。ここには、「MMX-エスパソ」のCEOナザレーノ・バティスタのせいで、永遠に死ぬこととなった8人の墓があるというのですが……。
 未訳サプリメント『Sunward』より「アショーカ」および「オリガルヒ(支配階級)とハイパーコープ王朝」の抄訳が掲載されており、多彩なNPCが活躍します。本シナリオをプレイすることで、『エクリプス・フェイズ』世界の公式NPCたちについても、深く知ることができるでしょう。







 また、2018年8月31日から9月2日まで熱海の大野屋で開催された「TRPGフェスティバル2018」内の「Role&Roll」新作発表会で、『エクリプス・フェイズ』についても紹介させていただきました。


 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール