「種蒔くひと」立原透耶

(PDFバージョン:tanemakuhito_tatiharatouya
 ある日、学校からの帰り道、不思議な人に出会った。その女性は真っ黒な服につばの大きな帽子、サングラス、マスクをして、手袋もしていた。

 なにをしてるの?

 と尋ねたぼくに、おねえさんは掠れた声で答えてくれた。

 種を蒔いてるの。こうやって世界中を旅しているのよ。

 おねえさんの足元の土は湿っていて、掘り返して埋めなおした跡があった。

 素敵だね! なんのタネ?

 おねえさんの瞳がサングラスの下で微笑んだのを感じた。

 いろんな種よ。坊やも、一緒に蒔いてみる?

 うん! やってみたい!

 おねえさんはぼくにイチジクという果物をくれた。

 まずはこれを食べてみて。

 初めての食べ物。不思議な食感。どきどきしながら飲み込んだ。

 そう。それじゃあ、種を蒔きに行きましょうね。

 そしてぼくたちは旅立った。

 今、ぼくはとてもワクワクしている。

 ぼくのお腹の中の種が芽を出すんだって。どうやって? どんな風に?

 おねえさんの手が冷たくて、なんだかぼくは少し、悲しくなった。


 (この記事から浮かんだ話)



立原透耶プロフィール


立原透耶既刊
『ささやき
(立原透耶著作集 5)』