「面接試験」立原透耶

(PDFバージョン:mennsetusikenn_tatiharatouya
 しかめっ面をした顔、顔、顔。
 緊張して僕は膝の上に置いている手をぎゅっと握りしめた。
「簡単な質問だ」
 と中央のメガネが言った。
「君は……を殺したことがあるかい?」
 緊張しすぎて、質問の一部分を聞き損ねた。だけど聞き返したら間抜け決定、即座に落とされてしまうだろう。僕はどうしたってこの仕事がほしかった。
 ええい、直感で答えるしかない。
「あります。例えば蟻。小さい時、足で踏んづけたり、水を流したりしてたくさん殺しました。蟻に対して僕は全知全能の神であるかのように感じ、興奮しました」
 ……反応が鈍い。答えを間違ったのかもしれない。
 慌てて、僕は付け足した。
「子持ちのやつを殺したこともあります。メスのお腹の大きいカマキリでした。腹の中がどうなっているのか知りたくて、カッターナイフで切り裂いたら、小さな奴らがうじゃうじゃ出てきて……」
 だめだ、ますます反応が悪くなった。
「あ、もっと大きいのも。近所で子供に噛み付く野良犬がいたんで、火をつけていきながら焼き殺しました。いやあ、あの時の炎の美しさときたら」
 しまった、我を忘れてうっとりしてしまった。
 面接官たちが顔を突き合わせ、小声で何か話し合っている。
 まずい、まずいぞ。ここで落とされたら、また無職が続く。
 僕は大きな声を出した。
「それに、吸血鬼を倒したこともあるんです。ほら、太陽の光で……その、あの……」

 おかえりください、と丁寧に追い出された。

 どうも面接というのは苦手だ。
 実技があるのはたいてい面接の後で、だからどうしたって僕のこだわり抜いた、芸術的な腕前を披露するまでには至らない。
 なんて理不尽な世の中なんだ。
 僕は腹立ち紛れに、駅のゴミ箱を蹴った。
 狩人を募集していた。僕ほど適任はいないはずだ。それなのに。
 今日はもう暴れるしかない。ウサ晴らしに何匹か狩るとしよう。
 夢の中で人を殺して回る爪の長いあいつ。フレディだっけ。
 あいつをバラバラに引き裂いてやろう。
 先月はジグ・ソウとかいう親父を罠に仕掛けて苦悶の末に死ぬように仕向けた。
 僕ほど素晴らしい逸材を逃すなんて、バカな会社だ。

 悪人を殺す。
 罪にはならないし、人には感謝される。ストレス発散にもなる。
 なのに報酬を得られないだなんて。馬鹿げた世の中だ。

 歩く僕の背後で、複数の黒服が動いた。
 どうやら面接は、狩人を募集していたのではなく、獲物を探すためだったらしい。
 僕はうってつけの獲物ってわけか。

 さあ、来るがいい。

 ジャックに怖いものなんてない。



立原透耶プロフィール


立原透耶既刊
『ささやき (立原透耶著作集 5)』