「百夜・百鬼夜行帖89 千鬼夜行」平谷美樹

 小田村では、夕暮れから夜にかけて百姓たちが無数の白く光る怪異に追われる日々が続いていた。百夜が抜いた仕込みの先には?

 無数の白く光るモノが追ってくる。白く光る矢は足下に刺さり、白く光る斧が音をたてて頭上を越えていった。下谷小田村の田圃が広がる風景は、夜になると恐怖に包まれた。盲目の美少女修法師・百夜も、この怪異には仕込みの剣を抜いて退治するしかなかった。果たして、怪異の主は?

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第89話。

「小学館eBooks」のページは こちら