『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.179「『エクリプス・フェイズ』シナリオ・ソース トランスヒューマンは知性化イルカの夢を見るか?」』

文:朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)、監修:岡和田晃(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)、待兼音二郎(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)


 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年創刊)。
 毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事を、継続的に紹介して参りました。

 「Role&Roll」にはこれまで、『エクリプス・フェイズ』のルールブックを購入したはいいが、どう遊べばよいかわからない方のために入門用のシナリオが掲載されてきました。
 いずれも3時間程度の比較的短い時間で遊べる親切設計となっています。Vol.143~178掲載のシナリオも、すでにSF Prologue Waveで紹介済みですので、バックナンバーをご確認ください。

 しかしながら、今回ご紹介するのは、シナリオではありません。反対に、シナリオの作り方、その取っ掛かりとなる部分の説明となります。
 巷ではSF小説を書くのはもちろん、SF-RPGのシナリオを書くのは難しい……という印象があるようですが、ちょっとしたキーワードがあれば思いのほか筆が進んでいくものです。今号のキーワードは「知性化種」で、それを軸に、「ネオピッグの海兵隊員」、「ウィップラッシュの探索者」、2つの日本オリジナルのサンプル・キャラクターが紹介されています。どちらも、体験会やコンベンションで何度もテストされた、個性豊かでバランスの練られたサンプル・キャラクターですよ。
 ネオピッグとは知性化された豚のこと。ウィップラッシュとは、太陽系外惑星サンライズにいる肉食の動く植物。これらを自作キャラクターでも使えるように、追加義体のデータ、さらにはスペア(合成義体)の追加データも、それぞれ未訳サプリメントからご用意いたしました。
 ウィップラッシュについては、「SF Prologue Wave」掲載の小説「ウィップラッシュ・マーダーズ」や、「Role&Roll」Vol.119の「センティネルのためのワールド・ガイド『宇宙の歩き方』 太陽系外惑星」で紹介しています。






 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール