「椿」立原透耶

(PDFバージョン:tubaki_tatiharatouya
 新聞に目を通していたら、不意に耳側でぽとり、と何かが落ちる音がした。
 昨日、庭から摘んできた椿の頭が落ちたのだろう。

 顔を上げようとして気がついた。

 落ちたのは私の頭だった。



立原透耶プロフィール


立原透耶(監修)
『三体』