『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.187「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ 敏腕ネゴシエーターは今日も完璧」』

文:岡和田晃(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)、監修:朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)、待兼音二郎(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)


 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年創刊)。
 毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事を、継続的に紹介して参りました。

 「Role&Roll」にはこれまで、『エクリプス・フェイズ』のルールブックを購入したはいいが、どう遊べばよいかわからない方のために、すぐに遊べる入門用のシナリオが掲載されてきました。
 いずれも3時間程度の比較的短い時間で遊べる親切設計となっています。
 コロナ・ウイルス禍で、オフラインでのRPGが遊びづらくなっていますが、もともと『エクリプス・フェイズ』はオンラインで遊びやすい設計となっておりますので、いずれのシナリオも容易にオンラインでプレイすることが可能です。
 Vol.143~186掲載のシナリオも、すでにSF Prologue Waveで紹介済みですので、バックナンバーをご確認ください。Vol.179はシナリオ作成のヒントとしての追加データが掲載されています。

 今号の「Role&Roll」Vol.187に掲載されているのは、「敏腕ネゴシエーターは今日も完璧」というシナリオです。

 交渉人である君は、厄介な案件を請け負った。太陽系全土にメッシュ配信される政治番組で、パトロンを擁護する論陣を張ってほしいと依頼されたのだ。持論を補強する材料を確保し、視聴者の支持を得られるだろうか?

 そう、つまり今回のセッションでは、交渉戦がメインとなります。
 「金星の交渉人」等の、交渉が得意な社会的エリートをメインのPCとし、そのキャラクターたちがファイアウォールに加入するまでの前日譚を扱います。
 元来、RPGのシナリオでは、物理的な戦闘とは違って、交渉戦はプレイヤー個々人の話術が如実に反映されるうえ、定量化や記法が困難だとされることが少なからずありました。本作は、そんな交渉戦を、手軽に・手堅く運用できるようにデザインされています。
 舞台は、翻訳中のサプリメント『Sunward』の舞台となっている金星です。
 また、付録として、サプリメント『Transhuman』からの抄訳として、追加装備の「音響スピーカー(ラウドシステム)」に、ダイティア義体、グリーファー義体、ガード義体と3つの義体のデータが追加されますので、どうぞご自分のゲーム・セッションでご利用ください。




 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール