『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.188「『エクリプス・フェイズ』外惑星圏(リムワード):オールト雲」』

文:朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ)、監修:岡和田晃(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)、待兼音二郎(『エクリプス・フェイズ』翻訳チーム)


 岡和田晃

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年創刊)。
 毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事を、継続的に紹介して参りました。
 
 「Role&Roll」にはこれまで、『エクリプス・フェイズ』のルールブックを購入したはいいが、どう遊べばよいかわからない方のために、すぐに遊べる入門用のシナリオが掲載されてきました。
 いずれも3時間程度の比較的短い時間で遊べる親切設計となっています。
 コロナ・ウイルス禍で、オフラインでのRPGが遊びづらくなっていますが、もともと『エクリプス・フェイズ』はオンラインで遊びやすい設計となっておりますので、いずれのシナリオも容易にオンラインでプレイすることが可能です。
 Vol.143~187掲載のシナリオも、すでにSF Prologue Waveで紹介済みですので、バックナンバーをご確認ください。Vol.179はシナリオ作成のヒントとしての追加データが掲載されています。

 今号の「Role&Roll」Vol.188に掲載されているのは、シナリオそのものではなく、設定情報とシナリオソースに特化した回です。未訳サプリメント『リムワード(Rimward)』からの抄訳と解説。オリジナル・シナリオのデザインのためには、まさしく必携ですね。

 外惑星圏(リムワード)へようこそ。今回は、太陽系の外れ、オールト雲の中に存在する超人類社会の最先端を紹介していこう。

 「SF Prologue Wave」の紹介記事でも、何度となく言及されてきた『リムワード』とは、翻訳進行中の『サンワード(Sunward)』と対になる作品ですね。『サンワード』が太陽から地球の間を扱うのに比べ、それ以外の太陽系の最果ての部分を『リムワード』では扱います。
 シェアード・ワールド小説でおなじみランディ・シーゲルやジョン・ダンビルが幕間に登場しつつ、オールト雲の基本設定および、「戦国センティネル」、「宇宙赤道祭」、「千年の孤独」、「伝説の探索」の4つの章に分ける形で……エヴァンジェリウム、IOS-201 クリスタル・ウィンド、テュケーその他のハビタットの情報、および、詳細な注釈が添えられています。『エクリプス・フェイズ』のみならず、汎用のSF設定としても活用できるでしょう。





 「SF Prologue Wave」の小説を読んだら、ぜひ、実際に『エクリプス・フェイズ』世界に飛び込んでみましょう!
 あなたのクリエイティヴィティが、さらに刺激されること、間違いありません。



岡和田晃プロフィール