「百夜・百鬼夜行帖98 番外編の弐 昨夜(こぞ)の月」平谷美樹

 菓子舗「鶴屋」の息子・仙次郎は遊び人で岡場所通いが続いていたが、ある日から部屋に面する裏庭に亡魂が出現。

 老舗の菓子舗「鶴屋」の息子・仙次郎は岡場所通いが止まない遊び人で、左吉の遊び仲間でもある。ある日から住居の屋に面する裏庭に白い姿の亡魂らしきもの現れ、使用人たちが皆、目撃するようになった。家に帰らぬ口実が出来たと喜んだ仙次郎だが、岡場所にまで亡魂が現れて、修法師・百夜が乗り出すことに。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第98話。

「小学館eBooks」のページは こちら