カテゴリー: 九十九神曼陀羅 情報

「つくもの厄介6 此岸無宿」青木和

豊志郎は釣り上げた水死体の幽霊に付き纏われる。幽霊の訴えが悲劇の母娘を救う大岡裁きに発展。

絵筆を折って悶々とする豊志郎が水死体を釣り上げた。その様子を見ていたお忍びの大岡越前守。この出来事が、幽霊をも巻き込んで悲劇の母娘を救わんとする大岡裁きに発展する。時代劇シリーズ・つくもの厄介の第6話「此岸無宿」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「カウントダウン・イン・ブルー」片理誠

いらないモノは徹底して捨てる。そう決めた俺の周辺で、カウントダウンのメモを送りつける不思議なイタズラが始まった。

整理整頓、いらないモノは徹底して捨てる。俺がそう決めてから、モノを捨てるたびに、青インクで書かれたカウントダウンの脅迫めいたメモが届くようになった。99から始まったカウントダウンがゼロになったら何が起きるのだ?

「小学館eBooks」のページは こちら


「こちら公園管理係5 炎の記憶」伊野隆之

公園のふれあい広場に奇怪な火の手があがった。公園係・田野神は震えがる。相棒ガンさんの様子もいつもと違うのだ。

焚き火の不始末のつもりが、目撃したのは大きな炎の柱だった。消火器とスコップで奮闘するも、やがて炎に取り囲まれた二人は・・・。前「九十九神曼荼羅シリーズ」から続く、公園管理係・田野神くんとホームレス出身のガンさんが、いつも不思議なトラブルと格闘する「こちら公園管理係」シリーズ第5話は、「炎の記憶」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街7 九十九神」八杉将司

刑事・日下部は、理沙に真の敵は広域暴力団・侠和会の女帝、有森冴子であると告げる。彼女の背後に九十九神が?

中垣一家の襲撃から生き延びた理沙は、暴力団担当の日下部刑事から、広域暴力団・侠和会の女帝、有森冴子の存在を知らされる。不思議な力を操るという彼女の狙いは? 前「九十九神曼荼羅シリーズ」から続く、黒社会を背景に、裏街の青春群像を描くハードボイルド・シリーズ「まなざしの街」第7話は「九十九神」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「つくもの厄介5 目目の夢」青木和

江戸の酒問屋に現れる賊は、どうやら妖怪らしい。南町奉行・大岡越前守に呼び出された妖(あやかし)担当同心・蒔田は。

酒問屋・楢屋に出没する賊は、どうやら物の怪らしい。震え上がる同心たちに困り果てた江戸町奉行・大岡越前守は深夜、蒔田を呼び出すが・・・。前「九十九神曼荼羅シリーズ」から続く、化け物専門の同心・蒔田要人が活躍する時代劇シリーズ「つくもの厄介」第5話は「目目の夢」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「デリヘル8 身体を、売ってる」町井登志夫

 新人デリヘル嬢のルキは、人並み以上の可愛いルックスなのに、キャンセルが相次いだ。デリヘル・ドライバーを1年以上続けている俺にも理由がわからない。ストラップの九十九神は何を考えているのだろう?
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」のシリーズ内シリーズ「デリヘル」第8回。

「小学館eBooks」のページは こちら


「つくもの厄介4 鈴ヶ森慕情」青木和

 首切り浅右衛門が試し斬りした罪人は、胴が空っぽだった。奉行・大岡越前守は、塵塚の王こと化け物取締り同心も蒔田要人を召し出した。絵魂美人・るいと素人絵師・豊志郎もからんで、事件はあらぬ方向へ発展する。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。
シリーズ内シリーズ「つくもの厄介」第4弾。

「小学館eBooks」のページは こちら


「つくもの厄介3 百景累が淵」青木和

 絵魂を作って描いたものが絵から飛び出す豊志郎少年。彼が惚れた絶世の美女は、化け物取締り専門の同心・蒔田が追う怪異だった。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。「塵塚の王」と呼ばれる蒔田と素人絵師の豊志郎が活躍するシリーズ内シリーズ「つくもの厄介」第3弾。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖30 侘助の男」平谷美樹

 豪商・加賀屋の椿が真冬に咲いた。瓦版が出るほどの騒ぎは、百夜につきまとう亡魂・侘助の男と関係があるのか?百夜の女心がざわめく。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖」第五章の六は「侘助の男」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖29 聖塚と三童子」平谷美樹

 桔梗は激しい胸騒ぎがして、目が覚めた。百夜の身に危難が迫っている?江戸では、角をもった三人の童子の妖怪騒ぎが起きていた。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖」第五章の五は「聖塚と三童子」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「コール・ミー・メイビー Call me maybe」坂本康宏

 固定電話の九十九神、本体のベエスと受話器のコヲル。つながらぬ電話を亡父にかけ続ける少女・祈里を10年間見守り続け、彼らがジャングリラへの夢を捨ててまで決断した掟破りの選択とは?
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「海から来た怪獣」伊野隆之

 パトカーを踏み潰していく巨大な怪獣は、警察の銃弾など気にもかけずにK町へ向かっていく。公務員・田野神くんとホームレスのガンさんの迷コンビが、果敢にもこの大きな白サイのような怪獣に立ち向かうのだが・・。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。日常の中で起きるオフビートな冒険を描いた『空へ』『砂場の王』『フェンスの向こう』に続く連作第4弾!

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖27 六道の辻」平谷美樹

 一つ目に牛のような胴体、翼としっぽと四本の足がある化け物が江戸の闇に出没する。人を冥府に連れ去らんとする怪異と対峙する。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内大人気時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第五章の参は「六道の辻」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「冬の蝶 修法師百夜まじない帖」(書籍)平谷美樹

(九十九神曼荼羅企画の中から、平谷美樹さんの「百夜百鬼夜行帖」シリーズがこの度、「修法師百夜まじない帖」とタイトルを変えて文庫化されました!)

定価 580円(税込)
発売日 2013/12/06
判型/頁 文庫判/272頁
ISBN 9784094088854
「小学館」のページは こちら
(電子書籍版は こちら



(公式サイトより転載)
【書籍の内容】

 ―物の怪を調伏する盲目の美少女・百夜の物語―

 ネットで大人気の平谷美樹・著「百夜百鬼夜行帖」が、「修法師百夜まじない帖」とタイトルを変え待望の文庫化。美少女修法師が江戸の町で大活躍する姿に、一度読み出したら止められないこと必至。いつも強気だけど、時々かわいらしくて、でも物の怪調伏では、百夜の右に出る物はない、こんな魅力的な修法師・百夜が次々と強敵を倒していく様が痛快この上ない。

 時は文政期の江戸、舞台は神田川にかかる昌平橋(現在のお茶の水駅近く)。津軽から江戸へやってきたばかりの盲目の少女・百夜は、津軽弁しかしゃべれず、全く言葉が通じない。そこで、江戸の町で命を絶たれた侍の霊を自分の身体に取り込み、侍言葉を操れるように。言葉を手に入れた百夜に、もう恐れるものは何もない。

 年の瀬、さっそく物の怪退治の話が舞い込む。上野黒門町で薬種屋を営む倉田屋で、冬だというのに白い蝶が飛んでいるというのだ。その蝶、倉田屋に住む九十九神で、蝶の正体はなんと100年前の・・・

 全部で8編の物語で構成される「修法師百夜まじない帖」シリーズ第一弾いよいよ刊行。

「百夜・百鬼夜行帖28 蛇精」平谷美樹

 巨大な蛇が座敷の中央にとぐろを巻き、鎌首を持ち上げたその首の部分は白い着物をまとった女の上半身。百夜の仕込みをよけた女の口が裂け、長い牙が伸びる。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内大人気時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第五章の四は「蛇精(じゃしょう)」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「貌を描く」井上剛

 ダガーマンは、商品タグの九十九神だ。屑篭を出て、広い世界への旅に出るのだ。体に付いたままのタグには何か特別な役割があるはずだった。ダガーマンの冒険は今始まったところだ。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「デリヘル7 女を借りた」町井登志夫

 正月はデリヘル嬢もお休み。人手不足を補うのは、アルバイトの外国人たち。そこへ、あのストラップの神様のいたずらも重なって混乱する俺。
 デリヘル・ドライバーの目を通して風俗業界の哀しくて可笑しい実態を描く。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」のシリーズ内シリーズ「デリヘル」第7回。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖26 肉づきの面」平谷美樹

 盗賊の頭が奪った「痩せ男」の面が顔から離れない。祈祷を頼まれた百夜を獣の目で狙う盗賊たち。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内大人気時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第五章の弐は「肉づきの面」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖25 三姉妹」平谷美樹

 芸者姿の妖怪が呉服屋のドラ息子・仙太郎を連れ去ろうとする。滝や池で有名な景勝地・十二社の花街を舞台に起きた艶やかで恐ろしい怪異譚。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内大人気時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第五章の壱は「三姉妹」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「供養人・小玉ちゃん3 美容院せんそう・後篇」木立嶺

 休業中の美容院を占拠した謎の道具軍団。彼らの攻撃から辛うじて脱出した小玉ちゃん、供養神・ケズラレ。そしてスポンジの九十九神・ポンスポン。彼らは謎の軍団への反攻作戦を開始した。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。シリーズ内シリーズ「供養人・小玉ちゃん」第3話「美容院せんそう・後篇」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖24 猿田毘古」平谷美樹

 旗本の次・三男坊集団、紅柄党の頭目・宮口大学の別宅に、毎夜猿田毘古の面と衣装をつけ目から強い光を放つ怪異が現れる。果たして神か物の怪か?
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内大人気時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第四章の六は「猿田毘古(さるたひこ)」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖23 白狐」平谷美樹

 狐憑きの娘を捕えたからお払いをして欲しい。盲目の美少女修法師・百夜と女修験者・桔梗は、依頼主に不審を抱きながら下日暮里の村はずれへ向かった。そこに待っていたのは、盗賊一味との大立ち回りだった。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する、九十九神曼荼羅シリーズ内大人気時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第四章の五は「白狐」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「フェンスの向こう」伊野隆之

 中瀬川市役所生活環境課公園管理係・田野神くんとホームレス支援センターにいるガンさんのコンビは、公園で起きるトラブルを解決しようとすると、毎度不思議なモノと対決するハメになるのだ。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。日常の中で起きるオフビートな冒険を描いた『空へ』『砂場の王』に続く連作第3弾!

「小学館eBooks」のページは こちら


「供養人・小玉ちゃん2 美容院せんそう・前篇」木立嶺

 供養の神様“ケズラレ”と7歳の供養人・小玉ちゃんのコンビが活躍するアクション・コメディ第2弾! 無理やり休業中の美容院に押しかけた小玉ちゃんが遭遇したのは、軍隊式に調練された凶悪美容道具集団。そこに現れた謎の助っ人?
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。シリーズ内シリーズ「供養人・小玉ちゃん」第2話「美容院せんそう・前篇」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街6 報復の街・後篇」八杉将司

 理沙たちのアジトに殴り込みをかけた中垣一家。報復の連鎖は、ついに激しい銃撃戦に発展し、次々に理沙の仲間たちが倒れていく。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。裏街の青春群像を描く「まなざしの街」シリーズ第6話「報復の街・後篇」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖22 内侍所(ないしどころ)」平谷美樹

 その青い光を見たものは、必ず眼を病み鼻血さえ流す。妖しを調伏に向かった美少女修法師・百夜と女修験者・桔梗が畏れるほどの光の正体とは?
 九十九神曼荼羅シリーズ内時代劇シリーズ「百夜百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第四章の四は「内侍所(ないしどころ)」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖21 わたつみの」平谷美樹

 旅先で佐吉を虜にした花魁・乙の前の正体は? 救出に向かった盲目の修法師・百夜と女修験者・桔梗の前に立ちはだかる鎧武者の集団。
 九十九神曼荼羅シリーズ内時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃきやぎょうちょう)」第四章の参は、「わたつみの」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖19 狐火鬼火」平谷美樹

 四谷の連続鬼火事件は、品川・稲荷山の異変に発展。神々の領域に踏み込む盲目の御霊使(かむいつかい)百夜。女修験者・桔梗も登場する新章の幕開け。
 九十九神曼荼羅シリーズ内時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第四章の壱は「狐火鬼火」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖20 片角の青鬼」平谷美樹

「鬼が出るのでございます」。弟子入り志願の女修験者・桔梗が持ち込んだ事件が、盲目の美少女修法師・百夜を巨大な青鬼と対峙させる。
九十九神曼荼羅シリーズ内時代劇シリーズ「百夜・百鬼夜行帖(ももよ・ひゃっきやぎょうちょう)」第四章の弐は「片角の青鬼」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街5 報復の街・前篇」八杉将司

 藤崎組長を殺した中垣一家の縄張り(シマ)が襲われ続けている。恩人を殺された理沙の復讐が始まったのだ。
 裏街の青春群像を描き続ける「まなざしの街」シリーズは、広域暴力団も巻き込む暴力の連鎖へ。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。裏街の青春群像をハードボイルドに描いた、シリーズ内シリーズ「まなざしの街」第5回。

「小学館eBooks」のページは こちら