タグ: まなざしの街

「まなざしの街11 鎮魂」八杉将司

 侠和会の女帝となった理沙との最終対決に挑むコースケ。ボディーガード岡本が撃った銃弾が向かった先は?

 裏社会の青春群像を描いてきたハードボイル・シリーズ「まなざしの街」もいよいよ最終回。侠和会の女帝となった理沙とコースケの最終対決は予想を超えた結末を迎える。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街10 女帝の誘惑」八杉将司

 侠和会の首領になった理沙と対面するコースケ。一方、中垣一家保井総長による不穏な動きが始まる。

 九十九神が憑りついた理沙は侠和会の首領になり、コースケさえ殺そうとする。中垣一家総長・保井らによるクーデターの動きも本格始動。裏社会の青春を描き続けたハードボイルド・シリーズ「まなざしの街」もいよいよクライマックスへ突入。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街9 未来からきたもの」八杉将司

ついに対面した侠和会の黒幕・有森冴子は共に夢を実現しようと理沙を誘う。その頃、謎の刑事・日下部からコースケはとんでもない秘密を打ち明けられていた。黒社会の青春群像をハードボイルドに描く「まなざしの街」シリーズ第9話「未来からきたもの」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街8 侠和会」八杉将司

コースケと理沙は広域暴力団・侠和会を探るうちに侠和会内部の不穏な動きに巻き込まれていく。

広域暴力団・侠和会は内部で不穏な権力闘争が蠢動していた。コースケは再び命を狙われ、理沙は黒幕・有森冴子の屋敷に乗り込もうとする。裏社会に生きる青春群像をハードボイルドに描く「まなざしの街」シリーズ第8話「侠和会」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街7 九十九神」八杉将司

刑事・日下部は、理沙に真の敵は広域暴力団・侠和会の女帝、有森冴子であると告げる。彼女の背後に九十九神が?

中垣一家の襲撃から生き延びた理沙は、暴力団担当の日下部刑事から、広域暴力団・侠和会の女帝、有森冴子の存在を知らされる。不思議な力を操るという彼女の狙いは? 前「九十九神曼荼羅シリーズ」から続く、黒社会を背景に、裏街の青春群像を描くハードボイルド・シリーズ「まなざしの街」第7話は「九十九神」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街6 報復の街・後篇」八杉将司

 理沙たちのアジトに殴り込みをかけた中垣一家。報復の連鎖は、ついに激しい銃撃戦に発展し、次々に理沙の仲間たちが倒れていく。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。裏街の青春群像を描く「まなざしの街」シリーズ第6話「報復の街・後篇」。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街5 報復の街・前篇」八杉将司

 藤崎組長を殺した中垣一家の縄張り(シマ)が襲われ続けている。恩人を殺された理沙の復讐が始まったのだ。
 裏街の青春群像を描き続ける「まなざしの街」シリーズは、広域暴力団も巻き込む暴力の連鎖へ。
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。裏街の青春群像をハードボイルドに描いた、シリーズ内シリーズ「まなざしの街」第5回。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街4 邂逅」八杉将司

借金を踏み倒したホステスのマンションで、ヤクザの藤崎は飢えて怯える少女・理沙を拾うが、同時に得体の知れない視線も感じていた。
オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。裏街の青春群像をハードボイルドに描いた、シリーズ内シリーズ「まなざしの街」第4回。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街3 黒星ヒットマン」八杉将司

 アルバイトから正式に中垣一家の杯をもらって3日目、ヒロアキは藤崎組と喧嘩沙汰に。トカレフ持って大特訓。痛くて熱い青春が突進する!
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。裏街の青春群像をハードボイルドに描いた、シリーズ内シリーズ「まなざしの街」第3回。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街2 メモされた未来」八杉将司

 失業中のアキオは、やくざの組長の愛人・理沙にひろわれて彼女の運転手をすることに。不思議な鉛筆のおかげで、ギャンブルに勝ち続けるアキオは、藤崎組と中垣一家の抗争に巻き込まれる破目に。オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。シリーズ内ハードボイルド青春群像シリーズ「まなざしの街」第2回。

「小学館eBooks」のページは こちら


「まなざしの街1 眼差し」八杉将司

 コースケは19歳。酒もドラッグも身体に合わないから、スナック菓子にはまっている。バーの用心棒がシノギで、酔ったサラリーマン相手に、勘定をめぐる暴力沙汰も日常茶飯だ。暴力団組長の愛人になった昔の恋人、理沙も刹那的に生きるコースケを心配している。ある日、コースケの前に緑色の身体をした”ジジイの妖精”?が現れた。モノが魂を持って動き出す!怒り狂う怪物、奇跡を起こす妖精。時を超え、姿を変えて現れる不思議のかずかず。 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。シリーズ内ハードボイルド青春群像シリーズ「まなざしの街」第1回。

「小学館eBooks」のページは こちら