タグ: ディスロリ

「無職の俺が幼女に転生したがとんでもないディストピア世界で俺はもう終わりかも知れない:第5話」山口優(画・Julia)

(PDFバージョン:dysloli05_yamagutiyuu


<登場人物紹介>
●栗落花晶(つゆり・あきら)
 この物語の主人公。西暦二〇一七年生まれの男性。西暦二〇四五年に大学院を卒業したが一〇年間無職。西暦二〇五五年、トラックに轢かれ死亡。再生歴二〇五五年、八歳の少女として復活した。
●瑠羽世奈(るう・せな)
 栗落花晶を復活させた医師の女性。年齢は二〇代。奇矯な態度が目立つ。
●ロマーシュカ・リアプノヴァ
 栗落花晶と瑠羽世奈が新たに所属するシベリア遺跡探検隊の隊長。科学者。年齢はハイティーン。瑠羽と違い常識的な言動を行い、晶の境遇にも同情的な女性。

<これまでのあらすじ>
 西暦二〇五五年、コネクトーム(全脳神経接続情報)のバックアップ手続きを終えた直後にトラックに轢かれて死亡した栗落花晶は、再生歴二〇五五年に八歳の少女として復活を遂げる。晶は、再生を担当した医師・瑠羽に再生歴世界の真実を告げられる。西暦二〇五五年、晶がトラックに轢かれた直後、西暦文明は一度核戦争により滅んでしまい、その後、『システム』と呼ばれる世界規模の人工知能ネットワークだけが生き残り、文明を再興させたという。「システム」は再生暦の世界の支配者となり、全ての人間に仕事を与えることで、生活を支え、生き甲斐を与える一方、「システム」に反抗する人間に対しては、「暴力性向修正所」と呼ばれる収容所送りにするなど、人権を無視した統治を行っていた。
 晶は瑠羽と共にシベリアで旧西暦時代の遺跡発掘隊に参加することを「システム」に命じられ、発掘隊の隊長、ロマーシュカとともに成田空港に向かう。空港での道中、タクシーの車中にて、ロマーシュカと瑠羽は、「システム」の支配するこの世界の変革を目指していることを告げ、彼女等が向かうシベリアの遺跡にそのヒントがあるかも知れないと明かす。



(1)
 俺は「探検服」を着用した俺自身の姿をまじまじと見つめた。
 MAGIAがPPGによって相手の情動と行動パターンを照合して人間を識別するという話には一定の信憑性があるようには思えたが、それが露出過多な服を着なければならないという結論に繋がるのかどうか、俺にはよく分からない。ただ、俺が着せられたのが露出過多な服であったという事実があるだけだ。
 まず、俺の首からつま先、指先までをぴったりと覆う、透明なスーツがある。ただ、これを着ているだけでは俺は全裸と同じことだ。八歳の少女としての俺の身体がそのまま見えてしまう。その透明なスーツの上に、胸と腰を申し訳程度に覆うカーキ色のパーツが付随している。それらは、探検服という名目を保つ為なのか、たくさんの胸ポケットや、尻ポケットを付随させており、それなりに役に立ちそうではあった。
 そして、俺は探検服の一部として、バックパックを背負うことになった。そこにはMAGIがちょうど入る大きさであり、MAGIを入れることになっているらしかった。
「どうだい?」
 瑠羽が断りもせず俺の更衣室に入ってくる。俺は思わず胸と股間を隠すように手をやった。

「無職の俺が幼女に転生したがとんでもないディストピア世界で俺はもう終わりかも知れない:第4話」山口優(画・Julia)

(PDFバージョン:dysloli04_yamagutiyuu


<登場人物紹介>
●栗落花晶(つゆり・あきら)
 この物語の主人公。西暦二〇一七年生まれの男性。西暦二〇四五年に大学院を卒業したが一〇年間無職。西暦二〇五五年、トラックに轢かれ死亡。再生歴二〇五五年、八歳の少女として復活した。
●瑠羽世奈(るう・せな)
 栗落花晶を復活させた医師の女性。年齢は二〇代。奇矯な態度が目立つ。
●ロマーシュカ・リアプノヴァ
 栗落花晶と瑠羽世奈が新たに所属するシベリア遺跡探検隊の隊長。科学者。年齢はハイティーン。瑠羽と違い常識的な言動を行い、晶の境遇にも同情的な女性。

<これまでのあらすじ>
 西暦二〇五五年、コネクトーム(全脳神経接続情報)のバックアップ手続きを終えた直後にトラックに轢かれて死亡した栗落花晶は、再生歴二〇五五年に八歳の少女として復活を遂げる。晶は、再生を担当した医師・瑠羽に再生歴世界の真実を告げられる。西暦二〇五五年、晶がトラックに轢かれた直後、西暦文明は一度核戦争により滅んでしまい、その後、『システム』と呼ばれる世界規模の人工知能ネットワークだけが生き残り、文明を再興させたという。瑠羽の案内で、「仕事を与える」役所たるGILDに到着した晶は、「適切な職業」をGILDのコンピュータに判断された。結果は「フリーター」。激怒する晶だったが、瑠羽に暴力を振るうと矯正施設に入れられると諭され、何とか怒りを抑え込む。その後、晶はシベリアで旧西暦時代の遺跡発掘隊に参加することを「システム」に命じられ、発掘隊の隊長、ロマーシュカと対面する。


(1)
 ロマーシュカ、俺、瑠羽の三人は、再びタクシーに乗っていた。目指すは成田空港。俺達を含む探検隊をシベリアまで運ぶ輸送機が待っているという。
「世界じゅうで西暦時代の遺跡の発掘は続けられていますが、その殆どは、MAGIの手で行われています。人間が関与することは稀ですね」
 ロマーシュカが説明をしている。何しろ、俺も瑠羽も、今日遺跡発掘隊のメンバーになることを知らされたばかりだ。その説明も必要だろう。
「どういう場合に人間が関わることになるんだ? というより、この世界でも、かつての西暦でも、MAGIが全てをこなしてしまう。人間にできることで、MAGIにできないことはどんどん少なくなっている」
「仰る通りですわ。ただ、MAGIにできないことというのは、あります。これは、西暦の時代にもそうだったかと思いますが」
「それは?」
「価値観を自ら生み出すことです」

「無職の俺が幼女に転生したがとんでもないディストピア世界で俺はもう終わりかも知れない:第3話」山口優(画・Julia)

(PDFバージョン:dysloli03_yamagutiyuu


<登場人物紹介>
● 栗落花晶(つゆり・あきら)
 この物語の主人公。西暦二〇一七年生まれの男性。西暦二〇四五年に大学院を卒業したが一〇年間無職。西暦二〇五六年、トラックに轢かれ死亡。再生歴二〇五六年、八歳の少女として復活した。
● 瑠羽世奈(るう・せな)
 栗落花晶を復活させた医師の女性。年齢は二〇代。奇矯な態度が目立つ。

<これまでのあらすじ>
 西暦二〇五六年、コネクトーム(全脳神経接続情報)のバックアップ手続きを終えた直後にトラックに轢かれて死亡した栗落花晶は、再生歴二〇五六年に八歳の少女として復活を遂げる。晶は、再生を担当した医師・瑠羽に再生歴世界の真実を告げられる。西暦二〇五六年、晶がトラックに轢かれた直後、西暦文明は一度核戦争により滅んでしまい、その後、『システム』と呼ばれる世界規模の人工知能ネットワークだけが生き残り、文明を再興させたという。留卯の案内で、「仕事を与える」役所たるGILDに到着した晶は、「適切な職業」をGILDのコンピュータに判断させるため、身体をスキャンする必要があると言われ、服をぬぐのだった。


(1)
「適性判定が出ました」
 ブースの奥で、全裸のままくまなくスキャンされた後、再び服を着てディスプレイの前に戻ると、女性がにこにこして待っていた。
「判定:適性職業(ジョブ)はフリーター」
 女性は言う。
「フリーター?」
 転生前と同じじゃないか……。
 俺は愕然として女性を見つめた。
「なあ、俺は小学二年生のはずだろ……? 小学校とか、通わなくていいのかよ?」

「無職の俺が幼女に転生したがとんでもないディストピア世界で俺はもう終わりかも知れない:第2話」山口優(画・Julia)

(PDFバージョン:dysloli02_yamagutiyuu


<登場人物紹介>
● 栗落花晶(つゆり・あきら)
 この物語の主人公。西暦二〇一七年生まれの男性。西暦二〇四五年に大学院を卒業したが一〇年間無職。西暦二〇五六年、トラックに轢かれ死亡。再生歴二〇五六年、八歳の少女として復活した。

● 瑠羽世奈(るう・せな)
 栗落花晶を復活させた医師の女性。年齢は二〇代。奇矯な態度が目立つ。

<これまでのあらすじ>
 西暦二〇五六年、コネクトーム(全脳神経接続情報)のバックアップ手続きを終えた直後にトラックに轢かれて死亡した栗落花晶は、再生歴二〇五六年に八歳の少女として復活を遂げる。晶は、再生を担当した医師・瑠羽に再生歴世界の真実を告げられる。西暦二〇五六年、晶がトラックに轢かれた直後、西暦文明は一度核戦争により滅んでしまい、その後、『システム』と呼ばれる世界規模の人工知能ネットワークだけが生き残り、文明を再興させたという。


(1)
 瑠羽は俺の反応を興味深げに観察しているようで、腕を組んだまま、横目で俺の表情を盗み見ている。
「そんなことが信じられるか! この世界はどう見ても……俺の知っている東京だ! 夢島区だ!」
 そのとおりだ。アスファルトの道路、行き交う自動運転車、道を行く人々――。その光景は、どう見ても二一世紀の東京にしか見えない。
「ああ……そうかい……じゃあ、あれを見てみるんだな」

「無職の俺が幼女に転生したがとんでもないディストピア世界で俺はもう終わりかも知れない:第一話」山口優(画・Julia)

(PDFバージョン:dysloli01_yamagutiyuu


(1)
 栗花落(つゆり)晶(あきら)という自分の名前には特に愛着はない。
 だから、病院の受付のAIがその名を呼んだときにも、俺は「あ、はい」と気のない返事しかできなかった。
 子供の頃はそうではなかったはずだ。もっと俺自身という存在を特別に思っていたはずだ。だが、俺の人生は俺にその特別感をずっと与え続けてはくれなかった。
 第二氷河期と呼ばれる就職難の時代に、俺は大学を卒業した。
 およそ西暦二〇四〇年代前半に起きたその時代は、AIの発展により産業構造の大幅な変換が起こり、俺達が大学で学んだことはほとんど全く企業には望まれず、俺は何度も何度も俺のES(Exploit Summary)データを多くの企業にはねられ続けた。大抵は単能力型AI(ASI、Artificial Specific Intelligence)にはねられ、総合AI(AGI、Artificial General Intelligence)の審査までいったものすら少数だった。
 たぶん、俺のESを見た人間はいないのだろう。
「栗花落さーん、順番です」
 その声に、俺はのそのそと立ち上がり、受付に向かった。