タグ: 吉川良太郎

「おかえりヴェンデッタ」吉川良太郎

(紹介文PDFバージョン:okaerivenndettashoukai_okawadaakira
 吉川良太郎の『エクリプス・フェイズ』小説「おかえりヴェンデッタ」をお届けしたい。

 吉川良太郎といえば、21世紀日本におけるポスト・サイバーパンクのメイン・プレイヤーの一人として知られている。映画『マトリックス』の熱気がやまず、批評誌「ユリイカ」でニール・スティーヴンスン特集が組まれた頃……吉川は『ペロー・ザ・キャット全仕事』で華々しくデビューした。
 大学院で悪の思想家ジョルジュ・バタイユの哲学を研究していた吉川は、美意識に裏打ちされたゴシック・ノワールの素養をふんだんに活かし、『ボーイソプラノ』や『シガレット・ヴァルキリー』など、近未来フランスの架空の暗黒街での蠱惑的なアクションに満ちたサイバーパンクを次々に世に問うていく。その背景には、ジョージ・アレック・エフィンジャー『重力が衰えるとき』の多大な影響がうかがえる。
 その吉川が満を持して『エクリプス・フェイズ』とコラボレートしたのが、この「おかえりヴェンデッタ」だ。火星の酒場で古いシャンソンが流れる冒頭から、両者の相性がぴったりだということが伝わってくる。〈大破壊〉前の芸能人を模した義体など、いかにもありそうな話だし、語り手と「少年」との時間を超えた対話は……。例えば、世代を超えた壮大なストーリーで知られる『ドラゴンクエストV』を連想させる深みがある。また、少年の背景については『シガレット・ヴァルキリー』のシモーヌにも通じるかもしれない。
 そ し て 、 バ タ イ ユ に 学 ん だ 「 低 い 唯 物 論 」 の美学が存分に発揮されている。リーダビリティの高い作品なので、これまで『エクリプス・フェイズ』を知らなかった読者の方も、ぜひとも手にとっていただきたい。

 吉川は、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に脚本協力として関わり、またコミック『解剖医ハンター』の原作をつとめるなど、映像方面でも活動の幅を広げている。最近では『SF JACK』に収められた「黒猫ラ・モールの歴史観と意見」が好評を集めた。(岡和田晃)



(PDFバージョン:okaerivenndetta_yosikawaryoutarou
《海で死んだ人たちは、みんなカモメになるのです――》

 ラジオがシャリシャリとノイズの入る古いシャンソンを歌う。
 歌いながら、針みたいなピンヒールで滑らかにフロアを移動して、おれたちのテーブルへコーヒーのお代わりを運んでくるのを、向かいに座った少年はポカンと半口を開けて見つめていた。
 蜂蜜色の巻き毛と、蜂蜜のようにとろんとした目。誘うような半開きの唇と、特徴的な口元のほくろ。この店の制服はさして下品な趣味ではないが、ラジオそのものは万引きしたメロンを黒いベルベットのベストの下に突っ込んだようなスタイルをしている。マスターの趣味とは思えないから、中古か売れ残り処分品だろう。
「ミルクは御要り用ですか?」
 腰を曲げて給仕をすると、さらにデコルテ近辺が強調された。
「この子に。それより、もっと景気のいい音楽はないか?」
「相済みません。わたくしはジャズとシャンソンの専門チャンネルしか持っておりませんもので」
「……知ってるよ。聞いてみただけだ」
 ラジオは済まなそうに微笑んで、タイトミニから伸びた長い脚で優雅に歩み去った。

「バタイユ・クトゥルー・ロックンロール」吉川良太郎

(PDFバージョン:bataiyukuturu_yosikawaryoutarou

「Eye Baloon」(The Museum of Modern Art, New York)
オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840-1916)


 えー。今回はジョルジュ・バタイユの話をします。
と言ったところで「お、ついにバタイユの話か!」と喜ぶ人がどれだけいるのかと書き始めてから思い至り、もう三行目でなにやってんのぼくはとまたしても自問せざるを得ないのですが。しかもそれを問うとバタイユ研究に費やしたぼくの青春が全否定されてじっと手を見てしまうのですが(あ、生命線も短いよ!)
しかし「知らないことを知りたい」という知的好奇心、これこそ現代の読書界から、特に若者の読書体験から失われて久しいものではないのか。

「日乗グルメ編」吉川良太郎

(PDFバージョン:nitijyougurume_yosikawaryoutarou
 えー。今回は過去にミクシィ(公開はマイミク限定)で書いた日記から抜粋でございます。
 急な来客に冷蔵庫にあるもので一品こしらえるのが主婦の腕の見せ所。心に移りゆくよしなしごとをそこはかとなく書き散らした日記を寄せ集めてゼリー寄せなどにすると夏向きのオードブルに最適ですよ。どうやって!
 白状すればコラムの御依頼をいただいてなんも書くことがないんだが、ありものでお茶を濁そうという。料理に例えて書きだしたので、じゃあ食べ物関係の話でまとめてみよう。あと順序は適当なので季節感バラバラです。バラバラのバラはバラエティのバラだ。
「普段どんなものを食べているか言ってみたまえ。きみがどんな人間か当てて見せよう」(サヴァラン)
 ぼくは普段こんなことばかり考えてます。

「いいメロス」吉川良太郎

(PDFバージョン:iimerosu_yosikawaryoutarou
 心の赴くままに諸々のテーマを書き散らしては途中で放り投げる。
という投げっぱなしジャーマンなこのコラムは実は確信犯的なスタイルで、あえて途中で終わることで、読者の皆様に続きはどうなるのだろうといつまでもワクワクしていただこう、なんなら自由に続きを考えていただければという、あれです、小泉八雲が『怪談』でやってたテクニックですね、そして昨今の若者において著しく衰退しているという「想像力」を賦活し、ひいては日本SFの興隆に資するという深謀遠慮? そう深謀遠慮(考えながら書くなよ)にもとづく遠大な計画の第一歩なのですよ!
 という屁理屈をヘンリさんに「ダメです」と一刀両断されて今これ書いてます。
 しかしあの続きは、続きはどうなったの! という読者の要望でもあれば別ですが特になんもないので、やはりこのあらかじめ失われた未完成コラムは続くのであった。


 学生時代、国文科に籍を置くXという友人がいた。
 Xというのはもちろんイニシャルではない。ていうかイニシャルがXってフランシスコ・ザビエルかプロフェッサーX(本名チャールズ・エグゼビア。これもザビエルの英語読みですな)くらいしか思いつかないんだが。まあそれはいいんだ。
 このXは現在、塾で小中学生に国語を教えている。
 で、ある日ひさしぶりにXと電話で話していたら、こんな話が出た。
「今の子供は『走れメロス』に感動しないんだよ。それより、なんでメロスはこんなにすぐキレるのって」

「パップラドンカルメのうわさ」吉川良太郎

(PDFバージョン:papparadonnkarume_yosikawaryoutarou
 あらかじめ失われ、永遠に出会えない幻の美味がある。
 ボードレールにシャンソンを囁いた酒瓶の妖精、プルーストの思い出を呼び起こす紅茶に浸したマドレーヌ、スタンリー・エリンのレストランでふるまわれる特別料理、ポー秘蔵のアモンティラード、チバ・シティでさらりまんがかっこむ牛丼とワカメのみそ汁、永遠の虚空に増え続ける栗饅頭、ゴンとドテチンが食らうマンモスの肉……

 ……気取った書き出しで始めたものの、どんどん庶民的な味に近づいていくのはぼくが庶民だからですが。マンモスの肉は庶民的なのか。それはともかく。
「フィクションに出てくる料理で一番うまいものはなにか?」
 というテーマは誰しも一度は考えたことがあるだろう。

「中二UMAは実在した! 2年C組放課後の教室に謎の少女を追え!」吉川良太郎

(PDFバージョン:chuu2UMAhajituzaisita_yosikawaryoutarou

「巨大怪蛇ナーク! タイ秘境底なし沼に恐怖の魔人は実在した!」
「謎の猿人バーゴンは実在した! パラワン島奥地絶壁洞窟に黒い野人を追え!」
「ワニか怪魚か!? 原始恐竜魚ガーギラスをメキシコ南部ユカタン半島奥地に追え!」


「声に出して読みたい日本語」と言えばまず筆頭に挙げるべきは
「『水曜スペシャル』川口浩探検隊のサブタイトル。全部」
 といえば同年代の男子諸君は今モニターの前で深くうなずいてくれていることだろう。うなずくよね。少なくともぼくはうなずくから続けるが。
 この闇雲なテンション。ワールドワイドなインチキ臭さ。「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」とスポンサー日本ハムのCMコピーと見事なマリアージュを果たした冒険のロマンチシズム。今にして思えば子供だましな企画なんだが、こっちは本当に子供だったのでコロっと騙されたものだった。

「ドラキュラ馬鹿一代」吉川良太郎

(PDFバージョン:dorakyurabakaitidai_yosikawaryoutarou
 世に「ドラキュラ馬鹿一代」といえばルーマニア出身の俳優ベラ・ルゴシ(1882~1956)のことですが。いやたぶんぼくしか言ってないと思うが。そもそもこんなところにこんな話を書いて「ルゴシキター!」とか喜ぶ人がどれだけいるのかと三行目で思い至りなにやってんのぼくはと自問せざるを得ずじっと手を見ております(あ、頭脳線が短いよ!)
 えー。なんといいましょうか。ヘンリさんからコラムの御依頼を受けたんですが、実はあんまりSFの素養がない人間なので(実は、でもないか)前回は一応ぼくのホームであるところのフランス文学にからめた話でお茶を濁したものの、二度目となるとなにを書いたものやらこまってしまいまして。急な来客でなにも準備がないんだけど、そんな時は家にあるものを工夫して何か一品つくるのが主婦の腕の見せ所なのよ、と思って冷蔵庫を開けたら納豆とブルーチーズしかなかった。そんな心象風景。
 いいんだよ! 明日も明後日も使えないムダ知識の墓場、それがオレのコラムだ! と叫んでみてもまるで怪獣墓場のシーボーズの鳴き声のよう。

「昔は作品より作家の人生の方が面白かった」吉川良太郎

(PDFバージョン:mukasihasakuhinnyori_yosikawaryoutarou
「昔は作品より作家の人生の方が面白かった。今じゃどっちもつまらん」(C・ブコウスキー『パルプ』)

 昔、サドという男がいた。
 ドナチアン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド侯爵。一八世紀フランスの名門貴族にして作家、といえば先祖代々の財産で優雅に生活し働かなくていいもんだからヒマもてあまして手すさびに小説でも書いてみようかしら執事よ口述筆記の用意をウィムッシュウ、という大変にうらやましい大変にうらやましい境遇を想像するが(本当にうらやましいので二度言いました)実際は放蕩生活の廉で人生の大半を牢獄か牢獄に等しい精神病院で過ごし、しかしその虜囚生活の中で書いて書いて書きまくった膨大かつ過激なポルノ小説が二十一世紀の現在まで読み継がれ、孤高の思想家と讃えられ、さらにはその名に由来する一般名詞までできたという作家である。

ヨシカワ リョウタロウ

吉川良太郎(よしかわ りょうたろう)
1976年生。新潟県出身。中央大学大学院仏文科博士前期課程修了(専攻はバタイユと二十世紀文学)
『ペロー・ザ・キャット全仕事』で第二回日本SF新人賞を受賞しデビュー。
ペンネームではなく本名であり「猫なら大吉、人間だと大凶」の画数。
好きな作家は澁澤龍彦、中井英夫、諸星大二郎、エフィンジャー、ギブスン。
妬ましい作家は澁澤龍彦、中井英夫、諸星大二郎、エフィンジャー、ギブスン。
近年の活動は映画『エヴァンゲリオン新劇場版』(脚本協力)、マンガ『解剖医ハンター』(原作)等。