タグ: 坂本康宏

「コール・ミー・メイビー Call me maybe」坂本康宏

 固定電話の九十九神、本体のベエスと受話器のコヲル。つながらぬ電話を亡父にかけ続ける少女・祈里を10年間見守り続け、彼らがジャングリラへの夢を捨ててまで決断した掟破りの選択とは?
 オリジナルのファンタジー&ホラー作品を配信する電子絵ものがたり「九十九神曼荼羅(つくもがみまんだら)シリーズ」。

「小学館eBooks」のページは こちら


電子総合文藝誌『月刊アレ!』 Vol.18

(文責:片理誠)

『月刊アレ!』 Vol.18

 電子総合文藝誌『月刊アレ!』の2013年2月号は 【日本SF作家クラブ50周年記念小説特集】 と銘打たれたSF大特集となっております。

 巻頭対談のゲストとして瀬名秀明さんが登場され、『大空のドロテ』の創作秘話やSFに対する思いを語られている他、日本SF新人賞や小松左京賞の出身者(13名)が「消失!」を共通のテーマに設定して短編SFの競作にチャレンジしております! 各人各様、13通りの「消失SF」の妙味をご堪能くださいませ!

サカモト ヤスヒロ

坂本康宏(さかもと やすひろ)
1968年生まれ。愛媛県出身。
『〇〇式歩兵型戦闘車両』で第三回日本SF新人賞佳作を受賞。
2002年同作品(『歩兵型戦闘車両ダブルオー』に改題)にてデビュー。

「ほんとうの敵」坂本康宏

(PDFバージョン:honntounoteki_sakamotoyasuhiro
 最近、いじめによる自殺事件が問題になっているせいだろうか。
芸能人や著名人の『いじめられっ子だった』というカミングアウトが目につく。もちろん、程度の差を問わなければ、ほとんどの人にいじめられた体験はあるだろう。しかし、僕にはどうも程度の差をひとくくりにして過大申告し、好感度をあげる一手法としているように感じられてならない。
 芸能界には、いじめられっ子しかいないわけではあるまい。『体が大きかったからいじめられた』などといういじめが本当に深刻なものだったのか、首をかしげざるを得ない。
 そういう人のコラムを読んでいると『いじめは必ずなくせる』などというキレイ事を声高に叫んでいる人が多いが、そんなこと、事実上不可能であることは、みんななんとなくわかっているはずだ。
 周囲を見渡してみると、動物の世界にだっていじめは存在している。ただ、それをひとくくりにして、生存競争とか弱肉強食という言葉に置き換えているだけだ。