タグ: 天瀬裕康

【小松左京氏追悼エッセイ】「広島から巨大過ぎた人へ」天瀬裕康

(PDFバージョン:hirosimakarakyodaisugitahitohe_amasehiroyasu
 無限の探索に旅立たれた小松左京さん――。
 生年は同じでも、大兄は1931年1月の早生まれなので、11月生まれの私は学年でいえば一年下ですが、同年扱いで広島のことを念頭において話しかけて下さったのは、まことに有難いことでした。
 本名(渡辺晋)のほうが馴染み深いかとも思いますが、筆名(天瀬裕康)で入会していますので、二足の草鞋の天瀬からの、転居歓送の言葉としてお受け取り下さい。

 小松左京というお名前を初めて目にしたのは、『S・Fマガジン』19号(1961年8月号)の空想科学小説コンテスト結果発表に、大兄の「地には平和を」が努力賞として紹介されたときでしたが、この作品は『宇宙塵』63号(1963年1月)に掲載され、第50回直木賞候補となったのですね。
 このデビュー作が私の胸を打ったのは、ほぼ同じ世代の河野康夫という黒桜隊の少年の存在だと思ったのですが、読後、彼を巻き込んだ本土決戦は時空を操作する者の作りだした虚構の世界だったことが分かり、並の作家には見られぬ巨大な小説空間を感じたものです。

アマセ ヒロヤス

天瀬裕康(あませ ひろやす)
1931年11月24日、広島県呉市生まれ。本名は渡辺晋(すすむ)。
 61年3月 岡山大学大学院医学研究科卒業、医学博士
 64年渡辺晋名義で『宇宙塵』入会。68年6月、瀬戸内海SF同好会「イマジニア」創刊。69年8月、日本SFファンダム賞受賞。70年10月 「ホモ・モンストローズス万歳!」で『SFマガジン』にデビュー。71年3月~72年9月、『SFマガジン』に「空想不死術入門」を連載。
 82年7月 現在地に渡辺医院開設
 88年4月 天瀬裕康名義で短編集『停まれ、悪夢の明日』(近代文芸社)刊行。以後、天瀬を常用、原爆文学関係の仕事に従事。
 現在、日本ペンクラブ会員。

小松左京さんを偲んで(寄せ書き)

(PDFバージョン:komatusakyousannwosinonnde
 本サイト「SF Prologue Wave」は、この度の小松左京さんの訃報に接し、SFにも、また日本SF作家クラブにも、多大なご貢献のあった氏に敬意を表し、ここに小松左京氏の追悼企画として、天国の小松さんへ会員有志による『寄せ書き』を捧げます。
 ただし、ここにあるものが全てではありません。『追悼エッセイ』としてご寄稿いただいた方もおられます。また、氏の訃報は我々会員にとって衝撃であり、「ショックで、今はまだ何も書けません」と申される方が多数おられたことも、ここに付け加えさせて頂きます。
 小松左京さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。(「SF Prologue Wave」編集部一同)