タグ: 寮美千子

「ゆうやけ」東條慎生(画・寮美千子)


(PDFバージョン:yuuyake_toujyousinnsei

 石けりあそびにあきたとき、きがつけば、ボクはどこにいるのか、わかりません。
 石けりあそびにむちゅうになって、しらないばしょに、きてしまったようです。
 空がオレンジ色になっていました。そろそろ、かえるじかんです。
 けれども、道がわかりません。
 道をききたくても、だれもいません。
 かべばっかりで、せまい道が、まっすぐ、まっすぐ、つづいています。
 むこうから、人のこえがしています。
 道をあるいていくと、だんだん人のこえが、大きくなってきました。

リョウ ミチコ


寮美千子(りょう・みちこ)
1955年、東京生まれ。1986年、幼年童話で毎日童話新人賞受賞。2005年、長編小説で泉鏡花文学賞受賞。2006年、首都圏を離れて奈良に移住。童話から小説、絵本など幅広く活躍。自らが挿画を手がけた作品に『星の魚―Memories of the galaxy』(2002年) がある。