タグ: 小山由美

「【伊藤計劃ライフヒストリー】(第3回)」小山由美

 ライターの小山由美氏が「ちいき新聞」に寄稿した記事をアーカイビングする企画、第3回では、伊藤計劃会員のお部屋と本棚を写真付きでご紹介します(ご遺族の許可はいただいています)。もとの原稿では紙幅の都合で部屋・書棚の写真は1枚しか掲載できませんでしたが、今回は5枚まるまる掲載いたします。私自身、伊藤計劃『The Indifference Engine』(ハヤカワ文庫JA、2012年)に解説を寄せる際には、ご遺族の許可を得てお部屋と本棚を取材させていただいたのを思い出しました。(岡和田晃)


(PDFバージョン:itoukeikakulh3_koyamayumi
<SF作家・伊藤計劃 本棚から垣間見るその横顔>

 作家として活動したのはたった2年であった。34歳の若さで病に倒れ、才能を惜しまれながらこの世を去った伊藤計劃さん。その足跡を求めて、彼が幼少から晩年まで過ごした八千代市内の自宅を訪ねた。

●時間の止まった部屋に残る息づかい

 窓以外のほとんどが本で埋まる六畳間。本の奥は二重三重にさらなる本が収納され、本棚の各段は重みで歪んでいた。



「お年玉をもらうと即本屋へ、という子どもでした。トイレにもお風呂にも本、食べていても歩いていても手から本が離れない。お蔭で電信柱にぶつかることもたびたびでした」。母の和恵さんは当時を思い起こすように微笑んだ。

「【伊藤計劃ライフヒストリー】(第2回)」小山由美

 ライターの小山由美氏が「ちいき新聞」に寄稿なさった伊藤計劃会員に関する記事を、資料としてSF Prologue Waveにアーカイビングさせていただく試み、その第2回となります。『屍者の帝国』の受賞は、地元へどのように報道されたのでしょうか。(岡和田晃)


(PDFバージョン:itoukeikakulh2_koyamayumi
<没後も衰えぬ筆と、意志を継ぐ人々の支え 日本SF大賞特別賞受賞 故・伊藤計劃さん(八千代市出身)>

 3月1日、都内で行われた徳間文芸賞贈賞式にて、伊藤計劃・円城塔による共著「屍者の帝国」が第33回日本SF大賞特別賞を受賞した。伊藤さんが没して4年。彼が遺した足跡に、また大きな証(あかし)が刻まれた。

 東京生まれの伊藤さんはぜんそく治療のため、3歳から八千代市民に。学齢期は漫画少年、大学卒業後はマスコミ関係の仕事に励む。しかし若くしてがんを発病。以来入退院を繰り返しながら膨大な量の映画鑑賞、読書、そして映画やゲームの評論家としても活躍した。
 2007年、SF長編小説「虐殺器官」で作家デビュー。2009年、肺がんのため逝去。衰弱と戦いながらベッドで書き上げた「ハーモニー」は没後、故人として初めて日本SF大賞を受賞したほか、日本人初の快挙となるアメリカのフィリップ・K・ディック記念特別賞にも選ばれた。

コヤマ ユミ


小山由美(こやま・ゆみ)

 1972年静岡県大仁町(現・伊豆の国市)生まれ、千葉県習志野市在住。日本大学芸術学部卒。ライター。共著に『子どもとでかける千葉あそび場ガイド』『千葉タダで楽しむ子連れおでかけガイド』『お母さん次第でぐんぐん伸びる長女の育て方』(共にメイツ出版)。地域情報紙『ちいき新聞』(55版204万部)に連載エッセイ、取材記事を寄稿。『森沢明夫インタビュー』にて金のペンシル杯優秀賞受賞。船橋市公式観光PRドラマ『船橋市役所特案係』シリーズ制作に参加。

「【伊藤計劃ライフヒストリー】(第1回)」小山由美

 ライターの小山由美氏は、SFプロパー向けの媒体とは別の場所(地域新聞社の発行物)で、伊藤計劃会員の仕事を紹介してこられました。これらのお仕事は、作家のライフヒストリーに焦点を当てた貴重な資料ということから、「SF Prologue Wave」への転載をご快諾いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。(岡和田晃)


(PDFバージョン:itoukeikakulh1_koyamayumi
<米SF小説特別賞受賞 日本人初の快挙 八千代市の故・伊藤計劃さん>

 2009年3月、多くのファンに惜しまれながら、SF作家の伊藤計劃さんは肺がんのためこの世を去った。34歳だった。
 彼の最後の長編『ハーモニー』は国内外で高く評価され、故人として初めて日本SF大賞を受賞。そして今年、アメリカのフィリップ・K・ディック記念特別賞を受賞した。海外で日本のSF小説が賞を受けるのは初めてのことだ。
 伊藤さんは東京で生まれ、ぜんそく治療のため3歳の時に八千代市勝田台へ。そのころよく利用した路線の駅名をすべて漢字で読み書きし、周りの大人を驚かせたという。
 地元の幼稚園から小・中学校へと進んだ伊藤さんは本を好み、勉強より漫画を描くことに熱中するような少年に成長した。