タグ: 山野浩一

「自殺の翌日」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:jisatunoyokujitushoukai_okawadaakira
〈山野浩一未収録小説集〉
 前回は原稿用紙四十八枚の中編「死滅世代」をお目にかけましたが、いかがでしたでしょうか。
 今回はうって変わって、ショートショートをお届けしたいと思います。こちらから読むのもいいですね。
 今回お届けする山野浩一氏の単行本未収録小説集は、「話の特集」(話の特集)一九七三年三月号に掲載された「自殺の翌日」をお届けします。プラトンの対話篇を皮肉ったような話の運び、切り詰められたロジック、全開のブラックユーモアが冴えていますね。
 面白いのは、この作品が「話の特集」当該号の表紙下部に全文が収まるようにレイアウトされていたことです。そのため、改行は完全に省略されています。
 山野浩一氏ご自身も、こうしたショートショートには愛着があった模様。「ピース、ホープ、ハイライト、セブンスター、いこいなど」が『鳥はいまどこを飛ぶか』(ハヤカワ文庫JA)に収められています。
 ちなみに翌「話の特集」一九七三年四月号には、小松左京のショートショート「オーバー・ラン」が掲載されており、レイアウトは若干異なるものの、これも表紙に全文が収められていました。
 ただし採録にあたっては、読者の便宜を考え、適宜改行を加えました。
 参考までに、表紙の画像をご覧ください(私の手元にあるものなので白黒コピーですが、表紙は本来フルカラーでした)。
 「話の特集」というユニークな雑誌とその文化圏については、矢崎泰久『「話の特集」と仲間たち』(新潮社)に詳しく、あわせて是非ご確認を。
 「SF Prologue Wave」採録にあたって、文字起こし、企画・監修ともに岡和田晃が担当しました。(岡和田晃)



(PDFバージョン:jisatunoyokujitu_yamanokouiti
「なぜあなたは自殺したのかね?」
「自殺なんかしていません。ごらんのように生きています」
「では昨夜このビルから飛び降りたのはあなたではないのかね」
「もちろんです。私は飛び降りていません」
「だが自殺死体があなたのものであることは、肉体的特徴と数人の証言によって証明されている」
「でも自殺した人間がこうして生きているはずはないでしょう」

ヤマノ コウイチ

山野浩一(やまの・こういち)

 1939年大阪生まれ。関西学院大学在学中の1960年に映画「デルタ」を監督。1964年に戯曲「受付の靴下」と小説「X電車で行こう」でデビュー。「日本読書新聞」のSF時評をはじめ、SF評論の仕事も多数ある。1970年に「NW-SF」誌を立ち上げ、日本にニューウェーヴSFを本格的に紹介。1978年からサンリオSF文庫の監修をつとめる。また、競馬評論の仕事も多数ある。近年の仕事に、『山野浩一傑作選Ⅰ 鳥はいまどこを飛ぶか』、『山野浩一傑作選Ⅱ 殺人者の空』(いずれも創元SF文庫)、『リスクの誘惑』(共著、慶應義塾大学出版会)、「地獄八景」(『NOVA10』河出文庫)、『J・G・バラード短編全集3』解説(東京創元社)ほか。

「死滅世代」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:simetusedaishoukai_okawadaakira
〈山野浩一未収録小説集〉
 すでに山野浩一氏が「山野浩一WORKS」(ブログ)やFacebookで発表していることですが、現在、氏は癌で闘病中です。私はここ数年、『山野浩一評論集(仮題)』を編集しており、氏の原稿の収集につとめているのですが、その過程において、これまで単行本や文庫本に収録されていない中・短編小説・ショートショートを発見してきました。
 そこで、恢復祈願を兼ね、〈山野浩一未収録小説集〉と題し、作者の許諾を得たうえで「SF Prologue Wave」にて単行本未収録の小説を紹介していきたいと思います。
 これを機に、山野浩一氏の仕事を、読み直していただけましたら幸いです。なお、作品の歴史的な意義を尊重し、明らかな誤記・誤植を除いて、初出の表現をそのまま踏襲しております。

 最初にお届けする単行本未収録小説は、「死滅世代」。これは「小説推理」(双葉社)一九七三年七月号に掲載された、四百字詰め原稿用紙換算で四十八枚ほどの作品。山野浩一氏曰く、数少ない未来宇宙小説でストーリーテラーな作品ではあるが、非常に陰鬱なトーンが貫かれているがため、単行本に収録しようとすると編集者に必ずはじかれた、とのこと。
 山野氏には、むしろ今の読者に読んでほしいとの期待があり、そのため最初の採録となりました。いま読むと、伊藤計劃『虐殺器官』のような“救いのない”作品が広く受け入れられる現代の「世界内戦」を先取りしていますし、何より「死滅世代」の翌年に発表された「殺人者の空」(初出:「SFマガジン」一九七四年二月号、『山野浩一傑作集Ⅱ 殺人者の空』創元SF文庫所収)に共通するモチーフが散見されます。いわゆるSFの保守本流たるスタイルに挑んだ「開放時間」(「宇宙塵」一九六六年四~六月号、『山野浩一傑作集Ⅱ 殺人者の空』所収)と読み比べるのも一興でしょう。
 「SF Prologue Wave」採録にあたって、「死滅世代」の文字起こしは柳剛麻澄、企画・監修は岡和田晃が担当しました。

 その他、新刊で読める山野氏の小説としては、「X電車で行こう」が『日本SF全集1 1957~1971』(出版芸術社)に、「地獄八景」が『NOVA10 書き下ろし日本SFコレクション』(河出文庫)に、「メシメリ街道」が『日本SF短編50 2』(ハヤカワ文庫JA)および『70年代日本SFベスト集成2 1972年度版』(ちくま文庫)に、「戦場からの電話」が『あしたは戦争 巨匠たちの想像力[戦時体制]』(ちくま文庫)に、「革命狂詩曲」が『暴走する正義 巨匠たちの想像力[管理社会]』(ちくま文庫)に、それぞれ収録されています。
 『山野浩一傑作選Ⅰ 鳥はいまどこを飛ぶか』、『山野浩一傑作選Ⅱ 殺人者の空』(いずれも創元SF文庫)は流通在庫のみのようですが、電子書籍では普通に入手することが可能です。(岡和田晃)




(PDFバージョン:simetusedai_yamanokouiti
 ハイスクールの卒業パーティで一人の女学生が殺された。白いテーブルクロスの上に酒瓶や料理とともに彼女の全裸の死体が並べられ、多くの生徒が次々ナイフやフォークを乳房や眼に突き刺していった。僅かな生命の名残りを思わせる鮮やかな血がテーブルクロスを赤く彩色していった。
 彼女の名はトシ子。私の恋人だった。
 私はホールの片隅でその光景を別世界の出来事のように眺めていた。なぜかその時、国連士官学校への入学試験に対する自信がわいてくるのを感じていた。
 警察では私が見ていた時以上に正確に事件を話すことができた。不思議にナイフを突き刺していった生徒たちの名まで覚えており、トシ子が私から離れてテーブルに近づいた一瞬、横山という生徒が「やろうぜ!」と叫んでナイフを突き刺し、すぐに彼を追って二人の生徒が首を締めながら衣服を脱がし始めた時までの数秒間は私の脳裏に極めて正確な映像となって残されていた。トシ子はその間、声をたてず、僅かに眼を見開いただけで驚きを表現した。生徒たちは興奮し、コップを床に投げつけたり、ナイフやフォークを何本も集めてまわったり、マリファナタバコを一気に吸い込んだりしてその事件に仲間入りしようと急いでいた。
 刑事はいった。
「なぜすぐにとめようとしなかったのかね?」
「とめるって? 彼女はもう死んでいたのです」
「いや、殺されたのは一瞬で仕方ないとしても、その後生徒たちが次々刺していくのをとめることはできただろう?」
「でも、なぜとめるんです? 死んでしまっているのに」
 私はいった。刑事は納得できないというように首を振った。だが私は刑事の気持を尊重する気持にはなれず、帰宅したいという意志を表明するために立ち上がった。
「君は彼女を愛してなかったのかね?」