タグ: 山野浩一

「同窓会X」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:dousoukaixshoukai_okawadaakira
 好評〈山野浩一未収録小説集〉の第六回は、「箱の中のX」、「X塔」に続く完結編「同窓会X」です。
 「月刊タウン」3号(アサヒ芸能出版、一九六七年三月号)に掲載されました。この号は、山野浩一さんのお手元に残っていたため、蒐集することができたものです。
 〈山野浩一未収録小説集〉に収めた「自殺の翌日」にも共通するモチーフですが、「殺人者の空」は本作の変奏とも言えるかもしれませんね。
 この号で、「四百字のX」シリーズは一段落したようです。山野浩一さんの未収録小説は、まだまだ数があるのですが、次号をどうするかは検討中。ご意見・ご希望があれば、お寄せください。
 手前味噌で恐縮ですが、「SFマガジン」二〇一七年一〇月号には私の追悼文「ニューウェーヴは終わらない」が載り、「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.72では、連載「山野浩一とその時代」が始まりました。
 また、「映画芸術」461号には、足立正生さんによる山野浩一さんの追悼文「強制送還された私の「社会復帰」に力を添えてくれた人」が載っています。新事実が沢山書かれており、お勧めできます。(岡和田晃)




(PDFバージョン:dousoukaix_yamanokouiti
 高校時代同級だったSが死んだと聞きましたので、葬式に出ました。古い友人たちに逢えてなかなか有意義な時間を過しました。帰りに一人になってから、ふと五年前にSが自殺したという話を聞いていたように思ったのです。しかし、むろん間違いでしょう。葬式があった以上Sはその前日まで生きていたはずです。そしてそのままそのことを忘れてしまいました。
 五年たちました。或る日新聞広告にSの死亡通知が出ていました。今度ばかりは同級生みんなが驚きました。さっそく出掛けていって確かめてみると、やはりSに間違いありません。

「X塔」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:xtoushoukai_okawadaakira
 好評〈山野浩一未収録小説集〉の第五回は、シリーズもの。前回掲載された「箱の中のX」に続く、「四百字のX」第二弾「X塔」です。
 もっとも、原稿用紙一枚で「X」について書くというテーマを引き継いでいるだけで、作品としては独立しています。これを読んで、前作も読んでみるという読み方でも問題ないかと。
 「月刊タウン」2号(アサヒ芸能出版、一九六七年二月号)が初出ですが、この号は、山野浩一さんのお手元にも残っておらず、探し出すのに苦労しました。古書店にも、創刊号はわりと出ているのですが、2号はなかなかなく、東京マガジンバンクも架蔵は1号のみ。わずかに大宅文庫で読めるのみです。
 そもそも「月刊タウン」って7号までしか出ておりませんでした。当時としては、豪華な「PLAYBOY」といった具合の革新的な紙面でしたが。
 増田まもるさんの説では、こうした山野浩一さんのショートショートは、J・G・バラード「下り坂カーレースにみたてたジョン・フィッツジェラルド・ケネディ暗殺事件」(『J・G・バラード短編全集4』、東京創元社、二〇一七年)のような「濃縮小説(コンデンスド・ノベル)」として読むべきではないか、ということですが、その通りだと思います。(岡和田晃)




(PDFバージョン:xtou_yamanokouiti
 奈良県橿原市の小さな山に埋れた小さな円柱の塔が発見された。鮮やかな純白の塔であるが、一体いつ何の目的で作られたものか判らない。更に判らないのはその塔を作っている素材だ。石でもなければ土でもなく、また金属でもない。奇妙なその塔は発見された日から少しずつ崩れていくのだ。

「箱の中のX」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:hakononakanoxshoukai_okawadaakira
 〈山野浩一未収録小説集〉の第四回目は、「月刊タウン」(アサヒ芸能社)の創刊号(一九六七年一月)に発表された「箱の中のX」です。
 写真をふんだんに設えた男性向けの情報誌で、「プレイボーイ」のようなアダルトな記事もあれば、ヴェトナム戦争の模様などもレポートされています。
 ここに掲載されたショートショートが、「箱の中のX」でした。二回目からは 「四百字のX」シリーズと銘打ち、「X塔」(二号、一九六七年二月)、「同窓会X」(三号、一九六七年三月)といった連載になっています。
 やはり目を惹くのは、手書きの見開きというレイアウトになっていることでしょう。

 原稿用紙一枚で何ができるか。
 興味深い挑戦で、こうした縛りでコンテストをやってみても面白いかもしれません。
 なお、コピーの際に中央の綴じ部分が読めなくなっているので、私が欄外に当該箇所を鉛筆で添えたものです。

 続報ですが、「数学SF 夢は全くひらかない」の初出が判明しました。川又千秋さんのニューウェーヴSF誌「N」の十一号(一九七一年四月頃、奥付がないので推定)でありました。
 もとは「プラネトイド」という名前でしたが、七号から「N」に改名し、十一号は「N」になってから五冊目。
 同じ号に大和田始さんの批評「造反無理・革命有罪」が掲載されています。

 なお、これにはちょっとしたこぼれ話がありまして……。
 岡和田が、まさにこの「造反無理・革命有罪」を調べている際、偶然、存在を知った原稿なのですね。それでコピーを山野浩一さんに送ったので、山野さんの遺品から出てくることになったわけですが、私はすっかりお渡ししたことを忘れてしまっておりました。でも、山野さんはちゃんと持っていてくださったのです。
 今になって、ようやく当時の様子が思い出されました。山野さんも、「数学SF 夢は全くひらかない」を書いた時期のことは、忘却の彼方にあったようでした。
 あまりにたくさんの資料を整理していたがためですが、お恥ずかしい限りです。

 ご協力いただいた、佐藤正明さん、林芳隆さん、三浦祐嗣さん、本間邦博さん、安田圭一さん、巽孝之さんに改めて感謝します。(岡和田晃)




(PDFバージョン:hakononakanox_yamanokouiti
 Kは会社にいる時も家へ帰ってからも、便所に入る時すら手放さない小さな箱を持っている。箱の中を誰にも見せず、尋ねると「Xが入っている」というのである。秘密にされるとよけい知りたくなるもので、会社の慰安旅行の時、同僚のMが眠っているKの枕元に忍び込んで箱の中を覗いてきた。ぼくはMに何が入っていたのかを聞いたが、彼も「Xだ」というのだ。いや、Mだけではない。よく注意してみるとラッシュの電車の中でも競馬のスタンドにも、小さな箱を大事そうに持っている人間はかなりいる。しかもぼくにはどうしても中身を見る機会が訪れなかった。いつか会社の中でも箱を持つ者がふえて、ぼくだけがとり残されていくように思える。遂にぼくはたまりかねて一番力の弱そうな男から無理に箱を奪い取り、そのまま便所の中に逃げ込んで中から鍵をかけた。そして、そっと箱を開いてみた。

「数学SF 夢は全くひらかない」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:yumehamattakuhirakanaishoukai_okawadaakira
 すでに、「朝日新聞」、「讀賣新聞」、共同通信、「日本経済新聞」、「東京中日スポーツ」等で訃報が流れたので、ご承知の方も多いと思いますが……残念ながら、二〇一七年七月二〇日、山野浩一氏は亡くなってしまいました。
 奇しくもこの日は、「SF Prologue Wave」で「自殺の翌日」が公開された日。日付が変わって更新を確認すると、すぐに山野浩一さんにお知らせしました。返事はありませんでしたが、「死滅世代」の反響には本当に喜んでいただけましたので、きっと(お気に入りの作品だった)「自殺の翌日」公開も確認されたものと信じています。「自殺の翌日」再掲が、山野浩一さんの生前最後のお仕事となってしまいました。

 「SF Prologue Wave」での〈山野浩一未収録作品集〉企画の今後についてですが、実は未収録作品は長短とりまぜ、少なく見積もっても二十五作品を超えた数があります。あまり湿っぽくなりすぎるのも山野浩一さんらしくないですので、ひとまず継続していき、そのお仕事を再評価する土壌を少しでも整えていければと思います。

 今回は、遺族のご依頼で私がお部屋の片付けを手伝ったときに発見した、ユニークなショートショート「数学SF 夢は全くひらかない」をお届けします。
 出典は不明なのですが(ご存知の方、お知らせください)、山野さんのお部屋から発見されたのはガリ版刷りのコピーでした。末尾に肩書として(筆者は宇宙塵同人)とあることから、SFファンジンの掲載作と思われます。
 「”話の特集”の「ピース・ホープ・ハイライト・セブンスター・いこい」につづいて懸賞小説第二弾」という記述を鑑みれば、おそらく一九七〇年頃の作品と推定されます。というのも「ピース・ホープ・ハイライト・セブンスター・いこい」は「話の特集」一九七〇年八月号に掲載された作品です。この号の「編集前記」には、山野浩一さんの顔写真と、「ショート・ショートの中から煙草の名前(日本専売公社発売のもの)を一番多く探し出した人10名に『NWSF(ママ)』誌を贈呈します。葉書にて話の特集編集部まで7月15日までにお寄せ下さい」とコメントが添えられていました。
 そう、ちょうど伝説の雑誌「NW-SF」が創刊された時期だったのです。「話の特集」同号の「編集メモ」には、「『NW-SF』誌(季刊・山野浩一単独編集)が創刊された。従来の空想科学小説としてのSFから自由な思考世界としてのSFへ脱皮しようとする意図によるもので、執筆者は山野浩一の他に種村季弘、平岡正明、河野典生、J・S(ママ)・バラード、相倉久人など。定価二〇〇円、送料50円、発行所は杉並区堀之内(編注:以下略)」と添えられていました。
 「数学SF」、「この作品の総和を求めよ!」という”読者への挑戦”がありますが……皆さん、おわかりになりましたか? 正解するとどんな賞品がもらえたのか、ちょっと気になってしまいますね。
 「SF Prologue Wave」の採録にあたって、企画・文字起こしは岡和田晃が担当しました。(岡和田晃)





(PDFバージョン:yumehamattakuhirakanai_yamanokouiti
 市がたつというので一番にやってきたのだが、位置を間違えたのか、いんちき情報にひっかかったのか遠い地のことで判らないが、いちに私の早合点があったようだ。いちいち捜してもいられない知人もいない血のつながった人間ももちろんだ。荷はどうにも重く、にこにこ笑ってもおれず、逃げだしてきただけに似顔絵などで人相がわれているやも知れず、日本中に身のおきどころのないおれには臭いすら気ずかわねばならないのだ。散々な目にあうのはもう三度目などで誰かさんなどにはかかわらず、三下ともつきあわず、さんすけや山椒売りをしながら退散時だけを見計らって、ゆっくり散歩もできない生活に参加してきたのだが、もう死などは怖いとも思わないが、しちめんどうなことはしたくなし、知ることすらさけて忍んでしくしく泣いて生きていくしか能はない。今となってはごろついていた年頃は午後堂々とごきげんになって歩き廻り、ごたくをならべたもんだが、ろくでもない人生だ。ろくろく生き方などというものを考えることはなしに、ロックなどを聞いて、心のドアのロックも忘れ、ついでに人生語録も失ったが、そんなものをトロク考えてきたため釧路くんだりまで流れてくるはめになったのだ。質屋通いをしていた頃はましちゅうもんだ、ナワバリの失地恢復のいいだすと、しちめんどうな手続きののち、結局はやり合ってどんどんぱちぱち、ばかもんばかりがはち合わせ、鉢巻まいて、八幡様におまいりしても、蜂の巣つついたようないちかばちか勝負にや同じこと、結局四苦八苦で生きのびたものの苦労をねぎらってくれるものなどない。喰うや喰わずで靴のすり切れるまで逃げてとうとう北海道。はるばるきたぜ釧路へなどとイキがってもいられない。いい時代は遠い昔、トウのたった身体じゃ出直しもできない。当分この商売続けなきゃ暮らせないのが当世ってものさ。街じゅう市のたつところを捜し廻って、ようやく獣医近くってのを聞き、十二時にやってきたが、はて、しじゅう荷を背負っているだけに今日中さんざん捜し歩くこともできず、苦汁始終なめ続け。十五、十六、十七とおれの過去は暗かったが、今じゃ暗かろうが明るかろうがどうたっていい、せめて市のたつ場所だけでも誰か教えてくれないものだろうか。

「自殺の翌日」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:jisatunoyokujitushoukai_okawadaakira
〈山野浩一未収録小説集〉
 前回は原稿用紙四十八枚の中編「死滅世代」をお目にかけましたが、いかがでしたでしょうか。
 今回はうって変わって、ショートショートをお届けしたいと思います。こちらから読むのもいいですね。
 今回お届けする山野浩一氏の単行本未収録小説集は、「話の特集」(話の特集)一九七三年三月号に掲載された「自殺の翌日」をお届けします。プラトンの対話篇を皮肉ったような話の運び、切り詰められたロジック、全開のブラックユーモアが冴えていますね。
 面白いのは、この作品が「話の特集」当該号の表紙下部に全文が収まるようにレイアウトされていたことです。そのため、改行は完全に省略されています。
 山野浩一氏ご自身も、こうしたショートショートには愛着があった模様。「ピース、ホープ、ハイライト、セブンスター、いこいなど」が『鳥はいまどこを飛ぶか』(ハヤカワ文庫JA)に収められています。
 ちなみに翌「話の特集」一九七三年四月号には、小松左京のショートショート「オーバー・ラン」が掲載されており、レイアウトは若干異なるものの、これも表紙に全文が収められていました。
 ただし採録にあたっては、読者の便宜を考え、適宜改行を加えました。
 参考までに、表紙の画像をご覧ください(私の手元にあるものなので白黒コピーですが、表紙は本来フルカラーでした)。
 「話の特集」というユニークな雑誌とその文化圏については、矢崎泰久『「話の特集」と仲間たち』(新潮社)に詳しく、あわせて是非ご確認を。
 「SF Prologue Wave」採録にあたって、文字起こし、企画・監修ともに岡和田晃が担当しました。(岡和田晃)



(PDFバージョン:jisatunoyokujitu_yamanokouiti
「なぜあなたは自殺したのかね?」
「自殺なんかしていません。ごらんのように生きています」
「では昨夜このビルから飛び降りたのはあなたではないのかね」
「もちろんです。私は飛び降りていません」
「だが自殺死体があなたのものであることは、肉体的特徴と数人の証言によって証明されている」
「でも自殺した人間がこうして生きているはずはないでしょう」

ヤマノ コウイチ

山野浩一(やまの・こういち)

 1939年大阪生まれ。関西学院大学在学中の1960年に映画「デルタ」を監督。1964年に戯曲「受付の靴下」と小説「X電車で行こう」でデビュー。「日本読書新聞」のSF時評をはじめ、SF評論の仕事も多数ある。1970年に「NW-SF」誌を立ち上げ、日本にニューウェーヴSFを本格的に紹介。1978年からサンリオSF文庫の監修をつとめる。また、競馬評論の仕事も多数ある。近年の仕事に、『山野浩一傑作選Ⅰ 鳥はいまどこを飛ぶか』、『山野浩一傑作選Ⅱ 殺人者の空』(いずれも創元SF文庫)、『リスクの誘惑』(共著、慶應義塾大学出版会)、「地獄八景」(『NOVA10』河出文庫)、『J・G・バラード短編全集3』解説(東京創元社)ほか。

「死滅世代」山野浩一

(紹介文PDFバージョン:simetusedaishoukai_okawadaakira
〈山野浩一未収録小説集〉
 すでに山野浩一氏が「山野浩一WORKS」(ブログ)やFacebookで発表していることですが、現在、氏は癌で闘病中です。私はここ数年、『山野浩一評論集(仮題)』を編集しており、氏の原稿の収集につとめているのですが、その過程において、これまで単行本や文庫本に収録されていない中・短編小説・ショートショートを発見してきました。
 そこで、恢復祈願を兼ね、〈山野浩一未収録小説集〉と題し、作者の許諾を得たうえで「SF Prologue Wave」にて単行本未収録の小説を紹介していきたいと思います。
 これを機に、山野浩一氏の仕事を、読み直していただけましたら幸いです。なお、作品の歴史的な意義を尊重し、明らかな誤記・誤植を除いて、初出の表現をそのまま踏襲しております。

 最初にお届けする単行本未収録小説は、「死滅世代」。これは「小説推理」(双葉社)一九七三年七月号に掲載された、四百字詰め原稿用紙換算で四十八枚ほどの作品。山野浩一氏曰く、数少ない未来宇宙小説でストーリーテラーな作品ではあるが、非常に陰鬱なトーンが貫かれているがため、単行本に収録しようとすると編集者に必ずはじかれた、とのこと。
 山野氏には、むしろ今の読者に読んでほしいとの期待があり、そのため最初の採録となりました。いま読むと、伊藤計劃『虐殺器官』のような“救いのない”作品が広く受け入れられる現代の「世界内戦」を先取りしていますし、何より「死滅世代」の翌年に発表された「殺人者の空」(初出:「SFマガジン」一九七四年二月号、『山野浩一傑作集Ⅱ 殺人者の空』創元SF文庫所収)に共通するモチーフが散見されます。いわゆるSFの保守本流たるスタイルに挑んだ「開放時間」(「宇宙塵」一九六六年四~六月号、『山野浩一傑作集Ⅱ 殺人者の空』所収)と読み比べるのも一興でしょう。
 「SF Prologue Wave」採録にあたって、「死滅世代」の文字起こしは柳剛麻澄、企画・監修は岡和田晃が担当しました。

 その他、新刊で読める山野氏の小説としては、「X電車で行こう」が『日本SF全集1 1957~1971』(出版芸術社)に、「地獄八景」が『NOVA10 書き下ろし日本SFコレクション』(河出文庫)に、「メシメリ街道」が『日本SF短編50 2』(ハヤカワ文庫JA)および『70年代日本SFベスト集成2 1972年度版』(ちくま文庫)に、「戦場からの電話」が『あしたは戦争 巨匠たちの想像力[戦時体制]』(ちくま文庫)に、「革命狂詩曲」が『暴走する正義 巨匠たちの想像力[管理社会]』(ちくま文庫)に、それぞれ収録されています。
 『山野浩一傑作選Ⅰ 鳥はいまどこを飛ぶか』、『山野浩一傑作選Ⅱ 殺人者の空』(いずれも創元SF文庫)は流通在庫のみのようですが、電子書籍では普通に入手することが可能です。(岡和田晃)




(PDFバージョン:simetusedai_yamanokouiti
 ハイスクールの卒業パーティで一人の女学生が殺された。白いテーブルクロスの上に酒瓶や料理とともに彼女の全裸の死体が並べられ、多くの生徒が次々ナイフやフォークを乳房や眼に突き刺していった。僅かな生命の名残りを思わせる鮮やかな血がテーブルクロスを赤く彩色していった。
 彼女の名はトシ子。私の恋人だった。
 私はホールの片隅でその光景を別世界の出来事のように眺めていた。なぜかその時、国連士官学校への入学試験に対する自信がわいてくるのを感じていた。
 警察では私が見ていた時以上に正確に事件を話すことができた。不思議にナイフを突き刺していった生徒たちの名まで覚えており、トシ子が私から離れてテーブルに近づいた一瞬、横山という生徒が「やろうぜ!」と叫んでナイフを突き刺し、すぐに彼を追って二人の生徒が首を締めながら衣服を脱がし始めた時までの数秒間は私の脳裏に極めて正確な映像となって残されていた。トシ子はその間、声をたてず、僅かに眼を見開いただけで驚きを表現した。生徒たちは興奮し、コップを床に投げつけたり、ナイフやフォークを何本も集めてまわったり、マリファナタバコを一気に吸い込んだりしてその事件に仲間入りしようと急いでいた。
 刑事はいった。
「なぜすぐにとめようとしなかったのかね?」
「とめるって? 彼女はもう死んでいたのです」
「いや、殺されたのは一瞬で仕方ないとしても、その後生徒たちが次々刺していくのをとめることはできただろう?」
「でも、なぜとめるんです? 死んでしまっているのに」
 私はいった。刑事は納得できないというように首を振った。だが私は刑事の気持を尊重する気持にはなれず、帰宅したいという意志を表明するために立ち上がった。
「君は彼女を愛してなかったのかね?」