タグ: 山野浩一氏追悼

「X橋」岡和田晃

(紹介文PDFバージョン:xbasishoukai_okawadaakira
 平田真夫さんの「都市伝説X」は、山野浩一さんの「四百字のX」のなかでも、「箱の中のX」を下敷きにしているのではないかと、先だって私は書きました。
 これを読んで刺激を受け、「X塔」や「同窓会X」の構造も創作的批評という形で応答できれば、面白いのではないかと思いました。そこで書いてみたのが、「X橋」です。

 先回りして解説しますと……「SF Prologue Wave」の編集長・片理誠さんの指摘によれば、「同窓会X」は、シリーズで唯一、本文に「X」が出てきません。
 「X」が私という存在の空虚さを象徴する記号だとすれば、それが無限に増殖していき、あたかも怪獣がごとく国家を困らせるのが「X塔」でありました。
 そこで、「同窓会X」に倣って本文に「X」を登場させず、「X塔」とは異なる方向性にできないかということで、「X橋」を考えてみました。保田與重郎やゲオルク・ジンメルを引くまでもなく、橋は社会と個人とをつなぐものですから。なお、「同窓会X」で「S」が出てくるのは、フロイトの「エス=Es」を含意しているのかもしれません。存在の不安。というわけですね。
 オマージュとしての出来は、平田さんの「都市伝説X」の方がはるかに上かと思いますが、「X橋」をお読みいただければ、「四百字のX」がやろうとしていたことが、よりはっきりと見えてくるのではないか。そう愚考する次第です。(岡和田晃)



(PDFバージョン:xbasi_okawadaakira
 ――山野浩一氏、平田真夫氏への応答として

 そぞろ歩いていたところ、噂に聞いた橋を見つけた。渡らず橋の呼称にふさわしく、大雨が降ると流されたりもしたようだ。橋の上を歩く人影は見当たらない。遠巻きには木造に見えたが、確かめてみると鉄筋で出来ていた。いや、角度によっては奇妙な光を放ち、未知の金属のように見えなくもない。飛び跳ねてみると、吊り橋のようにグニャグニャと揺れた。端から歩いてみたところ、ふと意識が薄れ、気づけば何時間も経っていた。図書館で由緒を調べてみたが、どこにも記録はなく、名前一つ付いていない。台風がやってきた。避難警報が出ていたが、無視して外に出る。あの橋が見えた。増量を重ねた川の水が橋を呑み込む。次の瞬間、何もなかったかのように橋は元通りとなっていた。なるほど、私はすべてを悟った。

「都市伝説X」平田真夫

(紹介文PDFバージョン:tosidennsetuxshoukai_okawadaakira
 日本SF作家クラブ会員の平田真夫さんが、〈山野浩一未収録小説集〉に収めた「四百字のX」シリーズへの返歌を書いてくださいました。
 題して、「都市伝説X」。なにはさておき、まずは本文を読んでみてください。

 ……読みました? いかがだったでしょうか?
 「四百字のX」のなかでも、とりわけ「箱の中のX」に通じる書き方になっていると思います。
 「箱の中のX」は、入れ子構造、チャイニーズ・ボックスのジレンマを連想させる話で、何かを「X」と書くと、書いた時点でその「X」は――正体はわからないながらも、それ自体として――存在してしまう。その不思議さをうまく表現している作品でした。
 山野さんの場合、この「X」には、明らかに実存主義的な問題意識が投影されています。実存主義といっても、サルトルやカミュの実存主義にとどまらず、ヤスパースやベルジャーエフの影響が強いようではありますが。
 この「X」はまずもって、社会と対置される「個」の空隙を表しているようです。「箱の中のX」では会社に相当するものですね。これが「都市伝説X」では、街という全体にまで広げられる形で語られているようです。
 そういえば、山野浩一さんには「都市は滅亡せず」(「流動」一九七三年一〇月号)という名作がありまして……。(岡和田晃)



(PDFバージョン:tosidennsetux_hiratamasao
   ――故・山野浩一さんに捧ぐ

 いつの間にやら広がった噂――。街にはXが居るという。住民の誰に訊いても、それは変わらない。必ず、「ええ、居るそうですよ」と同じ答が返って来る。困るのは、誰の言葉も皆、決まって伝聞の形を採っており、Xがどんなものなのか、遭うと不幸になるとか、家路に就く幼稚園児を狙うとか、はたまた、じっと立ってこちらを見詰めているとか、そういった特徴が全く伝えられていないことである。この手の話に付き物の、「誰それが追い掛けられた」とか、「どこそこの路に現れた」との情報もない。そもそもどんな形をしているのか、人のようなものなのか、四足の獣なのか、或いは不定形の微生物に似ているのか、それすら誰も知らないのだ。まるで、「ただ、この街に居る」という、その事だけがXの本質であり、存在意義ででもあるかのように――。

「さらばでござる」大和田始

(PDFバージョン:sarabadegozaru_oowadahajime
 山野浩一さんがたちまちにしてなくなった。終活をきっちり済ませて逝ってしまった。私の人生でただひとり師匠というべき人だった。ただしこの弟子は出来が悪かったけれど。

 20才代の10年近く、山野さんの掌の上で転がされ、翻訳家に仕立てられて、何冊かの訳書を出してもらうことができた。ただし私はその後SFを離れたので、恩に報いることがあまりに少なかったのが心残りだ。

 山野さんはあらゆることを議論し解明しようとした。数学のような解の出るものから、一般には解などないと思われているようなことまで。山野さんのSFにならぶ業績である競馬の評論でも、血統によって馬の優劣を解明しようと、克明なノートを取っていた。

「山野さん、ありがとうございました」片理誠

(PDFバージョン:yamanosannarigatougozaimasita_hennrimakoto
 癌で闘病されていた山野浩一会員が、2017年7月20日にご逝去されました。
 私は山野さんとは一度だけ、2010年に行われたSF大会「TOKON10」の「SF新人賞&左京賞受賞作家『21世紀SF』を考える」という企画の時に、ご一緒させていただきました。
 超然とされた穏やかな雰囲気をまとったかたで、マイクを持たれた時もとても落ち着いて話されていたのですが、時折、眼差しが射るように鋭く光ったのが今でも印象に残っております。

 その後、私自身がお目にかかる機会はなかったのですが、普段から山野さんと親しく交流されていて、当サイトにもいつも多大なご協力をくださっている岡和田晃会員が、単行本や文庫本にまだ収録されていない山野さんの作品を、ご本人の許諾を得た上で、当サイトにお寄せくださいまして、「山野浩一未収録小説集」として発表させていただける運びとなりました。
 その最初となったのが「死滅世代」という短編。これは長らくファンの方々の間では、その存在が噂されるのみの“幻の作品”だったのだそうで、その分、反響も大きく、山野さんも喜んでおられたとのことです。
 そして第二回となる「自殺の翌日」がサイトに掲載された、まさにその日に、山野さんは旅立たれてしまいました。