タグ: 巽孝之

タツミ タカユキ

巽孝之(たつみ たかゆき)
Takayuki TATSUMI
1955年、東京生まれ。アメリカ文学者、 SF批評家。現在、慶應義塾大学文学部教授。コーネル大学大学院修了( Ph.D, 1987)。主著に『サイバーパンク・アメリカ』(勁草書房、1988年度日米友好基金アメリカ研究図書賞受賞)、『「2001年宇宙の旅」講義』(平凡社新書、2001年)、Full Metal Apache (Durham: Duke UP, 2006、The 2010 IAFA Distinguished Scholarship Award)ほか。編著に『スタンリー・キューブリック』(キネマ旬報社、 1999年)、『日本SF論争史』(勁草書房、2000年、第21回日本SF大賞受賞)、共編著にRobot Ghosts, Wired Dreams (U of Minnesota P, 2007)、編訳書にダナ・ハラウェイ他『サイボーグ・フェミニズム』(トレヴィル/水声社、1991年/2001年、第2回日本翻訳大賞思想部門賞)ほか多数。

「『現代作家ガイド6 カート・ヴォネガット』(彩流社)YOUCHAN氏・巽孝之氏・増田まもる氏インタビュー」聞き手宮野由梨香・岡和田晃

(PDFバージョン:interview_genndaisakkagaido6


現代作家ガイド6 カート・ヴォネガット

 YOUCHAN氏と言えば、SF Prologue Waveを彩る画像でもおなじみのイラストレーターである。熱心なヴォネガット・ファンである彼女は、SF批評家の巽孝之氏の監修のもとにヴォネガットのガイドブックを編集し、2012年9月に刊行した。(名義はペンネーム「YOUCHAN」と本名の「伊藤優子」とが併記の形になっている。)
 イラストレーターが、どんな思いを込めてヴォネガットのガイドブックを編集したのか? 監修者の巽孝之氏、ヴォネガットの伝記のレビューを担当した翻訳家の増田まもる氏も交えて、お話を伺った。
                           (宮野由梨香・岡和田晃)

小松左京さんを偲んで(寄せ書き)

(PDFバージョン:komatusakyousannwosinonnde
 本サイト「SF Prologue Wave」は、この度の小松左京さんの訃報に接し、SFにも、また日本SF作家クラブにも、多大なご貢献のあった氏に敬意を表し、ここに小松左京氏の追悼企画として、天国の小松さんへ会員有志による『寄せ書き』を捧げます。
 ただし、ここにあるものが全てではありません。『追悼エッセイ』としてご寄稿いただいた方もおられます。また、氏の訃報は我々会員にとって衝撃であり、「ショックで、今はまだ何も書けません」と申される方が多数おられたことも、ここに付け加えさせて頂きます。
 小松左京さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。(「SF Prologue Wave」編集部一同)

『3・11の未来 日本・SF・創造力』笠井潔 巽孝之監修 海老原豊 藤田直哉編


「3・11の未来 日本・SF・創造力」

監修 笠井潔 巽孝之
編集 海老原豊 藤田直哉
作品社
2011/8/26発売 定価(税込):1,890円
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861823471

【内容目次】(作品社ホームページ近刊案内より)
■はじめに
小松左京「序文――3.11以降の未来へ」
目次/趣旨文・編集一同