タグ: 平田真夫

「都市伝説X」平田真夫

(紹介文PDFバージョン:tosidennsetuxshoukai_okawadaakira
 日本SF作家クラブ会員の平田真夫さんが、〈山野浩一未収録小説集〉に収めた「四百字のX」シリーズへの返歌を書いてくださいました。
 題して、「都市伝説X」。なにはさておき、まずは本文を読んでみてください。

 ……読みました? いかがだったでしょうか?
 「四百字のX」のなかでも、とりわけ「箱の中のX」に通じる書き方になっていると思います。
 「箱の中のX」は、入れ子構造、チャイニーズ・ボックスのジレンマを連想させる話で、何かを「X」と書くと、書いた時点でその「X」は――正体はわからないながらも、それ自体として――存在してしまう。その不思議さをうまく表現している作品でした。
 山野さんの場合、この「X」には、明らかに実存主義的な問題意識が投影されています。実存主義といっても、サルトルやカミュの実存主義にとどまらず、ヤスパースやベルジャーエフの影響が強いようではありますが。
 この「X」はまずもって、社会と対置される「個」の空隙を表しているようです。「箱の中のX」では会社に相当するものですね。これが「都市伝説X」では、街という全体にまで広げられる形で語られているようです。
 そういえば、山野浩一さんには「都市は滅亡せず」(「流動」一九七三年一〇月号)という名作がありまして……。(岡和田晃)



(PDFバージョン:tosidennsetux_hiratamasao
   ――故・山野浩一さんに捧ぐ

 いつの間にやら広がった噂――。街にはXが居るという。住民の誰に訊いても、それは変わらない。必ず、「ええ、居るそうですよ」と同じ答が返って来る。困るのは、誰の言葉も皆、決まって伝聞の形を採っており、Xがどんなものなのか、遭うと不幸になるとか、家路に就く幼稚園児を狙うとか、はたまた、じっと立ってこちらを見詰めているとか、そういった特徴が全く伝えられていないことである。この手の話に付き物の、「誰それが追い掛けられた」とか、「どこそこの路に現れた」との情報もない。そもそもどんな形をしているのか、人のようなものなのか、四足の獣なのか、或いは不定形の微生物に似ているのか、それすら誰も知らないのだ。まるで、「ただ、この街に居る」という、その事だけがXの本質であり、存在意義ででもあるかのように――。

「『展覧会の絵』Kindle版」森山安雄



書名 :「展覧会の絵」Kindle版
作者名: 森山安雄
出版社: 幻想迷宮書店
出版日: 2016/3/11
ASIN : B01C55BCFO
値段 : 400円

・1987年に東京創元社より出版された異色のゲームブック作品。主人公は剣と魔法を操るヒーローではなく、琴を持った「楽師」。そして、物語の舞台となるのはロシアの作曲家、ムソルグスキーによって書かれたピアノ曲「展覧会の絵」の世界そのものだ。独特の切り口で語られる吟遊詩人の冒険は、深い慈しみに満ちている。ムソルグスキーが10枚の絵を音楽で表現したように、著者は文字で表現し、読者の判断により展開が変化するゲームブックという器に落とし込んだ。2002年に創土社より復刊、2012年にはフェイスより、iOSデバイス用、Android用アプリとしてリリースされた(アプリは配信終了)。

「黄昏のサイレン」平田真夫

(PDFバージョン:tasogarenosiren_hiratamasao
 手持ちの缶から、ブラック珈琲を一口――。
 砂糖やクリームの入った物は、余り好きではない。口中に甘さが残り、後味が悪いからだ。
 販売機の傍らには、乗って来た自転車が止めてある。もう五年は使っているが、まだガタは来ていない。坂道を登ったりしないからだろう。アパートから此処までは、平坦な舗装路が続いているだけである。
 腰掛けているコンクリートの直方体は、背後のビルから一メートル余り突き出しており、何の役に立つのかよく解らぬ。そのビルには窓の一つも無く、中で何が行われているのか、いや、そもそもこれがビルと言えるのかすら不明であった。
 高さ二十メートルのコンクリートの箱。
 この街の建物は、唯一の例外を除いて、皆、こんな感じだ。巾五メートル余りの道路はきちんと碁盤目に整理され、一定の間隔を置いては十字路になっている。舗装もちゃんと施されてはいるのだが、車などが通るところは見たことも無い。だいたいが、窓も入口も開いていないビルに、どんな訪問者が来るというのか。
 それでも、腰掛けに隣接している飲み物の販売機はきちんと作動しており、売り切れや釣銭切れの表示が出ていることは無かった。ちゃんと缶の補充や集金は行われている印であり、だとすれば他に客がいるのかも知れない訳だ。
 ――でもなあ。
 市役所から仕事を貰って二十七年、街で誰かに出会ったり、人影を見たことは一度も無い。一体、何の必要があって、時報を鳴らしているのだろう。
 さよう、この身の仕事は一日に二回、朝の八時半と夕刻の十七時にサイレンを鳴らすこと。それも今時珍しい、機械仕掛けではない手廻しである。

「硝子の本」平田真夫

(PDFバージョン:garasunohonn_hiratamasao
「おい、あれは何だと思う」
 土星の輪と平行に飛びながらタイタンに向かう途中、ふと妙な物を見つけて、相棒に話し掛ける。
「何のことですか」
「ほら、『上』を見ろ。カッシーニの端っこに、何か四角い物があるだろ」
「どれどれ」
 衛星間用小型機に同化した彼――いや、彼女かも知れない。実は、生活用ボディ同士では顔を合わせたことがないのである。今はこちらも真空と無重力に特化した体に同化しているし、何処かで出会っても、互いに相手だとは判るまい――は、慌てて自分の「眼」をそちらに向ける。
「どの辺ですか」
「待ってろ。今、方角を合わせてやる。『眼』の調整をこちらに渡せ」
「はい、どうぞ」
 目の前のタッチパネルに現れた十字型のカーソルを、肉眼で見付けた物体の位置に調整してやる。
「判るか」
「待って下さい。倍率を上げます」
 パネルに重なった映像が拡大される。途端に、件(くだん)の物体は画面の外に行ってしまう。
「ちょっとそのままにしてろ。視野から外れた」
 言いながら、再びカーソルを調整する。相棒が声を上げた。
「あ、判りました。あれですね」
 土星の輪と平行に飛んでいるといっても、ここまで近付いてしまうと、何処からが輪の外で何処からが中との明確な基準は無い。大小様々な大きさの氷の粒が、上に向かって次第に多くなっていくだけである。カッシーニの端にあるその物体も、疎らな氷の粒に囲まれて、辛うじて輪の中と言える位置に浮遊していた。

「パレード」平田真夫

(PDFバージョン:parade_hiratamasao
――シロナガスクジラ
 動物界脊索動物門脊椎動物亜門哺乳綱鯨偶蹄目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科ナガスクジラ属。化石生物を含め、地球最大の動物。全長は三十メートルにまで達することもあり、低周波の大きな唸り声を発する。全海域に広く棲息するが、十九世紀以降数が減り、現在は絶滅危惧種に指定されている。


 園内の灯りが次々に落とされる。暗くなるにしたがって人々が腕に巻いた光の輪が目立ち出し、中央広場に向かって移動して行く。
 見廻すと、人波の向こうに緑色の数字が浮かぶのが目に付いた。デジタル時計が柱に取り付けられ、文字だけが光っているのである。
「21:26」
 パレードが始まる頃だ。

「綿菓子屋」平田真夫

(PDFバージョン:watagasiya_hiratamasao
 ――スクロース
 ショ糖とも。分子式C12H22O11。マルトース(麦芽糖)などと並んで、代表的な二糖の一つ。α-グルコース(ブドウ糖)とβ-フルクトース(果糖)が脱水して結合したもの。常温では白い結晶、一六〇℃で融けて飴状になり、二〇〇℃で褐色に変わる。一般に砂糖と呼ばれる物はこれであり、調味料としての使用の他、その性質を利用して、鼈甲飴やカルメ焼きなどの菓子に用いられる。


 上手いなあ、と思う。珈琲茶碗に向かう途中、目に付いた綿菓子屋だ。入口を潜るとすぐ、辺りに漂う焦げた砂糖の匂いが気になったが、此処から届いていたのである。
 他の売店が様々な色や、点滅を繰り返す電飾で人目を惹こうとするのに対し、この店は薄暗い裸電球しか点けていない。大きな盥(たらい)のような機械を台に乗せ、前面を透明なビニールで囲っている。後ろには赤と黄色の縞模様の服を着た若い男が立ち、機械の中を掻き廻すような動作を繰り返していた。そうやって出来上がった綿菓子を、制服と同じ赤黄縞の袋に入れては、屋台の軒先に吊るしていくのである。

「吟遊詩人」平田真夫

(「展覧会の絵」外伝・森山安雄と合作)

(PDFバージョン:ginnyuusijinn_hiratamasao
――十二律
 日本や中国で古くから用いられた音階。管楽器の管の長さを三分の一短くして完全五度、三分の一長くして完全四度を得、これを繰り返して十二の音を得る。ただしこのやり方では対数関数にならないので、現在の平均率とは異なる音高となる。西洋では、ピタゴラスが弦の長さを用いて同じ方法を採った為、十二律はピタゴラス音階と実質的に同じ物である。


 艶のある固そうな皮膚に、切れ長の目――。始めは能面でも被っているのかと思った。その位彼女の顔は色が白く、のっぺりしていたのだ。
 だが、すぐにそれは、外灯の暗さ故の見誤りだと判る。一瞬、上目遣いにこちらを向いた視線が瞬いたかと思うと、細目の唇の端が僅かに微笑んだ。全身に一枚布を巻き付けたかのような弛んだ服。白地に茶色く染みが付き、地べたに直接胡坐をかいた膝には有棹の琴が乗せられている――。
「ちょっと、あなた」

「道化師」平田真夫

(PDFバージョン:doukesi_hiratamasao
――希ガス
 周期表上の十八族に当たる、ヘリウム、ネオン、アルゴン、クリプトン、キセノン、ラドンの六つの元素。最外殻の電子が丁度八つで安定しており、化合物を作り難い気体である。その為、不活性ガスとも言う。ただし、キセノンがフッ素や酸素などと結晶性の固体になる例もある。古くは存在量が少ないと思われていた為「希ガス」と呼ばれたが、実際には空気中で三番目に多いのはアルゴンであり、それ程「希」ではない。


 夜の園内を照らす電気の明かりの下で、道化師が風船を配っている。この遊園地のあちこちで目にする赤と黄色の縦縞模様の制服、ただ、他の従業員のそれとは異なり、だぶだぶのズボンまでが同じ柄だ。帽子も被らない頭頂部の髪は綺麗に剃られており、どうみても鬘ではない。それが、道行く子供達を相手に、色取り取りの風船を手渡しては、一人一人の頭を撫でているのである。
 跨っていた馬の背中を突いて合図を送り、足を止めさせる。しばしそのまま佇んで、その仕事振りを眺めることとする。
 ヘリウムを詰められて宙に浮かぶ風船は、まだ彼の左手に何十本も残っており、幾ら子供の手に握らせてもいっかな無くなる気配が無い。というより、少しでも減っているようにすら見えなかった。まるで、配るそばから新しく増えていくみたいである。
 どうなってるのかしら。

「笹の葉さらさら」平田真夫/森山安雄



書名 「笹の葉さらさら」
作者名 平田真夫/森山安雄
出版社 フェイス
出版日 2013.2.5
ISBNコード デジタルなのでなし
値段 85円
ダウンロード https://itunes.apple.com/jp/app/id598563659?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

コメント
 7月6日に織り姫がさらわれた! あなたは彼女を助け出し、天の川の氾濫を食い止められるか。平田/森山合作第2弾。

「展覧会の絵」森山安雄



書名  「展覧会の絵」
作者名 森山安雄
出版社 創土社(書籍版) フェイス(デジタル版)
出版日 2002.12.1(書籍版) 2012.10.9(デジタル日本語版) 2013.3.27(デジタル英語版)
ISBNコード ISBN-13: 978-4789301183
値段 1218円(書籍版) 500円(デジタル日本語版) 250円(デジタル英語版)


・キャッチコピー
 ムソルグスキーの同名曲を元にしたゲームブック。海外翻訳もあり。

・作品の「舞台」についての概略。
 あなたは記憶を失った吟遊詩人。自分の出自を見つけるに、10枚の絵の中を旅していく。

「昔々……」平田真夫/森山安雄



書名 「昔々……」
作者名 平田真夫/森山安雄
出版社 フェイス
出版日 2012.11.30
ISBNコード デジタルなのでなし
値段 85円
ダウンロード https://itunes.apple.com/jp/app/id578858963?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

コメント
 雪深い山の中で病に苦しむ子供。あなたは山の神に出会い、子供を助けられるか。平田真夫/森山安雄合作第一弾。「水の中、光の底」の彼が帰ってくる。

ヒラタ マサオ

平田真夫(ひらた まさお)
 宇宙暦紀元前11(西暦1958)年東京生まれ。東京工業大学SF研究会出身。宇宙暦16(西暦1984)年にエゾコンSFコンテストから「マイ・レディ・グリーン・スリーヴス」で商業誌デビュー。
 著作、「水の中、光の底」(東京創元社、「2012年・SFが読みたい!」日本部門20位)、「展覧会の絵」(森山安雄名義。東京創元社、後に創土社より復刊。「ウォーロック」読者投票1位)。現在は、iGameBookよりゲーム・ブックのデジタル化がなされ、「展覧会の絵」は英訳もされている。

「水の中、光の底」平田真夫



書名 「水の中、光の底」
作者名 平田真夫
出版社 東京創元社
出版日 2011.3.24
ISBNコード ISBN-13: 978-4488024697
値段 1500円(ですが、現段階では古本扱いなので、様々です)。
アマゾン http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%B4%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%80%81%E5%85%89%E3%81%AE%E5%BA%95-%E5%B9%B3%E7%94%B0-%E7%9C%9F%E5%A4%AB/dp/4488024696/ref=pd_ybh_1

コメント
 初めての文芸作品です。酒場を舞台とした日常の不思議を描く連作集。これは、あなた自身の物語です。

追伸
 「水の中、光の底」は2012年版「SFが読みたい!」で、日本部門20位に入れていただきました。