タグ: 平谷美樹

「百夜・百鬼夜行帖74 溶けた黄金」平谷美樹

 両替商・近江屋の蔵に亡魂の白い人影。正体を探る修法師・百夜の前に現れた古霊は殺気を帯びて彼女を襲った。

 両替商・近江屋に現れて、盲目の美少女修法師・百夜をも殺気をもって襲って来た亡魂の正体は? 謎を解くべく江戸郊外の田園地帯に向かった百夜たちを待ち受けていたのは、強力な霊力を持つはるか昔の亡魂だった。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第74話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖73 百夜の霍乱(かくらん)」平谷美樹

 二つの大きな事件をこなした修法師・百夜は霊感も弱まっていた。唐物屋に現れた唐人の霊は調伏できるのか?

 牛鬼を使って江戸を混乱に陥れようという薩摩藩の陰謀。西行と共に江戸の刑場から甦った死者の群を調伏した高野丸事件。大きな事件を二つもこなした盲目の美少女修法師・百夜の霊感は弱りきっていた。新たな依頼、唐物屋「高麗屋」に現れた唐人の霊の調伏は可能なのか?

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第73話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖72 高野丸・下」平谷美樹

 江戸周辺の刑場から罪人を甦らせる高野丸とその配下の蘇り者たち。西行と百夜、大学は、この邪悪な企みを打ち砕けるか。

 奥州街道・小塚原仕置場、甲州街道・大和田仕置場、東海道・鈴ヶ森刑場。江戸の入り口の処刑場から罪人たちが次々と蘇ってくる。反魂の法を用いて人造人間を作ってしまった悔恨から高野丸を追う西行。罪人たちを成仏させたい百夜と助太刀の大学。この手練れ達をもってしても、いくつもの悪霊を身の内に棲まわせる高野丸は最強・最凶の相手だった。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第72話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖71 高野丸・上」平谷美樹

 小塚原の処刑場で死んだはずの罪人たちが数百人蘇った。奉行所の依頼で駆けつける修法師・百夜の耳に鉄砲の音が。

 小塚原仕置場で処刑された罪人が大量に甦ってうろつき始めた。奉行所同心・役人では手に負えず、奉行が鉄砲隊を率いて出動する騒ぎに。駆けつけた盲目の美少女修法師・百夜も数百人の蘇り者たちを相手になす術はあるのか? 一方、遠く離れた甲州街道では、二人の雲水がにらみ合っていた。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第71話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖70 還ってきた男・下」平谷美樹

 百夜は六兵衛が甦った背景を追って、助太刀の宮口大学と共に藤沢宿へ。その行く手に再び立ちはだかる、あの謎の雲水。

 死んだはずの六兵衛は、やはり生きていた。しかし藤沢宿で倒れて江戸まで5年間の記憶がない。彼が語る謎の雲水に率いられた見世物一座の不思議。助太刀を買って出た宮口大学と盲目の美少女修法師・百夜は、魂を失った者たちが甦る理由を突き止めようと藤沢宿へ向かうのだが。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第70話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖69 還ってきた男・上」平谷美樹

 死んだはずの男が還ってきた。消えていた茅場村の住人たちが戻ってきた。真相を探ろうとする美少女修法師・百夜だが。

 死んだはずの男が現れた! 江戸の町に目撃談が相次ぐ。忽然と消えていた茅場村の住人たちが戻ってきたという。不穏な出来事の連続に、真相を探ろうと動き出した盲目の美少女修法師・百夜の前に立ちはだかる凄腕の雲水の正体は? シリーズ最凶にして最強の敵の登場。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第69話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖68 梅一番」平谷美樹

 いつの間にか小判が湧き出る仙郷に迷い込んでしまった万吉。夢か現か異界の仕業か? 盲目の美少女修法師・百夜の推理は?

 梅の木の根元から小判が湧き出る仙郷に入り込んだ万吉は、現実の長屋に戻ると大暴れ。長屋一同が縛り上げて、盲目の美少女修法師・百夜のもとに運び込んだのだが……。長屋の事件は万吉にとどまらず、禍々しいものに発展していく。恐るべき凶敵の出現に百夜は………。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第68話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖67 犬張子の夜」平谷美樹

 暗闇に閉ざされた田んぼ道。提灯の灯かりを先頭に奇妙な集団の行列が続く。それが想像を絶する凶事の始まりだった。

 暗闇の中、葬列の楽の音が響き、提灯の灯かりを先頭に黒装束の集団が田の中の道を行く。皆奇妙な踊りを踊っている。神隠しにあった農家の子を探す盲目の美少女修法師・百夜が感じるおびただしい穢れの気配。百鬼夜行帖の中で最も禍々しい事件が始まろうとしている。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第67話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖66 異形の群(下)」平谷美樹

 示現流の達人・前田丞之助の刃を受け生死の境を彷徨う修法師・百夜。幕府を覆す大陰謀は血みどろの死闘に。

 琉球・奄美の怨念を抱えて幕府転覆をめざすテロ集団。それを阻止しようとする男装の修法師。すべてを闇に葬ろうとする薩摩暗殺武士団。生死の境を彷徨う美少女修法師・百夜の復讐に燃える桔梗やゴミソの鐡次。牛鬼・修法師・武士が入り乱れての死闘が展開するシリーズ屈指の傑作。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第66話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖65 異形の群(上)」平谷美樹

 全国の牛鬼を集めながら薩摩屋敷に入った初老の修法師と武士集団。徳川幕府を覆す大陰謀が進行していた。

 全国の牛鬼を集め騒乱を企む奄美の修法師と薩摩の武士集団。それを阻もうとする男装の女修法師と唐手を使う青年。徳川幕府を覆す大陰謀に対峙する盲目の美少女修法師・百夜と女修験者・桔梗を最大の危機が襲う。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第65話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖64 桑畑の翁」平谷美樹

 牛鬼の騒ぎ以来、薩摩屋敷を見張る桔梗たちだが、桑畑に亡魂の気配を感じていた。駆けつけた百夜が見たものは?

 江戸市中に不穏な空気の漂う中、薩摩屋敷を見張る桔梗が背後の桑畑の丘に亡魂の気配を感じるという。盲目の美少女修法師・百夜が見た亡魂の正体は? そして、薩摩屋敷の動きは? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第64話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖63 駆ける童」平谷美樹

 深夜、青白い光を放つ5、6歳ほどの子供が町中を走る。亡魂か妖怪か? 目撃した者たちは祟りを恐れて震え上がった。

 谷中、根津、千駄木、湯島。深夜に青白い光を放って走る童子の姿に、目撃者たちは祟りを恐れて震え上がった。亡魂か妖怪か? 盲目の美少女修法師・百夜の推理の先にあった意外な結末。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第63話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖62 桜色の勾玉」平谷美樹

 おばけ長屋の面々と花見に出かけた美少女修法師・百夜。道中で「自分にしか見えない勾玉」の出現に怯える若い女房に出会った。

 おばけ長屋の面々と飛鳥山へ恒例の花見に出かけた百夜一行は、道中で百夜を訪ねてきた若い女房いとに出会った。「自分にしか見えない勾玉」の出現に怯えきっている彼女に。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第62話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖61 紅い花弁」平谷美樹

 百夜・桔梗の師弟の前に出没する謎の修法師たち。牛鬼を操る初老の男の狙いは? 江戸を揺るがす大事件の予感が?

 浅草寺境内にふる無数の紅い花びら。侍姿の女修法師。琉球唐手の見世物をする男。牛鬼を操る初老の男。盲目の美少女修法師・百夜とその弟子の修験者・桔梗の前に次々と現れる謎の修法師たち。大江戸を揺るがすような大事件の幕開けを予感させる新章スタート。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第61話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖60 首無し鬼」平谷美樹

 箱根の麓の集落で、30年ぶりに首のない大鬼が出た。通りかかった百夜たちは、山に向かって咆哮する鬼と対峙する。

 小田原の西の小さな集落に現れ、箱根の山に向かって咆哮する首のない6メートル余の大鬼。盲目の美人修法師・百夜は、この鬼が引き連れる数多の亡魂たちと共に、再び箱根の山賊と対峙することに。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第60話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖59 駒ヶ岳の山賊」平谷美樹

 箱根山中に砦を構え、30余人の手下を従える凶悪な山賊一味。これを退治しようとする百夜との間に壮絶な闘いが始まる。

 山賊に殺された薬売りの仇をとる決心をした百夜。だが、箱根山中にいくつもの砦を構え30名に余る手下を従えた凶悪な山賊一味に、どのような手段で挑もうというのか? 盲目の美少女修法師・百夜シリーズ屈指の闘いが始まろうとしている。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第59話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖58 瓢箪お化け」平谷美樹

 芦之湯の近くにある阿字ケ池弁天の社には瓢箪のお化けが出るという。佐吉の羽織を引いた白いもの正体は? 百夜の推理は?

 芦之湯の近くにある阿字ケ池弁天町の杜には瓢箪の形をした白いお化けが出るという。佐吉を追って羽織を引いたモノは何か? 百夜の体内に入りその口を借りて語りかける霊の正体は? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第58話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖57 波」平谷美樹

 箱根湯本の定宿に入った美少女修法師・百夜を待っていたのは、山中の温泉場で波の音が聞こえるという怪異だった。

 箱根湯本の定宿に入った徳兵衛一行を待っていたのは、山中なのに波の音が聞こえ漁夫が現れるという怪異だった。怨念の源を探り当てた美少女修法師・百夜がとった意外な解決手段は……? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第57話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖56 大筆小筆」平谷美樹

 百夜、左吉、倉田屋徳兵衛の一行は小田原宿の手前、酒匂川にさしかかった。この世のモノとは見えぬ赤い着物を着た若い女二人。すれ違いざまに「みよしや」と百夜の耳元で囁いた。後には獣臭い匂いが残った。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第56話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖55 光り物」平谷美樹

 倉田屋徳兵衛、佐吉と共に箱根へ向かう百夜は、山の上に出現する光り物の正体を探ることに。人気シリーズ新章スタート。

 倉田屋徳兵衛の箱根湯治に付き合うことになった百夜と佐吉。戸塚の手前で宿を借りた集落で、山の上に現れる光り物の話を聞く。百夜と佐吉は雨の中、その正体を探りに山へ向かった。盲目の美少女修法師が活躍する人気シリーズ第55話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖54 竜宮の使い」平谷美樹

 茶問屋・駿河屋では三日続けて海亀が天井近くに浮いているという怪異が続いている。美少女修験者・百夜の推理は。

 天井の近くに海亀が腹を見せて浮いている。潮の臭いばかりか波の音まで聴こえる。茶問屋・駿河屋で三日も続くこの怪異を、盲目の美少女修験者・百夜はどう推理するのか? 盲目の美少女修験者・百夜が活躍する人気時代劇シリーズ第54話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖53 小豆洗い」平谷美樹

 大店の菓子舗で聴こえる音の正体は? 怪異のもとは付喪神か亡魂か? 盲目の美少女修験者・百夜の推理は。

 麹町の菓子舗・真田屋では聴こえ続ける怪音に店中が震え上がっていた。駄菓子屋から大店にまで発展した店に何が起きたのか? 盲目の美少女修験者・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの53話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖52 天気雨」平谷美樹

 小石川の御家人・吉野虎之助宅にのみ天気雨が降る。それも3日連続で、さすがに気味が悪い。美少女修験者・百夜の推理は?

 小石川の御家人・吉野虎之助宅にのみ天気雨が降る。それも3日間続けてとあって、妻はさすがに気味悪く感じ、評判の盲目の美少女修験者に相談することにした。雨にまつわる妖怪は数あるが、果たして百夜の推理は? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの52話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖51 重陽の童(ちょうようのわらべ)」平谷美樹

 薬種問屋主人・徳兵衛の枕元に出現した童の怪異。その事件を佐吉に解決させようという百夜の親心は成功するだろうか?

 薬種問屋主人・徳兵衛の枕元に青白い光とともに現れた童子の目的は? 依頼を受けた盲目の美少女修法師・百夜は、佐吉の主人の身に起きた怪異を佐吉自身で解決させようとするのだが……。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの51話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖50 鋼の呪縛」平谷美樹

 女流戯作者・鉢野金魚の手が突然動かなくなった。呪詛を疑われた戯作者・無念は美少女修法師・百夜に助けを求める。

 ライバルの戯作者・本能寺無念が呪詛の犯人と疑われた。果たして、変事の元凶は生霊か死霊か? 盲目の美少女修法師・百夜の心眼に映ったものは? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの50話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖49 千駄木の辻刺し」平谷美樹

 千駄木で辻斬りがあった。下手人は槍の名手らしい。ついに八丁堀同心までが犠牲になり、盲目の修法師・百夜の出番が来たが……。

 駒込千駄木町の百姓地が広がるあたりで辻斬り事件が続いた。犯人は槍の名手らしく、使い手の八丁堀同心までもが犠牲になった。奉行所の三島の依頼で乗り出した美少女修法師・百夜は、今までで最強かもしれぬ敵と対峙することになった。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの49話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖48 芝居正月」平谷美樹

 楽屋から亡魂の声が聞こえてくる。芝居小屋の座頭に頼まれ調査に乗り出した美少女修法師・百夜が見たものは?

 芝居正月の顔見世興行を控えた両国・東雲座の楽屋で夜な夜な亡魂の声が聞こえてくるという。座頭・東雲輔右衛門の依頼で解決に乗り出した盲目の美少女修法師・百夜が対峙したのは、物故した名人・上手の歌舞伎役者たちの亡霊だった。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの48話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖47 杲琵墅(こうびしょ)」平谷美樹

 大名屋敷から肉が腐る臭いが漂ってくる。事件か祟りか? 赤柄組頭目・宮口大学の依頼に盲目の美少女修法師・百夜の推理は?

 旗本子弟の集まり赤柄組・林信三郎の隣家大名屋敷から肉が腐ったような異臭が漂い続ける。頭目・宮口大学の依頼を受けて大名屋敷に忍び込む盲目の美少女修法師・百夜が発見した意外なものとは?
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの47話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖46 大川のみづち」平谷美樹

 夕涼みの客で賑わう大川に蛇に似た水の霊・みづちが出たことで、江戸っ子たちは大騒ぎ。美少女修法師・百夜の活躍は?

 怪獣の咆哮に屋形船の酔客たちは大パニックに。翌日からは。見物の江戸っ子たちで大川端は大騒ぎに。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの46話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖45 引きずり幽霊」平谷美樹

 板橋宿に女郎たちの亡魂が現れて、旅の男たちをさらうという。盲目の美少女修法師・百夜がそこに見たものは?

 盲目の美少女修法師・百夜と同じ長屋の住人、助三と次郎吉が、板橋宿の外れで女郎たちの亡魂に絡めとられて連れ去られそうになった。震え上がる板橋宿の人々。百夜が聴いた亡魂の物語とは?
 美少女修法師・百夜が活躍する人気時代劇シリーズの45話。

「小学館eBooks」のページは こちら