タグ: 森岡浩之

「異境の水都 突変世界」森岡浩之


  書名: 『異境の水都 突変世界』
  著者: 森岡 浩之
 出版社: 徳間書店
 ISBN-10: 4198941807
 ISBN-13: 978-4198941802
 発売日: 2016/12/2


 本作は『突変』と世界を同一にするが、続編ではない。
 時系列的には、『突変』の前になる。
 したがって、『突変』の未読は、『異境の水都』のストーリーを理解する妨げとはならないはずだ。作者としてはむしろ、今作のほうを先に読んでいただきたいほどである。

 もともと、この世界を思いついたとき、並行していろいろなストーリーが浮かんだ。
 美しくもグロテスクな怪物と戦う秘境探検ものとか、散弾銃を抱えたサラリーマンが天下人を目指す話とか、秘密の使命を帯びて都市を巡業する少女演劇団の話とか。
 ただでさえ遅筆なのに、そんなキャパシティが自分にあるのか大いに疑問である。
《星界》も書かにゃならんし、ほかにもいくつか書きたいものがあるのだ。
 しかし、ある夜、奇跡が起こって筆が速くなるかもしれないし、人工知能による執筆支援システムが開発されるかもしれない。
 なにより、VRへの人格アップロードが実現されるまで生きて、永遠にちょいと欠ける程度の老後を過ごす予定なので、わたしはけっこう楽観的だ。もっとも、VRにわたしの読者がいるかは不明だが、自己満足の暇つぶしにはなる。

『異境の水都』は3部作の第1作である。
 仮に付けたタイトルを列挙すると、以下のようになる。

「突変」森岡浩之



 どんな話かは徳間書店の紹介ページで読んでください。

 病気で死にかけたせいか、単純に歳を取ったせいか、下町人情ものを書きたくなった。
「おとっつぁん、お粥ができたよ」「いつも済まないねえ」「それは言わない約束でしょ」てな感じの話を書いてみたくなったのである。

 しかし、あいにくハイソサエティな育ちで、下町の暮らしには馴染みがない。
「へんっ、てめぇにゃなんもわかっちゃいねぇ」と下町っ子に鼻で嗤われるという屈辱を回避するには、独自の下町世界を構築しなくてはならないのだ。

 いろいろ試行錯誤をするうちにふと思い出したのが、中公新書の『ヴァイキング(荒正人・著)』という本である。もう半世紀近く前に出た書だが、わたしが読んだのは大学生のころだったろうか。
 この中でヴァイキングのグリーンランド植民地について語られている。近ごろ出た『文明崩壊(ジャレド・ダイアモンド・著)』で詳細に語られているから、ご存じの方も多いだろうが、掻い摘んで説明すると、こんな話である。

「入港遅延船」森岡浩之

(PDFバージョン:nyuukoutiennsenn_moriokahiroyuki
 作者敬白

 ここにお目にかけます『入港遅延船』は、『突変(徳間文庫・九月刊行予定)』のプロモーション小説です。
『突変』で名のみ語られる事件を、当事者の視点から描いたものです。したがって、登場人物はまったく重複しません。
 また、この作品のみを読んでも、登場人物たちの身になにが起こったか、世界になにが起こっているのか、よくわからないかもしれません。
「オチがないじゃないか」と仰るならば、ごもっとも。
『入港遅延船』と『突変』の関係は、『謎の映像』と『クローバーフィールド/HAKAISHA』の間にあるものに近い、と思っていただければ幸いです。
 ほんとうはこんな説明はせず、ティザー小説を気取りたかったけれど、そんな度胸はなかったぜ。
 それでは、どうぞお読みください。

 左手でサムズアップする。立てた指を半分ほど戻し、その第一関節より先を横から見る。
 すると、その湾の形になる。
 爪の根元辺りに狭い海峡があり、そこから下、すなわち南に島が横たわっている。島の海岸線は南南西に延びたあと、南東へ緩いカーブを描く。北の海峡のほぼ南、第一関節の少し下の辺りで、海岸線は鋭く南東へ方角を変えて、岬を形成する。その東の水域は北の海峡よりは広い。海峡の向こうには、島の岬と相対するように、別の岬が西へ突き出ている。岬から東北へ伸びる海岸線は、指の腹から指先をなぞるように撓み、爪の上を滑るように南西へ進む。爪の根元の海峡まで来ると、湾をぐるりと一周したことになる。
 夏、湾を囲む陸地は滴らんばかりの緑に染まる。いまは秋も終わりに近づき、陸は二色で分けられていた。やや色褪せながらも緑のままの部分と、赤茶けた部分だ。緑は森林であり、赤茶色は湿原だった。
 湿原には何本もの川が流れていた。最も大きいのは、東北の湖から下る川だ。海近くでは網の目のように分流を這わせているが、本流は親指の先端辺りで湾に注いでいる。その河口のやや南に、パナマックス級のドライバルク船サンルーカスが停泊していた。
 積荷は米国産デントコーンである。予定ではとっくに陸揚げされて、コーンスターチにでもなっているはずだが、よんどころない事情でいまだ船艙に留まっていた。

モリオカ ヒロユキ

森岡浩之。昭和37年兵庫県生まれ。京都府立大学文学部卒。第17回ハヤカワ・SFコンテストに『夢の樹が接げたなら』が入選、同作が〈SFマガジン〉誌に掲載されて以降、SF製造卸業を細々と営む。

『星界の断章Ⅲ』森岡浩之


出版社: 早川書房
刊行日: 2014/03/20
ISBN: 978-4-15-031153-7
定価: 651円


 星界の短編集第3弾です。買ってください!

 ……とまあ、言いたいことは上記に尽きるのですが、これだけではあまりにも愛想がないので、各作品について語らせてもらいます。お時間がございましたら、いま暫しよろしくおつきあいください。

 そうそう、肝心なことを言い忘れていました。
 星界シリーズはそれなりに構築された架空世界を舞台としています。したがって、『星界の紋章』、『星界の戦旗』を読んでいないと、この短編集も宣伝文も、理解しがたいかもしれません。
『星界の紋章』については電子書籍化もされておりますので、未読の方はこの機会に購入をご検討ください。

 と、拙文の目的が99パーセント達せられたところで、今度こそ各話について。

小松左京さんを偲んで(寄せ書き)

(PDFバージョン:komatusakyousannwosinonnde
 本サイト「SF Prologue Wave」は、この度の小松左京さんの訃報に接し、SFにも、また日本SF作家クラブにも、多大なご貢献のあった氏に敬意を表し、ここに小松左京氏の追悼企画として、天国の小松さんへ会員有志による『寄せ書き』を捧げます。
 ただし、ここにあるものが全てではありません。『追悼エッセイ』としてご寄稿いただいた方もおられます。また、氏の訃報は我々会員にとって衝撃であり、「ショックで、今はまだ何も書けません」と申される方が多数おられたことも、ここに付け加えさせて頂きます。
 小松左京さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。(「SF Prologue Wave」編集部一同)