タグ: 永井豪

【小松左京氏追悼エッセイ】『巨頭の人 小松左京』永井豪

(PDFバージョン:kyotounohito_nagaigou
 「身体の半分以上が、頭で出来ている!」
 初めて、小松左京さんに会ったときに受けた印象だ。
 「TOKON5」に行ったとき、筒井康隆さん、豊田有恒さんに連れられて、小松さんが仕事場にしていたホテル・ニュージャパンを訪れた。
 「オー!君が『ハレンチ学園』で騒がれている永井豪チャンか~?!」と、小松さんは巨大な頭を振り、満面の笑みで迎えてくれた。
 「十兵衛やアユちゃんのオッパイを大きくしろ!」と小松さん。「小さめだから初々しくて良いのだ!」と筒井さん。たちまち、私をそっちのけでオッパイ論争が始まった。
 当時、『ハレンチ学園』を批判する大人とばかり会わされていた私は、即座にSF作家という人種が大好きになった。

ナガイ ゴウ

永井豪(ながい ごう)
1945年生まれ。マンガ家。『凄ノ王』で第4回講談社漫画賞受賞。
代表作は『ハレンチ学園』『デビルマン』『マジンガーZ』『キューティーハニー』『バイオレンスジャック』他多数。
大阪芸術大学教授。「漫画ゴラク」で『激マン!』、「チャンピオンRED」で『魔王ダンテ 対 ゲッターロボG』、北國新聞に『タイムスリッパー珠姫』、エッセイ『マンガ街道一人旅』を連載中。