タグ: 狩野あざみ

カノウ アザミ

狩野あざみ(かのう あざみ)

静岡県沼津市出身。始皇帝暗殺を題材にした「博浪砂異聞」(新人物往来社)で第15回歴史文学賞受賞。本格歴史物から痛快なエンターテインメントまで幅広く執筆。代表作は「亜洲黄龍伝奇」シリーズ7巻(徳間書店)、「華陽国志」シリーズ6巻(中央公論社)、「天邑の燎煙」((新人物往来社刊 幻冬社文庫)など。

「SFと音楽と映像・門倉純一インタビュー」聞き手:宮野由梨香 ゲスト:狩野あざみ、増田まもる

(PDFバージョン:interview_kadokurajyunniti
 門倉純一さまと言えば、「SFと音楽と映像」の第一人者。日本初のSF映画ファンの同人誌「モノリス」(SF映画ともの会)に関係し、「SF音コン」を主催し、また、NHKの「ラジオSFコーナー」のメインパーソナリティもつとめられた方です。
 そのご邸宅には、すごい設備のホームシアターと、SFコレクションがあるという噂です! その門倉純一さま宅を、増田まもるさま(翻訳家・日本SF作家クラブ事務局長)がご訪問なさるという話を、私・宮野由梨香が聞きつけました。「いいなぁ、いいなぁ」とうらやましがったところ、なんと「よかったらご一緒に」とおっしゃっていただけました。わ~い♪ 更にずうずうしく、「せっかくなので、お話を記事としてまとめさせて下さい」とお願いしたところ、快諾していただきました。ありがとうございます!


門倉純一さま(手にされているのは、ハレー彗星のぬいぐるみです)