タグ: 百夜・百鬼夜行帖

「百夜・百鬼夜行帖85 白い影(上)」平谷美樹

 新田を開発してる村の森が夜な夜な白い光る影に埋め尽くされる。目撃者が増え怯える村人たちの願いで百夜は村へ向かった。

 中原街道の中里新田という村の森には、夜になると無数の白いモノが体を揺らして立っているという。目撃者が増え怯えた村人たちの頼みで、盲目の美少女修法師・百夜がお祓いに村へ向かうのだが……。果たしてこの白い影の怪異の正体は?

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第85話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖84 強請(下)」平谷美樹

 末吉が雇った浪人たちと闘う百夜と大学。それを取り囲み皆殺しを図る土井と配下の武士たち。事態は修羅場を迎える。

 江戸幕府を揺るがす大スキャンダルをネタに、大名・旗本を強請って大金をせしめる河内山宗春。毒殺された宗春の生まれ変わり末吉が雇った浪人たちと闘う百夜と大学。すべてを闇に葬りたい土井勇三郎は配下の武士たち百名を率いて、皆殺しを図ろうとしている。事件は凄惨な結末を迎えようとしていた。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第84話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖83 強請(中)」平谷美樹

 強請の背後にいたのは大名家の内情に通じた稀代の悪党だった。百夜は悪知恵に長け、手段を選ばぬ敵と対決する。

 末吉を使って大名・旗本を強請っていたのは、かつて江戸城内の裏事情に通じ、悪党たちの集団を束ねていた稀代の強請屋だった。獄死したはずのこの大悪人と対決することになった盲目の美少女修法師・百夜。悪知恵に長け手段を選ばぬ凶暴な相手は遂に百夜に牙をむいた。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第83話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖82 強請(上)」平谷美樹

 旗本・御家人多数を強請り、<やまそう>と名乗る謎の人物。江戸幕府の屋台骨を揺るがす大スキャンダルに挑む修法師・百夜。

 旗本・御家人多数が強請られ、1万両にのぼる金額が巻き上げられた。村島孫兵衛によれば、その厄介事の根本はひとつだという。<やまそう>と名乗る小僧。その背後で指図しているという和尚。謎に満ちた登場人物たちの真の目的は? 盲目の美少女修法師・百夜とその仲間たちが挑むのは、江戸幕府の屋台骨を揺るがす大スキャンダル。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第82話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖81 幽霊屋敷」平谷美樹

 大身旗本の屋敷に老婆の幽霊が出ると聞きつけた村島孫兵衛は、百夜に調伏を依頼する。村島の背後にある事情は?

 大身旗本・竹本辰太郎の屋敷離れに老婆の幽霊が出る。村島孫兵衛は凶暴な幽霊を確認するや、百夜に調伏を依頼する。孫兵衛の主・土井勇三郎は江戸城内の厄介事を密かに解決する使命を帯びているとの噂もあり、百夜は何に巻き込まれようとしているのか?

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第81話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖80 妖刀」平谷美樹

 人に憑依し殺人を重ねる妖刀が、手練れの使い手・村島孫兵衛の手に。死闘となった百夜との対決の結末は?

 戦国時代から人に憑依し、殺戮を繰り返してきた妖刀・夕凪。大身旗本の土井家は何故この刀を入手しようとしたのか? 怪異を収集する土井の狙いは何か? 謎が謎を呼ぶ展開の中、手練れの使い手である家老・村島孫兵衛に斬りかかられた修法師・百夜の仕込みが……

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第80話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖79 あぐろおう」平谷美樹

 悪霊憑きを探している侍がいる。噂を追う読売屋の文七がたどり着いたお屋敷は? 百夜の前に立ちはだかるポルターガイストは?

 暑い夏の江戸に悪霊憑きを探す者たちがいる。盲目の美少女修法師・百夜にお祓いを依頼する大身の旗本の真の狙いは何か? 百夜たちを襲うポルターガイスト現象の正体は? 大きな謎をはらむ新章がスタートする。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第79話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖78 あきらめ聖」平谷美樹

 江戸で大評判になった老僧と、それを信奉する白装束の集団「あきらめ衆」。百夜はその正体を探ろうとするが……。

 忽然と江戸に現れ、「あきらめの聖」と呼ばれ大人気になった老僧。それを信奉して身の回りの世話をする「あきらめ衆」と呼ばれる白装束の集団。盲目の美少女修法師・百夜はその意図と正体を探ろうと試みるが……。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第78話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖77 錆」平谷美樹

 大和屋の奉公人たちが目撃した錆の山の正体は? 美少女修法師・百夜と佐吉の推理合戦に、女修験者・桔梗も加わって……。

 油問屋・大和屋に現れた錆の山の謎。奉公人たちが目撃した亡魂らしき怪異の正体は? 盲目の美少女修法師・百夜に推理合戦を挑む佐吉。大和屋を監視する女修験者・桔梗が見たものは……。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第77話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖76 四十七羽の鴉」平谷美樹

 雑司ヶ谷の小さな神社に現れ不気味に鳴き続ける鴉の群。神主の祝詞も受けつけぬ物の怪の正体は? 百夜の霊感は甦るか。

 雑司ヶ谷の小さな杜を覆う鴉の群。この世のものではない四十七羽の鴉。霊感を取り戻すため滝修行中の盲目の美少女修法師・百夜と一番弟子の女修験者・桔梗が目撃した若い女の亡魂の素性は? 百夜たちの怒りが爆発する。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第76話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖75 祈りの滝」平谷美樹

 百姓から亡魂が出ると入山を止められながら、霊力回復の修行に不動山に入った百夜と桔梗。迎えるは無数の白い人影。

 霊力回復の修行のため、修法師・百夜と修験者・桔梗は檜原村の不動山に向かった。地元の百姓は無数の亡魂が出るからと止めるのだが、一行は夜の女滝に向かう。はたして女滝では白い人影がそこここに現れて……。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第75話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖74 溶けた黄金」平谷美樹

 両替商・近江屋の蔵に亡魂の白い人影。正体を探る修法師・百夜の前に現れた古霊は殺気を帯びて彼女を襲った。

 両替商・近江屋に現れて、盲目の美少女修法師・百夜をも殺気をもって襲って来た亡魂の正体は? 謎を解くべく江戸郊外の田園地帯に向かった百夜たちを待ち受けていたのは、強力な霊力を持つはるか昔の亡魂だった。
 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第74話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖73 百夜の霍乱(かくらん)」平谷美樹

 二つの大きな事件をこなした修法師・百夜は霊感も弱まっていた。唐物屋に現れた唐人の霊は調伏できるのか?

 牛鬼を使って江戸を混乱に陥れようという薩摩藩の陰謀。西行と共に江戸の刑場から甦った死者の群を調伏した高野丸事件。大きな事件を二つもこなした盲目の美少女修法師・百夜の霊感は弱りきっていた。新たな依頼、唐物屋「高麗屋」に現れた唐人の霊の調伏は可能なのか?

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第73話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖72 高野丸・下」平谷美樹

 江戸周辺の刑場から罪人を甦らせる高野丸とその配下の蘇り者たち。西行と百夜、大学は、この邪悪な企みを打ち砕けるか。

 奥州街道・小塚原仕置場、甲州街道・大和田仕置場、東海道・鈴ヶ森刑場。江戸の入り口の処刑場から罪人たちが次々と蘇ってくる。反魂の法を用いて人造人間を作ってしまった悔恨から高野丸を追う西行。罪人たちを成仏させたい百夜と助太刀の大学。この手練れ達をもってしても、いくつもの悪霊を身の内に棲まわせる高野丸は最強・最凶の相手だった。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第72話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖71 高野丸・上」平谷美樹

 小塚原の処刑場で死んだはずの罪人たちが数百人蘇った。奉行所の依頼で駆けつける修法師・百夜の耳に鉄砲の音が。

 小塚原仕置場で処刑された罪人が大量に甦ってうろつき始めた。奉行所同心・役人では手に負えず、奉行が鉄砲隊を率いて出動する騒ぎに。駆けつけた盲目の美少女修法師・百夜も数百人の蘇り者たちを相手になす術はあるのか? 一方、遠く離れた甲州街道では、二人の雲水がにらみ合っていた。

 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第71話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖70 還ってきた男・下」平谷美樹

 百夜は六兵衛が甦った背景を追って、助太刀の宮口大学と共に藤沢宿へ。その行く手に再び立ちはだかる、あの謎の雲水。

 死んだはずの六兵衛は、やはり生きていた。しかし藤沢宿で倒れて江戸まで5年間の記憶がない。彼が語る謎の雲水に率いられた見世物一座の不思議。助太刀を買って出た宮口大学と盲目の美少女修法師・百夜は、魂を失った者たちが甦る理由を突き止めようと藤沢宿へ向かうのだが。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第70話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖69 還ってきた男・上」平谷美樹

 死んだはずの男が還ってきた。消えていた茅場村の住人たちが戻ってきた。真相を探ろうとする美少女修法師・百夜だが。

 死んだはずの男が現れた! 江戸の町に目撃談が相次ぐ。忽然と消えていた茅場村の住人たちが戻ってきたという。不穏な出来事の連続に、真相を探ろうと動き出した盲目の美少女修法師・百夜の前に立ちはだかる凄腕の雲水の正体は? シリーズ最凶にして最強の敵の登場。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第69話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖68 梅一番」平谷美樹

 いつの間にか小判が湧き出る仙郷に迷い込んでしまった万吉。夢か現か異界の仕業か? 盲目の美少女修法師・百夜の推理は?

 梅の木の根元から小判が湧き出る仙郷に入り込んだ万吉は、現実の長屋に戻ると大暴れ。長屋一同が縛り上げて、盲目の美少女修法師・百夜のもとに運び込んだのだが……。長屋の事件は万吉にとどまらず、禍々しいものに発展していく。恐るべき凶敵の出現に百夜は………。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第68話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖67 犬張子の夜」平谷美樹

 暗闇に閉ざされた田んぼ道。提灯の灯かりを先頭に奇妙な集団の行列が続く。それが想像を絶する凶事の始まりだった。

 暗闇の中、葬列の楽の音が響き、提灯の灯かりを先頭に黒装束の集団が田の中の道を行く。皆奇妙な踊りを踊っている。神隠しにあった農家の子を探す盲目の美少女修法師・百夜が感じるおびただしい穢れの気配。百鬼夜行帖の中で最も禍々しい事件が始まろうとしている。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第67話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖66 異形の群(下)」平谷美樹

 示現流の達人・前田丞之助の刃を受け生死の境を彷徨う修法師・百夜。幕府を覆す大陰謀は血みどろの死闘に。

 琉球・奄美の怨念を抱えて幕府転覆をめざすテロ集団。それを阻止しようとする男装の修法師。すべてを闇に葬ろうとする薩摩暗殺武士団。生死の境を彷徨う美少女修法師・百夜の復讐に燃える桔梗やゴミソの鐡次。牛鬼・修法師・武士が入り乱れての死闘が展開するシリーズ屈指の傑作。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第66話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖65 異形の群(上)」平谷美樹

 全国の牛鬼を集めながら薩摩屋敷に入った初老の修法師と武士集団。徳川幕府を覆す大陰謀が進行していた。

 全国の牛鬼を集め騒乱を企む奄美の修法師と薩摩の武士集団。それを阻もうとする男装の女修法師と唐手を使う青年。徳川幕府を覆す大陰謀に対峙する盲目の美少女修法師・百夜と女修験者・桔梗を最大の危機が襲う。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第65話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖64 桑畑の翁」平谷美樹

 牛鬼の騒ぎ以来、薩摩屋敷を見張る桔梗たちだが、桑畑に亡魂の気配を感じていた。駆けつけた百夜が見たものは?

 江戸市中に不穏な空気の漂う中、薩摩屋敷を見張る桔梗が背後の桑畑の丘に亡魂の気配を感じるという。盲目の美少女修法師・百夜が見た亡魂の正体は? そして、薩摩屋敷の動きは? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第64話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖63 駆ける童」平谷美樹

 深夜、青白い光を放つ5、6歳ほどの子供が町中を走る。亡魂か妖怪か? 目撃した者たちは祟りを恐れて震え上がった。

 谷中、根津、千駄木、湯島。深夜に青白い光を放って走る童子の姿に、目撃者たちは祟りを恐れて震え上がった。亡魂か妖怪か? 盲目の美少女修法師・百夜の推理の先にあった意外な結末。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第63話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖62 桜色の勾玉」平谷美樹

 おばけ長屋の面々と花見に出かけた美少女修法師・百夜。道中で「自分にしか見えない勾玉」の出現に怯える若い女房に出会った。

 おばけ長屋の面々と飛鳥山へ恒例の花見に出かけた百夜一行は、道中で百夜を訪ねてきた若い女房いとに出会った。「自分にしか見えない勾玉」の出現に怯えきっている彼女に。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第62話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖61 紅い花弁」平谷美樹

 百夜・桔梗の師弟の前に出没する謎の修法師たち。牛鬼を操る初老の男の狙いは? 江戸を揺るがす大事件の予感が?

 浅草寺境内にふる無数の紅い花びら。侍姿の女修法師。琉球唐手の見世物をする男。牛鬼を操る初老の男。盲目の美少女修法師・百夜とその弟子の修験者・桔梗の前に次々と現れる謎の修法師たち。大江戸を揺るがすような大事件の幕開けを予感させる新章スタート。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第61話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖60 首無し鬼」平谷美樹

 箱根の麓の集落で、30年ぶりに首のない大鬼が出た。通りかかった百夜たちは、山に向かって咆哮する鬼と対峙する。

 小田原の西の小さな集落に現れ、箱根の山に向かって咆哮する首のない6メートル余の大鬼。盲目の美人修法師・百夜は、この鬼が引き連れる数多の亡魂たちと共に、再び箱根の山賊と対峙することに。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第60話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖59 駒ヶ岳の山賊」平谷美樹

 箱根山中に砦を構え、30余人の手下を従える凶悪な山賊一味。これを退治しようとする百夜との間に壮絶な闘いが始まる。

 山賊に殺された薬売りの仇をとる決心をした百夜。だが、箱根山中にいくつもの砦を構え30名に余る手下を従えた凶悪な山賊一味に、どのような手段で挑もうというのか? 盲目の美少女修法師・百夜シリーズ屈指の闘いが始まろうとしている。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第59話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖58 瓢箪お化け」平谷美樹

 芦之湯の近くにある阿字ケ池弁天の社には瓢箪のお化けが出るという。佐吉の羽織を引いた白いもの正体は? 百夜の推理は?

 芦之湯の近くにある阿字ケ池弁天町の杜には瓢箪の形をした白いお化けが出るという。佐吉を追って羽織を引いたモノは何か? 百夜の体内に入りその口を借りて語りかける霊の正体は? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第58話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖57 波」平谷美樹

 箱根湯本の定宿に入った美少女修法師・百夜を待っていたのは、山中の温泉場で波の音が聞こえるという怪異だった。

 箱根湯本の定宿に入った徳兵衛一行を待っていたのは、山中なのに波の音が聞こえ漁夫が現れるという怪異だった。怨念の源を探り当てた美少女修法師・百夜がとった意外な解決手段は……? 盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第57話。

「小学館eBooks」のページは こちら


「百夜・百鬼夜行帖56 大筆小筆」平谷美樹

 百夜、左吉、倉田屋徳兵衛の一行は小田原宿の手前、酒匂川にさしかかった。この世のモノとは見えぬ赤い着物を着た若い女二人。すれ違いざまに「みよしや」と百夜の耳元で囁いた。後には獣臭い匂いが残った。盲目の美少女修法師・百夜が活躍する人気シリーズ第56話。

「小学館eBooks」のページは こちら