タグ: 蔵原大

「前夜」蔵原大(協力:齋藤路恵)

(紹介文PDFバージョン:zennyashoukai_okawadaakira
 「SF Prologue Wave」に久々の登場となる蔵原大。その新作「前夜」は、全五部構成、四〇〇字詰め原稿用紙換算で三〇〇枚になる大作である。
 二〇一一年にはプロトタイプが脱稿していたが、およそ五年の歳月をかけて細部を改稿し、今回の発表と相成った。この贅沢な作品を、このたび一挙公開させていただく。

 「前夜」は小説ではなく戯曲の形式をとっているが、もともとはゲームブックとして構想されたものらしい。トランスヒューマン時代の歴史を考えるにあたって、一本、筋道を立てた話を作り出そうとしたら、いつのまにか戯曲の構成をとることになったそうだ。
 蔵原大曰く、「前夜」はイギリス百年の歴史を描いたウィリアム・シェイクスピアの史劇『リチャード二世』、『ヘンリー四世』、『ヘンリー五世』、『ヘンリー六世』といった史劇を意識している、とのことである。
 実際、「前夜」では、歴史をフィクションとして表現するにあたって、事実の見え方は複数ある、ということを強調することが目論まれている。冒頭の部分に「子供向け」のプロパガンダ本が引用されていることは、その象徴であるだろう。
 ゆえに本作は、「ポスト・トゥルース」と呼ばれる、事実と嘘が混交された現代にこそ、響く作品なのかもしれない。事実、設定の解釈にあたっては、蔵原大が解釈を膨らませた部分がある。
 そして当然ながら、“大破壊(ザ・フォール)”前の各国の語られ方についても、「事実の見え方は複数あること」を表現することが前提となっている。
 また、艦隊戦の描写も本作の見どころだが、この点については、蔵原大の研究分野の一つである戦略学の知見と創意が活かされている。

 蔵原大は、デジタルゲームとアナログゲーム、研究者と実作者の垣根を超えて議論を交わす「ゲームデザイン討論会 公開ディスカッション」の運営に長らく携わるとともに、書評SNSの「シミルボン」にゲーム作家・研究者として著名な遠藤雅伸のインタビューを寄稿。このインタビューはニュースサイト「ねとらぼ」に転載され、好評を集めた。(岡和田晃)





(PDFバージョン 「前夜」01:zennya01_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」02:zennya02_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」03:zennya03_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」04:zennya04_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」05:zennya05_kuraharadai


(注意:この作品はPDFバージョンのみになります)

「ウォーゲーム研究大会・参加談―イギリスで戦略をプレイするということ」蔵原大


(PDFバージョン:waragamekennkyuutaikai_kuraharadai
《ウォーゲーム研究大会・参加談―イギリスで戦略をプレイするということ》

蔵原大(東京電機大学非常勤講師)



■1.始めに

 2015年09月08日~10日、ロンドン大学キングス・カレッジにおいて非常にSF的なイベントが催されたこと、ご存知でしょうか。ゲーム的手法をもとに武力紛争のメカニズムを解明する学問領域「紛争検証学」(Wargaming)の研究大会です。正式名称は“Connections UK 2015”( http://professionalwargaming.co.uk/2015.html )。

 本大会の主催者はフィリップ・セイビン教授(Philip Sabin)。参加したのはゲーム研究書『無血戦争(The Art of Wargaming)』( www.amazon.co.jp/dp/toc/4894250136 )の著者ピータ・P・パーラ(Peter P. Perla)をはじめとするアメリカ、イギリス、フランス、そして中立国スウェーデンから来た約100人の軍人、官僚、大学教員たち。なお大会中で偶然にも、いま話題の「集団的自衛権」にちなんだウォーゲームが行なわれたことは、注目に値するのではないでしょうか。

 本記事の筆者である蔵原大(Dai Kurahara)はセイビン教授に招待され、日本人で唯一参加しました。この貴重な大会“Connections UK 2015”の概要を、セイビン教授の許可を得てここにご紹介します。

 願わくは「紛争検証学」の専門的所見が、政治や戦争に真面目なご関心を持たれるSFファンのお役に立ちますように。

《Fig 01. 大会開始前の最終準備中》

『「真夏の夜の夢」作戦』蔵原大


(PDFバージョン:manatunoyonoyumesakusenn_kuraharadai
(この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています: http://creativecommons.org/

[注意:本記録は、第一次太陽系大戦に参加した某アメリカ軍機動歩兵の遺体から回収済みの私的デジタル・ダイアリーである。内容の大半は秘文書扱いであり、ここでは一部のみ公開する。]

●記載日時:2020年10月11日
 ついに俺たちのブラボー中隊は解散と決まった。かわりにAI制御の装甲ウォーカー部隊が導入されるんだと。生身の人間はお払い箱ってわけだ。老兵は去れってか。

●記載日時:2020年10月14日
 俺たちは待命状態になった。要するに死刑執行を待て、ってこった。中隊員のなかには、議会の周りでデモ行進に参加する連中もいる。悪いな、みんな。俺は職探しさ。

●記載日時:2020年10月15日
 デモ隊は警察のロボ部隊にけちらされたそうだ。グエンはいつだって耳が早い。だがウェブのニュースには全然出てこねえ。俺たちのアメリカ、俺たちの民主主義はどこ行った?

●記載日時:2021年01月01日
 とうとう来た、見たくもなかった通知だ。古式ゆかしき紙の通知で来やがった。俺は正式に除隊処分。アンソニーもデリラも、グエンも、中隊のみんながだ。お偉方は本気でアメリカ軍をロボコップ兵団に改編するってか。一昨日のウェブ・ニュースで放映されてた高慢ちきなコメンテータのセリフを思い出す。「高度なAIに支援された無人戦闘機は、人間の兵士に比べてコスト安でかつ過酷な環境に耐え、人道的にも……。」そうかい、そうかい。俺たち人間、ジャマな役立たずかよ。

「マーズ・サイクラーの情報屋」齋藤路恵,蔵原大(補作:岡和田晃)

(紹介文PDFバージョン:marscyclerinformershoukai_okawadaakira
 齋藤路恵+蔵原大の「マーズ・サイクラーの情報屋」をお届けしたい。
『エクリプス・フェイズ』では、オリジナル(本人)が望み、しかるべき費用を支払えば、分岐体(フォーク)を製造することができる。
 そのフォークとして生まれた語り手が、ファイアウォールに与えられた任務を遂行するにあたって、謎に包まれたオリジナルの死に向き合うというのが今回の話だ。フィリップ・K・ディックの「追憶売ります」(映画『トータル・リコール』の原作)を彷彿させる作品だが、その中心には、作家のみずみずしい感性が根付いている。
 なお、火星周回船マーズ・サイクラーを舞台にした小説は、朱鷺田祐介の「マーズ・サイクラーの帰還」がすでに「SF Prologue Wave」では発表されている。同作とはまた別の角度から、マーズ・サイクラーの住人の視点を借りる形で描写がなされていることにも注目されたい。

 本作のメイン・プロットやアイデアは齋藤路恵によるもので、チェックは蔵原大が行なった。
 齋藤路恵は「SF Prologue Wave」で『エクリプス・フェイズ』小説「ゲルラッハの恋人」、オリジナル短篇「犬と睦言」を発表している。また、ロールプレイングゲーム『ラビット・ホール・ドロップスi』(グランペール)のメイン・デザイナーとしても知られている。
 蔵原大はウイリアムソン・マーレー/リチャード・ハート・シンレイチ編集『歴史と戦略の本質―歴史の英知に学ぶ軍事文化』(上下巻、原書房、2011)の共訳者としてクレジットされている軍事史研究者だ。齋藤路恵とは、「蠅の娘」や「衛星タイタンのある朝」といった作品で共同作業を行なっている。(岡和田晃)




(PDFバージョン:marscyclerinformer_saitoumitie_kuraharadai
 最後に見たのは、奴らが着ていた空色のコートだった。おそらくは無味乾燥なコロニーの下層部に対応した都市迷彩の一種だったかもしれない。
 だが、かすかな地球の記憶が告げる。

 ――あれは、冬の空だ。

 たぶん、それがわたしの反応を遅らせたのだ。
 空色のコートを着た二人の知性化ゴリラがSMGを構える。ひるがえるコートの下には軍用アーマー。フルオートの発射音。わたしは遮蔽を取ろうとするが、間に合わない。全身に走る強い衝撃。痛覚を遮断していても、なお感じる激しい痛み。
 無数の薬莢が床を打つ音を聞きながら、わたしは倒れこむ。
 意識が途絶える直前、誰かの顔が見えた。ゴリラではない。こいつらを率いてきた他の誰か。真っ白。陰鬱な冬の空模様に変わる。そして暗転。

 ……なだれこむ記憶から意識を引き離そうと試みる。全身が小刻みに震える。おせっかいなミューズ(支援AI)が、わたしの「生まれた」理由を解説してくれたというわけだ。
 決して気持ちのいいものではないが、指示をしたのはわたしだから文句も言えず。やれやれ。
 前任者(オリジナル)が下手をうったことは間違いない。それを確認できただけだ。ファイアウォールのプロキシー(わたしの上司)、ジェミスンからのメッセージを反芻する。

 ――あなたはアルファ2だ。オリジナルの能力を引き継いだアルファ分岐体(フォーク)の第2号、それがあなたという存在だ。オリジナルの名誉を挽回するため、力を貸してほしい。

「蠅の娘」齋藤路恵(蔵原大、仲知喜)(補作:岡和田晃)

(紹介文PDFバージョン:haenomusumeshoukai_okawadaakira
 第2期『エクリプス・フェイズ』シェアードワールド小説企画の第4弾は、齋藤路恵を中心とした執筆チーム(齋藤路恵、蔵原大、仲知喜)が仕上げた「蠅の娘」である。
 『エクリプス・フェイズ』はトランスヒューマン、平たく言えば遺伝子改造を施され、サイボーグ化した人間にスポットを当てたロールプレイングゲームであるが、必ずしも世界はトランスヒューマンのみの独壇場というわけではない。広大な『エクリプス・フェイズ』宇宙には、トランスヒューマンを「フランケンシュタイン」だと否定する、バイオ保守主義という勢力も存在するのだ。
 今回ご紹介する「蠅の娘」は、バイオ保守主義の総本山である木星共和国の属国、衛星カリストの「ゲルズ」(北欧神話に由来する名を持つ都市国家)にて、秘密裏の諜報活動に従事する非トランスヒューマン(フラット)の女性を語り手に据えた小説だ。
 とにもかくにも、“大破壊”後の世界をフラットとして生きることは大変だ。「基本バイオ調整」をはじめ、あらゆるインプラントを拒否するがゆえに、風邪はひく、乗り物酔いはする、メッシュ通信のためには外部機器が必要だ……。そして、きわめつけは、魂(エゴ)のバックアップをとっていないので死んでも復活ができないこと。バイオ保守主義を貫くのも楽ではないのだ。
 本作は、このような「トランスヒューマンの時代に、生身で生きること」を、鮮烈で、読み手に戦闘時の“痛み”の感覚をヴィヴィッドに伝播させるような独特の身体描写を駆使している。
 相互監視がルーティン化した官僚機構の内部で抑圧される語り手の閉塞感、そして閉塞感を伝える内面描写にも織り込まれる透明感は、時にはアンナ・カヴァンの傑作『氷』を彷彿させる部分もあり、眉村卓の言うインサイダーSF(SFの技法を用いて権力機構や大組織のシステムの特異性を抉り出すような文学形式)としても味読に堪える仕上がりになっている。
 語り手を取り巻く、謎。はたして、なぜ、彼女は襲撃されたのか? 
 サイバーパンクSFノワールの伝統へ、ささやかながら新たな一ページを刻み込もうとするのみならず、フィリップ・K・ディックの『暗闇のスキャナー』(『スキャナー・ダークリー』)にも通じるアイデンティティの不安は、わたしたちが直面している現実の似せ絵でもある。存分に、ご堪能いただきたい。

 齋藤路恵、蔵原大、仲知喜の三人は第1期に引き続いての登場となる。第1期でも、彼らはそれぞれ単独で、あるいはペアを組んで創作を試みてきた。
 今回の「蠅の娘」のメイン・ライターは齋藤路恵。「SF Prologue Wave」でオリジナル短篇「犬と睦言」を発表したばかりなので、その名を憶えておられる方も多いだろう。今作は齋藤路恵がプロットを著し、蔵原大がアクションや銃器の設定をチェック、仲知喜が世界観や小説造形についてのアドバイスを行ない、それを享けて齋藤路恵が推敲を重ねる……という手順を経て制作された。ただし小説としては、齋藤路恵の作家性が最大限に尊重されたものとなっているため、彼女の単独作とみなしても問題ないだろう。なお、本作は「擬似群体」(ナノボット・スウォーム)や「VR(ヴァーチャル・リアリティ)戦闘訓練場」などの独自設定が魅力的だが、これらの設定は、既存の各種ガジェットを参考に、書き手が独自に想像を膨らませたものである。(岡和田晃)




(PDFバージョン:haenomusume_saitoumitiehoka
 完全な不意打ちだった。その日わたしが非番ということもあったのかもしれない。街中で急に襲われた。
 表通りとも住宅地ともいえない曖昧な通りを二人で歩いていた。店と店の間に住居が紛れこむ通りは、昼にもかかわらずしらじらと均一な光度だった。表通りの昼光はわずかなゆらぎを持っていて、日光に近い。このあたりは安い蛍光素材を使っているのだ。
 わたしは通りで相方のトリンドルと愚にもつかない話をしていた。曰く店の食事がワンパターンだとか部屋がいっこうに片付かないとか。前にいた女は視界の端に入っていたが、たいして気に留めていなかった。浮き上がるような黒い髪の女だった。黒髪は肩で均一に切りそろえられていた。女、なのは間違いない。それはわたしにもわかっていた。

 相手が振り返ったのに気づいた、そのときには女は発砲していた。

「戦う『ショートショート』又はボーイ・ミーツ・ガール」蔵原大

(紹介文PDFバージョン:tatakauSSshoukai_okawadaakira
 このフルカラーPDFファイルは、蔵原大の小説「戦う『ショートショート』又はボーイ・ミーツ・ガール」を収録したものである。
 この小説の舞台は、ほかならぬ火星だ。『エクリプス・フェイズ』の世界の火星はテラフォーミングが進められ、すでに軌道エレベータすら建造されている。
 ところが辺境部まで開発は行き渡ってはいない。その雰囲気は、西部開拓時代のアメリカにどこか似ている。この物語は、そのような観点から出発している。

 本作品でフィーチャーされるのは、ずばり、アクションである。
 『エクリプス・フェイズ』は戦闘関係のルールが充実しており、この小説で描かれるようなアクションも可能だ(ただし『エクリプス・フェイズ』の戦闘はかなりシビアなので、本作で描かれるような活躍を行うためには周到に戦術を練り、かつ幸運に恵まれる必要はある)。

 本稿の初出は2011年6月に限定発行されたファンジン『Eclipse Phase Introduction Book for 2011 Japanese』(Analog Game Studies & 戦鎚傭兵団制作)に収録されたものであり、同書を初出とする小説群と、一部の登場人物を共有している。また、今回「SF Prologue Wave」に再掲されるにあたり、若干の修正が加えられている。

 蔵原大は、史学研究者。たとえばロンドン・キングズ・カレッジ教授フィリップ・セイビンのシミュレーション教育理論の紹介者でもあり、とりわけ戦略学に造詣が深い。また、ティモシイ・ザーンの熱狂的なファンでもあり、そうした見識がSFアクションの創造へ存分に発揮されている。そして、末尾に献辞がささげられた“偉大なるヒーロー像を身をもって作り出してきた偉大なる俳優”への限りなき愛は、きっとあなたの心も動かすだろう。(岡和田晃)




(PDFバージョン:tatakauSS_kuraharadai

「DOG TALE 犬の話」仲知喜,蔵原大

(紹介文PDFバージョン:dogtaleshoukai_okawadaakira
 このフルカラーPDFファイルは、仲知喜と蔵原大の合作小説「DOG TALE 犬の話」を収録したものである。
 蔵原大と齋藤路恵の合作「衛星タイタンのある朝」の後日譚という位置づけにある(だから推奨設定のファイアウォールものではない)。同作を読まれた後に本作へあたることをお薦めしたい。
 ハーラン・エリスンの「少年と犬」やパオロ・バチガルピの「砂と灰の人々」のように、「犬」を題材としたSFはシリアスな作品が多い印象がある。だから本作のようなコミカルな「いい話」は珍しいかもしれない。
 ちなみに本作に登場するアルアミラルもまた、『エクリプス・フェイズ』のルールに則って創造された人物である。

 この作品の初出は2011年6月に限定発行されたファンジン『Eclipse Phase Introduction Book for 2011 Japanese』(Analog Game Studies & 戦鎚傭兵団制作)に収録されたものである。本作の末尾には用語集が収められている。もとはファンジンに収録された他の小説(例えば「衛星タイタンのある朝」)を読む手がかりとしていただくために作成されたものだが、他の作品を読む参考にもなるので今回も併載した。小説と用語集には、「SF Prologue Wave」に再掲されるにあたって修正が加えられている。

 本作のメイン執筆者である仲知喜は『ハーンワールド/ハーンマスター』や『HARP』といったハイ・ファンタジーの世界を舞台にしたロールプレイングゲームの翻訳と紹介に携わってきた。海外ヒロイックファンタジーの大ファンであるが、チャイナ・ミエヴィル作品をはじめ、SFへの造詣も深い。ファンジン発行後、『エクリプス・フェイズ』翻訳チームに加入した。(岡和田晃)




(PDFバージョン:dogtale_nakatomoki_kuraharadai

「衛星タイタンのある朝」蔵原大,齋藤路恵

(紹介文PDFバージョン:eiseitaitanshoukai_okawadaakira
 このフルカラーPDFファイルは、蔵原大と齋藤路恵の合作小説「衛星タイタンのある朝」を収録したものである。
 本作は主に『エクリプス・フェイズ』の基本的な世界観と、最新のテクノロジーとサイバー民主主義が融合したオープンソース志向の衛星タイタンの設定を紹介するものとなっている。

 『エクリプス・フェイズ』では、ゲームのプレイヤーは秘密結社ファイアウォールの一員であるキャラクターを創造し、人類を絶滅の危機から救うというのが推奨冒険スタイルとなっている。
 けれども、それ以外の設定を使って物語を創り出すことも可能だ。この小説に登場するシャロン=孫と彼女の会社であるSSSは、まさにその実例を示したもの。一風変わった経歴の人物だが、『エクリプス・フェイズ』の包容力ある世界観は、こうした複雑な人物造形をも許容するものとなっている。

 なお、各種専門用語については、仲知喜と蔵原大の合作小説「DOG TALE 犬の話」に付記されている用語集にも詳しい解説が収められているので、併せて参照されたい。

 本稿の初出は2011年6月に限定発行されたファンジン『Eclipse Phase Introduction Book for 2011 Japanese』(Analog Game Studies & 戦鎚傭兵団制作)の巻頭に収録されたものである。今回「SF Prologue Wave」に再掲されるにあたり、一部修正が加えられている。
 蔵原大は史学研究者。戦略学/歴史学の立場から19世紀以来のウォーゲームの研究を学術雑誌に発表しており、戦略学関係の翻訳書もある。本稿をお読みの方にはおわかりのとおり、年季の入ったSFファンでもある。齋藤路恵は「Analog Game Studies」や「Game Community Summit 2012」などでオルタナティヴ・リアリティ・ゲーム(ARG)の論考等を発表している気鋭の論客。本稿では主にジェンダーに関した部分の執筆と考証を担当している。
 なお、『エクリプス・フェイズ』のルールブック収録のイラストに加え、「黄泉の縁を巡る」のアートワークを担当している小珠泰之介のイラストが入っているのも見逃せないところだ。(岡和田晃)




(PDFバージョン:eiseitaitan_kuraharadai_saitoumitie

クラハラ ダイ


蔵原大(くらはらだい)
 1972年生まれ。近現代メディア研究者(ウォーゲーミング、Modeling & Simulation)。所属学会:日本アーカイブズ学会、戦略研究学会、DiGRA Japanほか。論文:「アジア歴史資料センターにおける情報提供の実際と展望」『北の丸』(40号、2007、国立公文書館)(相原佳之、牧野元紀ほか共著)、「戦略学「教育」の新潮流――「紛争シミュレーション教育」の理論・実践・政治的利用に関する考察」『戦略研究』(9号、2011、芙蓉書房)等。2012年現在、世界史研究会運営委員(http://www.geocities.jp/world_history_research/)