タグ: 高槻真樹

「映画探偵 失われた戦前日本映画を捜して」高槻真樹



    * 書籍名:『映画探偵 失われた戦前日本映画を捜して』
    * 著者:高槻真樹
    * 出版社:河出書房新社
    * 発売日:2015年12月1日
    * 判型/ページ数:四六判/272ページ
    * 価格:本体2500円+税
    * ISBNコード:978-4-309-27660-1


【作品説明】

 戦前に作られた日本映画は10%しか残っていない! だが映画は複製芸術。どこかに残されているかもしれないフィルムを求めて、探し歩く人々がいる。そんな「映画探偵」たちの世界を描いた初めてのドキュメント。国立・公立の機関はもちろんのこと、私設のアーカイブや大学研究者、さらには活動弁士やコレクターまで……。
 映画はどのようにして探し出され、どのようにしてタイトルを特定され、どのように修復されるのか。その過程のすべてに魅力的な「謎」と「謎解き」が存在する。発見される映画は名作だけではないが、長い時を経て再び日の目を見た怪作群が逆に驚きを呼ぶ。8分間で超高速で語られる皿屋敷怪談「播州皿屋敷」や、蛸壺を逃げ出し一路海を目指すタコの逃避行を描いた「海魔陸を行く」は、SFファンの関心を引かずにおかないだろう。

『戦前日本SF映画創世記 ゴジラはなんでできているか』高槻真樹



書名: 『戦前日本SF映画創世記 ゴジラはなんでできているか』

作者: 高槻真樹

出版社: 河出書房新社

出版日: 2014年3月25日

ISBN-10: 4309274773
ISBN-13: 978-4309274775

値段: 2500円(税抜・微妙な時期ですのでお気を付けください)

著者より:
 草創期の忍術映画とゴジラの間に残る日本SF映画のミッシングリンクを埋める一冊です。

「メタポゾン9号」高槻真樹



「季刊メタポゾン」公式サイト
http://www.metaposon.com/works.html

「出版社名」
  発行・株式会社メタポゾン 
  発売・有限会社寿郎社
「発売日」
  2013年6月6日
「ISBNコード」
  ISBN-10: 4902269627
  ISBN-13: 978-4902269628

「季刊メタポゾン」の最新号が発売になりました。電子書籍が台頭する時代にあえて紙のメディアにこだわった文芸評論誌を問う野心的な試みも、はや2年半を超えました。今回が9号目となります。

 耳慣れない〈メタポゾン〉というタイトルは、「メタ(変化した)」と「ポゾン(存在する量)」を合わせた造語です。つまり「今あるものの協同と、それによる新しい何物かの出現を象徴」という姿勢を意味します。これまであるものとこれから生まれるものを合わせることで生まれる新しい概念、それが「メタポゾン」というわけです。

「SF Prologue Wave編集部新春のご挨拶」(画・図子慧)

(PDFバージョン:SFPWsinnshunn


①ペンネーム
②肩書き
③SFPWの編集として新年にあたって一言
④今年のお仕事などの活動予定 
⑤SF的アンケート
 a.神になって世界のなにかを変えられるとしたら、なにを変えますか?
 b.タイムマシンを作るとしたら、どんなルールを作りますか?
 c.ペットにしたいクリーチャーは?
⑥一言

「木立嶺インタビュー」聞き手・高槻真樹

(PDFバージョン:interview_kodatiryou


――今回初めての単行本となりました。待ち焦がれた読者も多かったと思います。

木立「皆さんご存知の通り、僕の受賞作だけ単行本が出なかったので気にされる方もおられるかもしれません。ただ、それは受賞作がやばすぎて出版できないとかそういうわけではなくて、どちらかというと不幸なめぐり合わせの結果でして。僕も編集者さんもぜんぜんあきらめていませんので、どうか応援のほどよろしくお願いします」

――普通の受賞者と違ってスタートラインが変わってしまいましたものね。

木立「そうですね。結局、商業誌デビュー作となったのはそのしばらく後の歴史改変ものというべき『馬と馬車』ですからね。これまた全然方向性が違う。あの時は短編未経験でしたからゼロから考えることになりまして、『日本の近世に馬車がなかったのは何故だろう』という疑問から芋蔓式に話を作っていったわけです。最初の方にだけあった『新青年』風の文体で全編を押し切ろうと提案してくれたのは編集さんです。だからゴシックロマンスもスチームパンクも意図したものではなく、書いた後で気がついた。歴史にも興味があったわけではないんですが、縁があったジャンルはなるべく読もうと思い定めまして。その後最近になって『物語のルミナリエ』の方に書かせていただいた『僕の遺構と彼女のご意向』も、以前読んだ奈良・平安期の古代官道についての本がベースになっています。読んだ本から引っかかったものを足がかりに話を紡いでいくというのが割とスタイルになってきましたね。砂場で砂をかき集めていくうちにだんだん形を思いついて作っていく、という感じです」

「三島浩司インタビュー」高槻真樹

(PDFバージョン:interview_misimakouji


――このたびは「ダイナミックフィギュア」の「SFが読みたい!」3位おめでとうございます。

三島「…まだ見てないけど(笑)これから買いに行きますよ」

――ロボットSF小説というのもありそうでなかった気がします。これはやはりご専門(電気)ということでしょうか?

三島「いや、あまり関係ないと思いますよ。むしろ僕みたいに精通していない人間の方が一から世界が作れるんじゃないかと思います。ロボットSFって、最近はあまり新しいものがないなあと感じていて自分に何かできないかと考えたわけです」

「旅路」高槻真樹

(PDFバージョン:tabiji_takatukimaki
 この文章を書いているいま現在、父方の祖父は100歳を超えなお健在だ。昔は祖父のことが少し苦手だった。もともと教師であったせいか大変謹厳実直な人で、子供のころは里帰りしてもくつろぐどころか緊張の連続だった。一度などは「顔に厳しさがない」といわれ母が後で憤慨したことがある。
 そんなわけで就職後はすっかり足が遠のいていたのだが、数年前、思い立って妻を伴い来訪したことがある。さすがに死ぬ前に妻の顔ぐらいは見せておきたかったからだ。あの時はまだ祖母も生きていた。100歳を前にした夫婦が寝たきりにもならずに元気で出迎えてくれるというのは、滅多にあるものではない。
 祖父は子供のころとあまり変わらなかった。子供の目には当時から既に老人であったからだろう。だが話してみると昔のいかめしさがすっかり影を潜め、話好きの人なつこい老紳士になっていたのには驚いた。

「片理誠インタビュー」聞き手――高槻真樹・宮野由梨香

(PDFバージョン:interview_hennrimakoto


――まず、最新作『Type:STEELY』 (幻狼ファンタジアノベルス) について伺わせて下さい。上巻と下巻の2分冊なんですよね?

片理「はい。既に両方とも発売されています」

――もう、一気に読んでしまいましたよ~。すごく面白いです。推進力がありますね。長いのに、長さを感じさせないという感じです。

片理「ありがとうございます」

「ロボット演劇ルポ」高槻真樹

(PDFバージョン:robottoenngekirupo_takatukimaki
 ロボットが俳優となり、人間と共に舞台に立つ。劇作家の平田オリザ氏とロボット研究者の石黒浩氏が手を組み、大阪大学でプロジェクトを進めている。報道で知ったときにはいささか奇抜な印象を抱いたものだが、実際に見てみると、予想しなかったほどにドキドキさせられた。確かにSFファンなら一度は観たい、と思う。とはいえ、それはあくまでハード的な関心なのだと思い込んでいた。だが違った。架空ではない実在のロボットが物語の上に乗って登場するということが、とても興奮させられるのだ。


『ロボット演劇』

「叛乱」高槻真樹

(PDFバージョン:hannrann_takatukimaki
 勤め先のコンピュータが叛乱を起こした。いや、冗談とか洒落とかではなくて。
 一日の終わり、複雑な作業を終えた私は、ほっと息をついて作業終了処理の実行ボタンを押した。パソコンを閉じたら、コーヒーでも煎れよう。カチッ。

「本日、あなたの指定する実行プログラムは存在しません」

 機械の冷酷な宣言に、私は凍りついた。そんなはずがあるか。実際こうして立ち上げたプログラムが目の前にある。存在しないというなら何なのだ。私とコンピュータは異なる平行宇宙の存在だとでもいうのか。あなたの指定する実行プログラムのある世界。あなたの指定する実行プログラムのない世界。永遠に分かり合えない二人。いやお前は何を言っているんだ。

 とりあえず気持ちを落ち着けよう。まあ、パソコンなんてこんなもんさ。皆さんも体験があるだろう。

「八杉将司『光を忘れた星で』インタビュー」聞き手・高槻真樹

(PDFバージョン:interview_yasugimasayosi


「光を忘れた星で」
八杉将司著
講談社BOX
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=283765X

――八杉さん待望の新作ということで、事前に「こんな話なんだよ」とうかがってはいたんですが、予想とぜんぜん違って大変びっくりしました

八杉「えっ、そうだったんですか」

――全人類の目が見えなくなる小説なんだよ、ということでしたよね。ジョン・ヴァーリイの「残像」とかH・G・ウェルズの「盲人の国」みたいな感じかなと思っていたところ、全っ然そうではなかったという。

「静岡SF大全の舞台裏」高槻真樹

(PDFバージョン:sizuokaSFtaizenn_takatukimaki
 驚くべきことに、静岡SFというものは大変に多い。目下、リストアップしているところでは、ざっと100本ほどになる。東京や大阪ならともかく静岡SFがそんなに多いのか。発掘作業は先入観を捨て、見つけ方のコツをつかむまでが大変だった。しかしそれは大いなる発見の物語でもあったのだ。

「上田早夕里『華竜の宮』インタビュー」聞き手・高槻真樹

(PDFバージョン:interview_uedasayuri


「華竜の宮」
上田早夕里著
ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/124653.html

――「華竜の宮」に関しては傑作という評価は定まっている気がするので、既に聞かれている部分はすっ飛ばして、皆さんの知りたいであろうことに直接行きます。というわけでずばり聞きます。短編版の「魚舟・獣舟」は衝撃でした。あれを長編化するのか、と皆さん楽しみにしていたと思うんですが、実際に出てきた長編は「…魚舟どこ?」ですね

上田「これは過去に何度も言ってるんですが、あれは発表のあてのない長編の構想が先にあって、もう発表の機会がないんじゃないかと思っていたので、たまたま頂いた短編の仕事(異形コレクション)の中で生かしたんですよ。だから、まずは一番印象に残る部分を切り取って見せているわけで、それを長編で繰り返しても仕方ないじゃないですか」

「星新一展~2人のパイオニア~」ルポ 高槻真樹

(PDFバージョン:hosisinnichitenn_takatukimaki

 兵庫県宝塚市の手塚治虫記念館にて、「星新一展~2人のパイオニア~」が開催された。今春に世田谷文学館で開かれた「星新一展」が作家・星新一の全体像を俯瞰するものだとしたら、今回の展示は手塚治虫との友情に焦点を当てたもの。結果的に、SFの存在感が高まっているのがとてもうれしい。世田谷展とはまったく違う展示物ばかりが集められている。

タカツキ マキ

高槻真樹(たかつき まき)
1968年生まれ。大阪在住。第5回日本SF評論賞にて「文字のないSF―イスフェークを探して」で選考委員特別賞を受賞。コミケでチームの関竜司さんと一緒に「魔法少女まどか☆マギカ論」本を出してしまいました。まだ在庫ありますので、ご興味のある方はご一報ください。コピー本ですが。評論賞チームもおかげさまでSF評論ブログを開設しました!負けずに更新せねば。
http://sfhyoron.seesaa.net/