タグ: 鬼嶋清美

キシマ キヨミ

鬼嶋清美(きしま きよみ)
1971年福岡県生まれ。1994年より国内プラネタリウムメーカーに勤務。2004年瀬名秀明原作『虹の天象儀 SKYFULL OF RAINBOWS』、2013年日本SF作家クラブ50周年記念『未来はボクらがつくるんだ! 22世紀のものがたり』などのプラネタリウム番組をプロデュース。

「プラネタリウム小説いろいろ」鬼嶋 清美

(PDFバージョン:puranetariumushousetuiroiro_kisimakiyomi
 みなさんはプラネタリウムに行かれたことがありますか? 行かれたことのある人はもちろん、そうでない人でも、プラネタリウムが星を映す機械だということは、ご存知かと思います。
 扉を開けて中に入ると、そこには白いドームの天井と、中央に鎮座するダンベル型の機械。座席に座って椅子を倒すと、天井を見上げた状態になります。操作卓に座った解説員が挨拶をすると、夕方の風景から陽が沈み今夜の星空を再現していく。解説員が今夜見える星座たちを指し示して、星の並びに重ね合わせるように星座絵が浮かび上がる。一度でも体感すれば、ここが特別な空間だと誰しも思うことでしょう。
 毎日「今日の星空」を映し出すことはもちろん、北極点での星空でも赤道上の星空でも、あなたの生まれた日の生まれた時間の星空でも、彼と彼女が誓い合った夜の星空でも映し出すことが出来るのです。
 そんなプラネタリウムが登場する小説を、これから紹介していきましょう。