タグ: 齋藤路恵

「前夜」蔵原大(協力:齋藤路恵)

(紹介文PDFバージョン:zennyashoukai_okawadaakira
 「SF Prologue Wave」に久々の登場となる蔵原大。その新作「前夜」は、全五部構成、四〇〇字詰め原稿用紙換算で三〇〇枚になる大作である。
 二〇一一年にはプロトタイプが脱稿していたが、およそ五年の歳月をかけて細部を改稿し、今回の発表と相成った。この贅沢な作品を、このたび一挙公開させていただく。

 「前夜」は小説ではなく戯曲の形式をとっているが、もともとはゲームブックとして構想されたものらしい。トランスヒューマン時代の歴史を考えるにあたって、一本、筋道を立てた話を作り出そうとしたら、いつのまにか戯曲の構成をとることになったそうだ。
 蔵原大曰く、「前夜」はイギリス百年の歴史を描いたウィリアム・シェイクスピアの史劇『リチャード二世』、『ヘンリー四世』、『ヘンリー五世』、『ヘンリー六世』といった史劇を意識している、とのことである。
 実際、「前夜」では、歴史をフィクションとして表現するにあたって、事実の見え方は複数ある、ということを強調することが目論まれている。冒頭の部分に「子供向け」のプロパガンダ本が引用されていることは、その象徴であるだろう。
 ゆえに本作は、「ポスト・トゥルース」と呼ばれる、事実と嘘が混交された現代にこそ、響く作品なのかもしれない。事実、設定の解釈にあたっては、蔵原大が解釈を膨らませた部分がある。
 そして当然ながら、“大破壊(ザ・フォール)”前の各国の語られ方についても、「事実の見え方は複数あること」を表現することが前提となっている。
 また、艦隊戦の描写も本作の見どころだが、この点については、蔵原大の研究分野の一つである戦略学の知見と創意が活かされている。

 蔵原大は、デジタルゲームとアナログゲーム、研究者と実作者の垣根を超えて議論を交わす「ゲームデザイン討論会 公開ディスカッション」の運営に長らく携わるとともに、書評SNSの「シミルボン」にゲーム作家・研究者として著名な遠藤雅伸のインタビューを寄稿。このインタビューはニュースサイト「ねとらぼ」に転載され、好評を集めた。(岡和田晃)





(PDFバージョン 「前夜」01:zennya01_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」02:zennya02_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」03:zennya03_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」04:zennya04_kuraharadai

(PDFバージョン 「前夜」05:zennya05_kuraharadai


(注意:この作品はPDFバージョンのみになります)

「マーズ・サイクラーの情報屋」齋藤路恵,蔵原大(補作:岡和田晃)

(紹介文PDFバージョン:marscyclerinformershoukai_okawadaakira
 齋藤路恵+蔵原大の「マーズ・サイクラーの情報屋」をお届けしたい。
『エクリプス・フェイズ』では、オリジナル(本人)が望み、しかるべき費用を支払えば、分岐体(フォーク)を製造することができる。
 そのフォークとして生まれた語り手が、ファイアウォールに与えられた任務を遂行するにあたって、謎に包まれたオリジナルの死に向き合うというのが今回の話だ。フィリップ・K・ディックの「追憶売ります」(映画『トータル・リコール』の原作)を彷彿させる作品だが、その中心には、作家のみずみずしい感性が根付いている。
 なお、火星周回船マーズ・サイクラーを舞台にした小説は、朱鷺田祐介の「マーズ・サイクラーの帰還」がすでに「SF Prologue Wave」では発表されている。同作とはまた別の角度から、マーズ・サイクラーの住人の視点を借りる形で描写がなされていることにも注目されたい。

 本作のメイン・プロットやアイデアは齋藤路恵によるもので、チェックは蔵原大が行なった。
 齋藤路恵は「SF Prologue Wave」で『エクリプス・フェイズ』小説「ゲルラッハの恋人」、オリジナル短篇「犬と睦言」を発表している。また、ロールプレイングゲーム『ラビット・ホール・ドロップスi』(グランペール)のメイン・デザイナーとしても知られている。
 蔵原大はウイリアムソン・マーレー/リチャード・ハート・シンレイチ編集『歴史と戦略の本質―歴史の英知に学ぶ軍事文化』(上下巻、原書房、2011)の共訳者としてクレジットされている軍事史研究者だ。齋藤路恵とは、「蠅の娘」や「衛星タイタンのある朝」といった作品で共同作業を行なっている。(岡和田晃)




(PDFバージョン:marscyclerinformer_saitoumitie_kuraharadai
 最後に見たのは、奴らが着ていた空色のコートだった。おそらくは無味乾燥なコロニーの下層部に対応した都市迷彩の一種だったかもしれない。
 だが、かすかな地球の記憶が告げる。

 ――あれは、冬の空だ。

 たぶん、それがわたしの反応を遅らせたのだ。
 空色のコートを着た二人の知性化ゴリラがSMGを構える。ひるがえるコートの下には軍用アーマー。フルオートの発射音。わたしは遮蔽を取ろうとするが、間に合わない。全身に走る強い衝撃。痛覚を遮断していても、なお感じる激しい痛み。
 無数の薬莢が床を打つ音を聞きながら、わたしは倒れこむ。
 意識が途絶える直前、誰かの顔が見えた。ゴリラではない。こいつらを率いてきた他の誰か。真っ白。陰鬱な冬の空模様に変わる。そして暗転。

 ……なだれこむ記憶から意識を引き離そうと試みる。全身が小刻みに震える。おせっかいなミューズ(支援AI)が、わたしの「生まれた」理由を解説してくれたというわけだ。
 決して気持ちのいいものではないが、指示をしたのはわたしだから文句も言えず。やれやれ。
 前任者(オリジナル)が下手をうったことは間違いない。それを確認できただけだ。ファイアウォールのプロキシー(わたしの上司)、ジェミスンからのメッセージを反芻する。

 ――あなたはアルファ2だ。オリジナルの能力を引き継いだアルファ分岐体(フォーク)の第2号、それがあなたという存在だ。オリジナルの名誉を挽回するため、力を貸してほしい。

「ゲルラッハの恋人」齋藤路恵(補作:岡和田晃)

(紹介文PDFバージョン:gerurahhanoshoukai_okawadaakira
 齋藤路恵の手になる『エクリプス・フェイズ』小説の新作、「ゲルラッハの恋人」をお届けしたい。これは作家の持ち味がうまく発揮された小品で、初期の新井素子を思わせる雰囲気もある。これまで『エクリプス・フェイズ』のシェアードワールド小説や、齋藤路恵の作品に触れたことがない方でも、気軽に楽しめる逸品となっている。存分に余韻を愉しんでいただきたい。

 「ゲルラッハの恋人」が面白いのは、語り手と「恋人」の関係に、背景となっている金星のハビタット、ゲルラッハの設定がうまく融合していることだ。ゲルラッハでこそないが、伊野隆之の「ザイオン・イン・アン・オクトモーフ」も、金星の浮遊都市(エアロスタット)舞台ともなっているので、ご記憶の方も多いだろう。途中で登場するネオ・シナジストは、「Role&Roll」Vol.105掲載のエントリー・ミッション「進化の石板」でも、重要な役割を果たす。ぜひ「進化の石板」のシナリオも遊んでみてほしい。

 「ゲルラッハの恋人」にて、語り手は難民認定証発行の窓口担当の役人、ということになっているが、この設定を切り口に、齋藤路恵による「蝿の娘」と読み比べてみれば、いっそう興趣が増すだろう。齋藤路恵の第一作「Feel like making love――about infomorph sex」は、情報体(インフォモーフ)の内面に焦点を当てた作品だった。

 齋藤路恵はゲーム研究・実践団体「Analog Game Studies」所属。2013年には会話型RPG『ラビットホール・ドロップスi(アイ)』のメイン・デザイナーをつとめた。同作はエテルシア・ワークショップと成人発達障害当事者団体イイトコサガシとのコラボレーション作業を経て完成に至った作品であり、ナラティヴ(会話)主体のコミュニケーション・ツールに特化した作品となっている。また、SF乱学講座でジェンダーや現代美術について講演を行なうなど、旺盛な活動を続けている。(岡和田晃)




(PDFバージョン:gerurahhanokoibito_saitoumitie
 えらくむしゃくしゃする。あいつにもわたしにも。えらくおろかだ。あいつもわたしも。えらくかなしい。すくなくとも、わたしは。あいつがどうかは知らない。

「次の方、お入りください」
 失恋の後でも仕事は続く。難民は毎日雲霞のごとく押し寄せてわたしを翻弄する。機械の義体が入ってくる。カプセル状の中央部から蜘蛛のような長い手脚がいくつも伸びている。その何本かは折れていた。カプセル部が不安定に傾いでいる。脚の先端のいくつかは融けて歪んだ球や円錐のように固まっている。体全体から黒や赤の粉をふいている。見るからに地表採掘用の特殊モーフだ。
「お名前は?」
「アラン・アラン」
「え?」
「失礼。アラン・ドロン。言い間違いだ」

「蠅の娘」齋藤路恵(蔵原大、仲知喜)(補作:岡和田晃)

(紹介文PDFバージョン:haenomusumeshoukai_okawadaakira
 第2期『エクリプス・フェイズ』シェアードワールド小説企画の第4弾は、齋藤路恵を中心とした執筆チーム(齋藤路恵、蔵原大、仲知喜)が仕上げた「蠅の娘」である。
 『エクリプス・フェイズ』はトランスヒューマン、平たく言えば遺伝子改造を施され、サイボーグ化した人間にスポットを当てたロールプレイングゲームであるが、必ずしも世界はトランスヒューマンのみの独壇場というわけではない。広大な『エクリプス・フェイズ』宇宙には、トランスヒューマンを「フランケンシュタイン」だと否定する、バイオ保守主義という勢力も存在するのだ。
 今回ご紹介する「蠅の娘」は、バイオ保守主義の総本山である木星共和国の属国、衛星カリストの「ゲルズ」(北欧神話に由来する名を持つ都市国家)にて、秘密裏の諜報活動に従事する非トランスヒューマン(フラット)の女性を語り手に据えた小説だ。
 とにもかくにも、“大破壊”後の世界をフラットとして生きることは大変だ。「基本バイオ調整」をはじめ、あらゆるインプラントを拒否するがゆえに、風邪はひく、乗り物酔いはする、メッシュ通信のためには外部機器が必要だ……。そして、きわめつけは、魂(エゴ)のバックアップをとっていないので死んでも復活ができないこと。バイオ保守主義を貫くのも楽ではないのだ。
 本作は、このような「トランスヒューマンの時代に、生身で生きること」を、鮮烈で、読み手に戦闘時の“痛み”の感覚をヴィヴィッドに伝播させるような独特の身体描写を駆使している。
 相互監視がルーティン化した官僚機構の内部で抑圧される語り手の閉塞感、そして閉塞感を伝える内面描写にも織り込まれる透明感は、時にはアンナ・カヴァンの傑作『氷』を彷彿させる部分もあり、眉村卓の言うインサイダーSF(SFの技法を用いて権力機構や大組織のシステムの特異性を抉り出すような文学形式)としても味読に堪える仕上がりになっている。
 語り手を取り巻く、謎。はたして、なぜ、彼女は襲撃されたのか? 
 サイバーパンクSFノワールの伝統へ、ささやかながら新たな一ページを刻み込もうとするのみならず、フィリップ・K・ディックの『暗闇のスキャナー』(『スキャナー・ダークリー』)にも通じるアイデンティティの不安は、わたしたちが直面している現実の似せ絵でもある。存分に、ご堪能いただきたい。

 齋藤路恵、蔵原大、仲知喜の三人は第1期に引き続いての登場となる。第1期でも、彼らはそれぞれ単独で、あるいはペアを組んで創作を試みてきた。
 今回の「蠅の娘」のメイン・ライターは齋藤路恵。「SF Prologue Wave」でオリジナル短篇「犬と睦言」を発表したばかりなので、その名を憶えておられる方も多いだろう。今作は齋藤路恵がプロットを著し、蔵原大がアクションや銃器の設定をチェック、仲知喜が世界観や小説造形についてのアドバイスを行ない、それを享けて齋藤路恵が推敲を重ねる……という手順を経て制作された。ただし小説としては、齋藤路恵の作家性が最大限に尊重されたものとなっているため、彼女の単独作とみなしても問題ないだろう。なお、本作は「擬似群体」(ナノボット・スウォーム)や「VR(ヴァーチャル・リアリティ)戦闘訓練場」などの独自設定が魅力的だが、これらの設定は、既存の各種ガジェットを参考に、書き手が独自に想像を膨らませたものである。(岡和田晃)




(PDFバージョン:haenomusume_saitoumitiehoka
 完全な不意打ちだった。その日わたしが非番ということもあったのかもしれない。街中で急に襲われた。
 表通りとも住宅地ともいえない曖昧な通りを二人で歩いていた。店と店の間に住居が紛れこむ通りは、昼にもかかわらずしらじらと均一な光度だった。表通りの昼光はわずかなゆらぎを持っていて、日光に近い。このあたりは安い蛍光素材を使っているのだ。
 わたしは通りで相方のトリンドルと愚にもつかない話をしていた。曰く店の食事がワンパターンだとか部屋がいっこうに片付かないとか。前にいた女は視界の端に入っていたが、たいして気に留めていなかった。浮き上がるような黒い髪の女だった。黒髪は肩で均一に切りそろえられていた。女、なのは間違いない。それはわたしにもわかっていた。

 相手が振り返ったのに気づいた、そのときには女は発砲していた。

「犬と睦言」齋藤路恵(補作:岡和田晃)


(PDFバージョン:inutomutugoto_saitoumitie
 わたしは恋に落ち、わたしの母の死にかかわる。だが、それはまた別の話である。

 金曜の夜にわたしは母の夢をみていた。わたしの母はまだ存命であるが、夢の中では母は亡くなっていた。夢の中での母は、生前にわたしと険悪な関係だった。しかし、死んで亡霊となった母は聖母マリアか如来かというくらいに優しかった。わたしは口を開き、何か長い話を始めた。あるいは長い話を始めようとした。そこで目が覚めた。
 本を読みながら眠ってしまったらしい。わたしは左手の人差し指を読みかけのページに挟んだ。本を持ったままトイレに行った。トイレに行くと自然と長い息が漏れた。はいた息の分を静かに吸い込むと、わたしはトイレで読書の続きをした。トイレは静かだった。時計の秒針の音すら聞こえなかった。
 わたしがトイレから部屋に戻ると、部屋に一人の人間が立っていた。
「こんにちは。山田・田中です。未来から来ました」

「Feel like making love――about infomrph sex」齋藤路恵(補作:岡和田晃)

(紹介文PDFバージョン:FeelLikeMakingLoveshoukai_okawadaakira
 このフルカラーPDFファイルは、齋藤路恵の小説「Feel like making love――about infomrph sex」を収録したものである。
 この小説は、まず、「ゲームのノベライズって、ちょっと苦手かも」と思っている方にこそ、読んでもらいたい作品だ。大宇宙を舞台にした壮大なスペースオペラとはひと味違った――日常生活の延長線上の感覚で描かれる――とても小さな物語。けれどもその背後には、限りない哀しみが潜んでいる。みずみずしく繊細な筆致で掘り下げられる、性と身体の問題。『エクリプス・フェイズ』の世界を使って、こんな物語も表現可能なのだ。どうか、じっくりと時間をかけて味わってみてほしい。

 タイトルにあるinfomorphとはインフォモーフ(情報体)、すなわちモーフ(義体)を持たないトランスヒューマンたちのことを意味している。人間の魂がソフトウェアで、肉体がそれを入れる器にすぎないのだとしたら、いっそのこと肉体を持たずに生きることを選択する人も出てくるだろう。本稿では、そうしたインフォモーフの、軽やかだが、どこか空虚な生き様に焦点が当てられる。『エクリプス・フェイズ』をプレイすれば、自然と参加者は「ポストヒューマン」とは何かを考えることになるのだが、そうした器の特性が、書き手の感性とうまく調和した傑作である。

 本稿の初出は2011年6月に限定発行されたファンジン『Eclipse Phase Introduction Book for 2011 Japanese』(Analog Game Studies & 戦鎚傭兵団制作)に収録されたものであり、同書を初出とする小説群と、一部の登場人物を共有している。また、今回「SF Prologue Wave」に再掲されるにあたり、若干の修正が加えられている。なおインフォモーフの各種設定には、著者が独自に想像を膨らませた部分がある。

 齋藤路恵は持続的にジェンダー・スタディーズの研究活動を行い、その知見を各種美術評論、ゲーム評論やSF評論へ応用してきた。SF評論の分野では、樺山三英の小説を論じた「『ハムレット・シンドローム』の存在論」を発表してもいる。会話型RPG『ラビットホール・ドロップス』のコンセプトワークや展開に協力もしている。単独名義の小説は今回が初めての発表だが、その新人離れした筆力をご堪能されたい。(岡和田晃)




(PDFバージョン:FeelLikeMakingLove_saitoumitie

「衛星タイタンのある朝」蔵原大,齋藤路恵

(紹介文PDFバージョン:eiseitaitanshoukai_okawadaakira
 このフルカラーPDFファイルは、蔵原大と齋藤路恵の合作小説「衛星タイタンのある朝」を収録したものである。
 本作は主に『エクリプス・フェイズ』の基本的な世界観と、最新のテクノロジーとサイバー民主主義が融合したオープンソース志向の衛星タイタンの設定を紹介するものとなっている。

 『エクリプス・フェイズ』では、ゲームのプレイヤーは秘密結社ファイアウォールの一員であるキャラクターを創造し、人類を絶滅の危機から救うというのが推奨冒険スタイルとなっている。
 けれども、それ以外の設定を使って物語を創り出すことも可能だ。この小説に登場するシャロン=孫と彼女の会社であるSSSは、まさにその実例を示したもの。一風変わった経歴の人物だが、『エクリプス・フェイズ』の包容力ある世界観は、こうした複雑な人物造形をも許容するものとなっている。

 なお、各種専門用語については、仲知喜と蔵原大の合作小説「DOG TALE 犬の話」に付記されている用語集にも詳しい解説が収められているので、併せて参照されたい。

 本稿の初出は2011年6月に限定発行されたファンジン『Eclipse Phase Introduction Book for 2011 Japanese』(Analog Game Studies & 戦鎚傭兵団制作)の巻頭に収録されたものである。今回「SF Prologue Wave」に再掲されるにあたり、一部修正が加えられている。
 蔵原大は史学研究者。戦略学/歴史学の立場から19世紀以来のウォーゲームの研究を学術雑誌に発表しており、戦略学関係の翻訳書もある。本稿をお読みの方にはおわかりのとおり、年季の入ったSFファンでもある。齋藤路恵は「Analog Game Studies」や「Game Community Summit 2012」などでオルタナティヴ・リアリティ・ゲーム(ARG)の論考等を発表している気鋭の論客。本稿では主にジェンダーに関した部分の執筆と考証を担当している。
 なお、『エクリプス・フェイズ』のルールブック収録のイラストに加え、「黄泉の縁を巡る」のアートワークを担当している小珠泰之介のイラストが入っているのも見逃せないところだ。(岡和田晃)




(PDFバージョン:eiseitaitan_kuraharadai_saitoumitie

サイトウ ミチエ


齋藤路恵(さいとうみちえ)
 1979年生まれ。Analog Game Studies所属。大学在学中に独学で存在論を学び、大学院在学中にクィア・スタディーズを学ぶ。論文に「『ハムレット・シンドローム』の存在論」、協力作品に『ラビットホール・ドロップス』(会話形RPG)などがある。ARG(Alternative Reality Game)、現代美術、身体論、コミュニケーションなどが最近の関心領域。